Skip To Content

3D シンボルへのフィーチャの立ち上げ

立ち上げとは、シーン内で平面の 2D シェープを垂直方向に伸ばして 3D オブジェクトを作成するプロセスです。たとえば、高さの値を使用して建物のポリゴンを立ち上げ、3D 建物の形状を作成できます。立ち上げを使用できるのは、ポイント、ライン、およびポリゴンに限ります。[コンテンツ] ウィンドウで [2D レイヤー] カテゴリ内のレイヤーを立ち上げると、そのレイヤーが [3D レイヤー] カテゴリに移動します。一度に 1 つのレイヤーのみを立ち上げることができます。[コンテンツ] ウィンドウで複数のレイヤーを選択した場合、立ち上げの選択は無効になります。

ポイントの立ち上げ

立ち上げると、適用されているポイント シンボルに関係なく、ポイント フィーチャとマルチポイント フィーチャが凹形の垂直の柱になります。立ち上げは、3D で位置を強調するのに適した方法です。属性に基づいてポイントを立ち上げ、長さの異なる柱を作成することで、データの変動を視覚表示できます。

地面にあるポイント フィーチャと立ち上げられてライン状になったポイント フィーチャの比較を以下に示します。

地面にあるポイント フィーチャ
立ち上げられてライン状になったポイント フィーチャ

ラインの立ち上げ

立ち上げられたライン フィーチャは壁として表示されます。これは、境界を 3D で表現および強調できる効果的な方法です。属性値に基づいて立ち上げると、高さの異なる壁を表示できます。これは、フローの規模やその他の動きを表現できる効果的な方法です。

メモ:

立ち上げられたラインは、そのラインのシンボル内のストローク シンボル レイヤーの幅に関係なく、1 ピクセル幅の壁として表示されます。

サポートされていないシンボルの描画の詳細

地面にあるライン フィーチャと立ち上げられて壁状になったライン フィーチャの比較を以下に示します。

地面にあるライン
立ち上げられて壁状になったライン

ポリゴンの立ち上げ

ポリゴン フィーチャは、垂直方向の立ち上げによりブロックを作成します。これは、建物フットプリントを 3D 建物として表現できる便利な方法です。属性を使用してポリゴンを立ち上げることで、不動産価格、国の人口、国勢調査細分区の収入などの 3D プリズム マップを作成することもできます。

メモ:

立ち上げ前のポリゴン シンボルにアウトラインがある場合、立ち上げられたブロックでは、シンボルによって定義されている色ですべてのエッジに 1 ピクセル幅のアウトラインが描画されます。1 つまたは複数のアウトライン ストローク レイヤーに設定されているアウトラインの幅や他のシンボル プロパティは無視されます。

サポートされていないシンボルの描画の詳細

地面にある建物フットプリントと立ち上げられて 3D 形状になった建物フットプリントの比較を以下に示します。

地面にある建物フットプリント
立ち上げられた建物フットプリント

フィーチャを立ち上げるには、次の手順を実行します。

  1. コンテンツ ウィンドウで、立ち上げるフィーチャ レイヤーを選択します。
  2. [フィーチャ レイヤー] にある [表示設定] タブの [立ち上げ] グループで、[タイプ] ドロップダウン矢印をクリックします。フィーチャ立ち上げ方法の選択

    なし

    立ち上げ (なし)

    フィーチャが立ち上げられません。これがデフォルトです。

    最小高度

    最小高度

    各フィーチャの最小高度に立ち上げを加算します。各フィーチャの最小 Z 値に立ち上げの高さを加算して Z 値が算出されます。この値でフィーチャが立ち上げられて平らな上面になります。このオプションは、ポイント フィーチャには使用できません。

    最大高度

    最大高度

    各フィーチャの最大高度に立ち上げを加算します。各フィーチャの最大 Z 値に立ち上げの高さを加算して Z 値が算出されます。この値でフィーチャが立ち上げられて平らな上面になります。このオプションは、ポイント フィーチャには使用できません。

    ベース高度

    基準高度

    各フィーチャのベース高度の各頂点に立ち上げを加算します。フィーチャのベースの頂点ごとに Z 値が算出され、各フィーチャがこれらの Z 値まで立ち上げられます。ポリゴン フィーチャの場合は、閉じたシェープを構築するために、立ち上げた壁に接続する上面と底面が作成されます。

    絶対高度

    絶対高度

    各フィーチャの Z 値に関係なく、指定した Z 値まで平らな上面として各フィーチャが立ち上げられます。

メモ:

立ち上げはレイヤーの表示プロパティであるため、レイヤーで使用されている個々のシンボルでは、シンボル プロパティのプレビュー ウィンドウに立ち上げが反映されません。

立ち上げの単位

レイヤー上で立ち上げを設定する場合は、立ち上げ値の立ち上げ単位を指定することができます。[フィーチャ レイヤー] にある [表示設定] タブの [立ち上げ] グループで、[単位] ドロップダウン矢印をクリックします。レイヤーで鉛直座標系が定義されている場合、デフォルトの立ち上げ単位はデータ ソースの鉛直単位になります。それ以外の場合、デフォルトの立ち上げ単位はメートルです。

ヒント:

データ ソースに対して定義されている鉛直単位を確認するには、[コンテンツ] ウィンドウで該当するレイヤーを右クリックして [プロパティ] をクリックします。[レイヤー プロパティ] ダイアログ ボックスで、[ソース] タブをクリックして、[データ ソース] 見出しを展開します。

フィーチャを立ち上げる属性値の設定

[なし] 以外の立ち上げ方法を選択すると、立ち上げテキスト ボックスが表示されます。VBScript または Arcade で式を定義するには、[立ち上げの式] ボタン 立ち上げの式 をクリックします。必要に応じて、任意の演算子を属性値に適用することを選択できます。たとえば、属性フィールドとして建物の各フロアの高さが存在し、建物のフロア数がわかっている場合は、乗数を追加して建物の高さを計算できます。

関連トピック