Skip To Content

シンボルの検索

シンボルをフィーチャおよびグラフィックスに適用する最も簡単な方法は、ArcGIS Pro で提供されているシステム スタイルに格納されているシンボルから選ぶ方法です。名前またはキーワードで適切なシンボルを検索するか、または視覚的なパレットを参照して必要なシンボルを見つけることができます。シンボルを直接そのまま適用するか、または先にシンボルを変更することができます。シンボルのプロパティを調整することで、幅広い種類の外観を作成できます。必要な場合は、変更の有無にかかわらず、後で再利用するためにシンボルをスタイルに保存できます。

シンボル ギャラリーでのシンボルの検索

フィーチャに適用される時点でシンボルを変更するには、[シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードを使用します。このウィンドウのこのモードには、[ギャラリー][プロパティ] という 2 つのタブがあります。[ギャラリー] タブから既製のシンボルを見つけて適用し、[プロパティ] タブを使用して、現在のシンボルを調整します。

シンボル ギャラリーを参照して適切なシンボルを見つけるか、検索ワードを入力してシンボルを検索できます。ギャラリーには、プロジェクト スタイルに格納されている現在のタイプのシンボル (ポイント、ライン、ポリゴン、テキスト) が表示されます。それ以外の場合、検索結果が表示されます。すべてのシステム スタイル (ArcGIS Pro にインストール済みのスタイル) に検索範囲を広げることができます。[プロジェクト スタイル] または [すべてのスタイル] を選択して、検索対象となるスタイルを制御します。

ギャラリーの表示の変更

ギャラリー内のシンボルの上にマウスを合わせると、シンボル名、シンボルの格納先のスタイル、シンボルのカテゴリ、およびシンボルのタグが表示されます。フィルター メニュー フィルター[アイコン表示] を使用すると、多数のシンボルが一度に表示されますが、シンボル名が長い場合は [リスト表示] を使用します。シンボルが格納されているスタイル別か、シンボルに割り当てられているカテゴリ別にシンボルをグループ化できます。アルファベット順または元々の順序でシンボルを並べ替えます。

シンボルの検索

スタイルに格納されている各シンボルには、シンボルの特性を示す検索可能なタグが含まれています。また、スタイルのシンボルにはカテゴリもあります。カテゴリは、タグによく似ていますが、特定のギャラリーに表示される主要シンボルを制御するためにアプリケーションの一部で使用されます。ユーザー独自のスタイルでは、カテゴリをメインの組織タグとして使用できます。検索結果には、検索ワードにシンボル名、シンボルのカテゴリ、またはシンボル タグが一致するシンボルが含まれます。

検索結果は前方一致検索によるものです。たとえば、「tar」を検索すると、名前またはタグに「target」を含むシンボルが見つかりますが、「star」を含むシンボルは見つかりません。必要な場合は、任意の文字数を表すワイルドカードとして「*」文字を使用します。たとえば、「*tar」を検索すると、「target」を含むシンボルと「star」を含むシンボルが両方とも見つかります。[検索] ボックスの右端にある小さな下方向矢印アイコンをクリックすると、以前の検索にアクセスできます。

シンボル タグの操作

有用な検索結果を返すために、各シンボルには説明情報のタグが含まれています。タグは、各シンボルに関するキー情報を特定する文字列です。ここには、シンボルの外観、関連元、使用方法、またはシンボルの組み合わせに対する参照を含むこともできます。タグはスペースを入れて最大 255 文字の長さまで入力できます。ArcGIS Pro にインストールされている主要なスタイルは読み取り専用で、変更できません。これらのスタイル内のシンボルにあるタグは、シンボルのグラフィック プロパティ (原色やシンボル タイプ、その他の関連情報) を反映して事前に設定してあります。編集可能なスタイルにあるタグは、関連するプロジェクト、マップ、レイヤー、縮尺、仕様など、そのシンボルに関連した特徴を説明するために使用できます。

関連トピック