Skip To Content

マップ メモ

マップ メモを使ってマップまたはシーンにグラフィカルなメモを組み込むことができます。これらの表記は、永続的に追加することも、単なる一時的なアイテムとして品質管理や他の確認のためのやり取りで使用することもできます。マップ メモを追加すると、それらのマップ メモは、マップ内で個別の空間フィーチャとなるため、座標系に関係なく、その他のマップ データからの相対的な位置を維持します。マップ メモは、さまざまなマップの背景上に表示できるように、各種の色のコレクションを使って提供されます。一意の場所を定義する円と押しピン、ラインと矢印、半透明のポリゴン、異なる縮尺のテキストが用意されています。必要に応じて、ユーザーは、色に加えてシンボルも変更することができます。

マップまたはシーンへのマップ メモの追加

ポイント、ライン、およびポリゴン マップ メモには、[名前] フィールドの内容のラベルが付けられます。ラベルのスタイル、つまりこのフィールドは変更することができます。ラベルを描画するかどうかを制御するには、[フィーチャ レイヤー][ラベリング] タブにある [レイヤー] グループで [ラベリング] をクリックします。詳細については、「ラべリングの詳細」をご参照ください。

  1. マップまたはシーン内の [挿入] タブの [レイヤー テンプレート] グループで、ギャラリーからマップ メモのセットを選択します。テキスト マップ メモの場合は、マップに適した縮尺 (1:1,000、1:25,000、または 1:250,000) を選択します。

    マップ メモを含む新しいレイヤーが [コンテンツ] ウィンドウに追加されます。ギャラリーに表示されたマップ メモで、配色の横に押しピンが示されている場合は、3 つのグループ レイヤー (ポイント、ライン、およびポリゴンのマップ メモごとに 1 つ) が追加されます。

    注意:

    シーン内で適切な描画が行われるように、ラインとポリゴンのマップ メモを [コンテンツ] ウィンドウの [2D レイヤー] 見出しの下に配置します。

  2. [編集] タブの [フィーチャ] グループで、[作成] をクリックします。

    [フィーチャ作成] ウィンドウが表示されます。

  3. [フィーチャ作成] ウィンドウで、追加するフィーチャを選択します。
  4. 右への黒矢印 をクリックして、アクティブなテンプレートを開きます。
  5. ポイント、ライン、またはポリゴンのマップ メモを作成する場合は、そのメモの名前と追加情報を [メモ] フィールドに入力します。テキストのマップ メモを作成する場合は、そのメモのテキストを指定します。
  6. [フィーチャ作成] ウィンドウで、メモをマップまたはシーンに直接、追加するための作図法を選択します。「フィーチャを作成する方法の詳細」または「アノテーション フィーチャを作成する方法の詳細」をご参照ください。

マップ メモの確認

マップまたはシーンでマップ メモに関連付けられている表記を調べます。

  1. [マップ] タブの [ナビゲーション] グループで、[マップ操作] をクリックします。
  2. このツールを使用してマップ メモ フィーチャをクリックし、それぞれのメモに関連付けられた名前およびメモ情報を含むポップアップ メニューを表示します。

関連トピック