Skip To Content

ライン シンボル

ライン シンボルは、マップシーン、およびレイアウトでの線形フィーチャおよびグラフィックスの描画に使用されます。

すべてのシンボル タイプと同様に、ライン シンボルはシンボル レイヤーから構成されます。一般に、ライン シンボルには 1 つ以上のストローク シンボル レイヤーが含まれます。さらに、ライン シンボルには、ライン長に合わせて、または端点にマーカーを描画するためにマーカー シンボル レイヤーも含めることもできます。ライン シンボル内にあるマーカー シンボル レイヤーとともにマーカー配置プロパティが含まれます。ライン シンボルにはまれに塗りつぶしシンボル レイヤーも含まれることがあります。このような場合は、塗りつぶしを描画する目的でポリゴン ジオメトリを動的に作成するために [エンクロージング ポリゴン]シンボル効果も適用されます。シンボル内部のジオメトリ ロジックが維持される限り、シンボル効果のプロパティを変更または削除したり、別の効果と置き換えたりすることができます。

ライン シンボルのプロパティ

ライン シンボルのプロパティは、主として、それらのシンボルに含まれるシンボル レイヤーのプロパティから取得されますが、ライン シンボル全体を対象として調整できるいくつかのグローバル プロパティもあります。これらは、シンボルの基本プロパティと呼ばれます。[シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードで [プロパティ] タブを使用すると、ライン シンボルのすべてのプロパティにアクセスできます。シンボル プロパティは 3 つのタブに分かれて表示されます。次の表にその概要を示します。

シンボル タブ シンボル

ライン シンボルにグローバルに適用されるすべての基本プロパティにアクセスできます。これらは、複数のライン シンボルが選択されている場合に使用できる唯一のプロパティです。

レイヤー タブ レイヤー

ライン シンボルを構成する各シンボル レイヤーのすべてのプロパティにアクセスできます。このタブでは、シンボルの外観と振舞いに関する大部分のプロパティの詳細を制御します。

構成タブ 構造物

ライン シンボルの構成方法にアクセスできます。このタブでは、シンボル レイヤーシンボル効果を追加、複製、削除、並べ替えできます。

ライン シンボルの基本プロパティ

ライン シンボルには、[色][ライン幅] という 2 つの基本プロパティがあります。これらのプロパティは、ライン シンボル全体にグローバルに適用されます。これらは [シンボル] タブ シンボル にあります。基本プロパティは、シンボルに単純な変更を加えることができる簡単な方法です。シンボルに細部にわたる変更を加えるには、[レイヤー] タブ レイヤー で、シンボルを構成する個々のシンボル レイヤーのプロパティにアクセスする必要があります。

ソース データ内の属性によってフィーチャ レイヤーのシンボル、つまり、透過表示、または サイズのいずれかを変更すると、各ライン シンボルの基本プロパティが動的に変更されます。

レイヤー内で個別値によってシンボル表示されたすべてのシンボルを書式設定している場合など、複数のシンボルが選択されている場合は、シンボルの基本プロパティのみにアクセスできます。選択したすべてのシンボルを構成する個々のシンボル レイヤーのプロパティを表示および変更することはできません。

色基本プロパティ

[色] 基本プロパティは、ライン シンボル内の色がロック解除されたすべてのシンボル レイヤーに適用されます。

フィーチャ レイヤー内のすべてのシンボルのを属性によって変更すると、色がロック解除されたシンボル レイヤーのみに反映されます。フィーチャ レイヤー内のすべてのシンボルの透過表示を属性によって変更すると、シンボル内で色のロックが設定されているかどうかにかかわらず、シンボル全体に反映されます。

ライン幅基本プロパティ

[ライン幅] 基本プロパティは、シンボル内で最大のストローク シンボル レイヤーの幅または最大のマーカー シンボル レイヤー[サイズ] を示します。[ライン幅] 基本プロパティを変更すると、すべてのストローク シンボル レイヤーの幅とすべてのマーカー シンボル レイヤーのサイズが比例して変更されます。また、影響を受ける値とマーカー配置も比例して増減されます。たとえば、破線 ([破線] シンボル効果が適用されたストローク シンボル レイヤーを含むライン) の幅を 2 倍にすると、[破線テンプレート] の値も 2 倍になります。

縮尺ベースのサイズ設定

ライン シンボルが、(スタイル内のスタンドアロン シンボルやレイアウトでグラフィックスに適用されるシンボルであるのとは対照的に) マルチスケール マップ内のフィーチャ レイヤーをシンボル表示する場合は、[縮尺ベースのサイズ設定を有効化] をオンにして、縮尺に応じてシンボルのライン幅を調整できます。縮尺が小さくなるほどライン シンボルの幅が小さくなるようにすれば効果的であり、これによってマップ内の視覚的な煩雑さや干渉を簡単に低減できます。シーンで縮尺ごとにライン シンボルのサイズを変更することはできません。

縮尺ベースのサイズ設定が有効になっている場合は、[ライン幅] プロパティの下に、マップ縮尺から取得されたストップとともにスライダーが表示されます。スライダー自体は、スライダーの左端の小縮尺 (最大縮小率) から、スライダーの右端の 0 という大縮尺 (最大拡大率) までマップの全縮尺範囲をカバーします。スライダーの暗い部分には、シンボル クラスの表示可能な縮尺範囲が表示されます この表示可能な縮尺範囲が明確に設定されていない場合、スライダーの暗い部分はフィーチャ レイヤーの縮尺範囲に対応します。縮尺ストップをクリックし、[ライン幅] プロパティでその縮尺におけるライン幅を定義します。ストップをドラッグすると、別の縮尺で幅を定義できます。スライダーに沿ってクリックし、定義済みのマップ縮尺に基づいて新しいストップを追加できます。ライン シンボル幅は、縮尺ごとに設定されている幅の間で直線的に変化します。縮尺ベースのサイズ設定は、基準縮尺を設定せずに使用する必要があります。

関連トピック


このトピックの内容
  1. ライン シンボルのプロパティ