Skip To Content

ポリゴン シンボル

ポリゴン シンボルは、マップシーン、およびレイアウトでエリア フィーチャおよびグラフィックスを描画するために使用されます。

ポリゴン シンボルは、すべてのシンボル タイプと同様、シンボル レイヤーで構成されています。通常、ポリゴン シンボルには 1 つの塗りつぶしシンボル レイヤーと 1 つのストローク シンボル レイヤーが含まれていますが、他のレイヤーを含めることもできます。ポリゴン シンボルにマーカー シンボル レイヤーを含めることもできます。ポリゴン シンボルの間、またはアウトラインに沿って、マーカーを描画することができます。マーカー配置のプロパティは、ポリゴン シンボル内に存在するマーカー シンボル レイヤーに含まれています。

ポリゴン シンボルのプロパティ

ポリゴン シンボルのプロパティは、主にポリゴン シンボル内のシンボル レイヤーのプロパティから取得されますが、ポリゴン シンボル全体に対して調整できるグローバル プロパティもあります。これらをシンボルの基本プロパティと呼ばれています。[シンボル表示] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードの [プロパティ] タブを使用して、ポリゴン シンボルのすべてのプロパティにアクセスできます。シンボル プロパティは次の表に示すとおり、3 つのタブに分かれています。

タブ説明

[シンボル] タブ シンボル

ポリゴン シンボルにグローバルに適用されるすべての基本プロパティが表示されます。複数のポリゴン シンボルが選択されている場合、これらのプロパティのみ使用できます。

[レイヤー] タブ レイヤー

ポリゴン シンボルを構成する各シンボル レイヤーの全プロパティが表示されます。ここでは、シンボルの外観や動作に関する詳細なプロパティを制御できます。

[構成] タブ 構造物

ポリゴン シンボルの構成方法が表示されます。このタブでは、シンボル レイヤーシンボル効果を追加、複製、削除、順序変更することができます。

ポリゴン シンボルの基本プロパティ

ポリゴン シンボルには、 [色][アウトライン色]、および [アウトライン幅] という 3 つの基本プロパティがあります。これらのプロパティは、ポリゴン シンボル全体にグローバルに適用されます。これらのプロパティは、[シンボル] シンボル タブにあります。基本プロパティを使用すると、すばやくシンボルに簡単な変更を加えることができます。シンボルを詳細に変更するには、[レイヤー] レイヤー タブでシンボルを構成する個別のシンボル レイヤーのプロパティにアクセスする必要があります。

ソース データ内の属性によってフィーチャ レイヤーのシンボル (透過表示、またはアウトライン幅) を変更する際、各ポリゴン シンボルの基本プロパティが動的に変更されます。

複数のシンボルを選択した場合 (たとえば、個別値でシンボル表示されたレイヤー内のすべてのシンボルを書式設定する場合)、シンボルの基本プロパティにのみアクセスできます。選択したすべてのシンボルで構成される個別のシンボル レイヤーのプロパティを表示または変更することはできません。

[色] 基本プロパティ

[色] 基本プロパティは、ポリゴン シンボル内で色のロックが解除されたすべてのシンボル レイヤーに適用されます。

フィーチャ レイヤーのすべてのシンボルの色を属性によって変更したり、シンボル プロパティに接続して変更したりすると、色のロックが解除されたシンボル レイヤーのみが影響を受けます。フィーチャ レイヤーのすべてのシンボルの透過表示を属性によって変更すると、シンボル内の色のロック設定にかかわらず、シンボル全体が影響を受けます。

[アウトライン幅] 基本プロパティ

[アウトライン幅] 基本プロパティは、最大のストローク シンボル レイヤーの幅や、シンボル内のポリゴン アウトラインに沿って配置される最大のマーカー シンボル レイヤー[サイズ] を示します (ポリゴンの内側に配置されたマーカー シンボル レイヤーは、このプロパティの影響を受けません)。[アウトライン幅] 基本プロパティを変更すると、すべてのストローク シンボル レイヤーの幅と、すべてのアウトライン マーカー シンボル レイヤーのサイズが比例して変更されます。エフェクトの値とマーカー配置も比率を維持したまま拡大されます。たとえば、破線のアウトライン ([破線] シンボル エフェクトが適用されたストローク シンボル レイヤーを含むポリゴン シンボル) のアウトライン幅を 2 倍にすると、[破線テンプレート] の値も 2 倍になります。

メモ:

3D では、[プロファイル][ストリップ] に設定されていて、シンボル エフェクトが存在しない場合は、[アウトライン幅] の値に関係なく、ポリゴン アウトラインは 1 ピクセルのラインとして描画されます。

縮尺ベースのサイズ設定

ポリゴン シンボルが、(スタイル内のスタンドアロン シンボルでも、レイアウトでグラフィックスに適用されるシンボルでもなく) 複数縮尺マップ内のフィーチャ レイヤーをシンボル表示する場合、[縮尺ベースのサイズ設定を有効化] をオンにすることで、縮尺に応じてシンボルのアウトライン幅を調整できます。縮尺が小さくなるほどポリゴン アウトラインの幅を狭く描画されるようにすると効果的で、これによってマップの視覚的な煩雑さや干渉を低減できます。シーンで縮尺ごとにポイント シンボルのサイズを変更することはできません。

この設定を有効にすると、スライダーが [アウトライン幅] プロパティの下に表示され、マップ縮尺から取得されたストップも合わせて表示されます。スライダー自体は、スライダーの左端の小縮尺 (最大縮小率) から、スライダーの右端の 0 という大縮尺 (最大拡大率) まで、マップの全縮尺範囲をカバーします。スライダーの暗い部分には、シンボル クラスの表示可能な縮尺範囲が表示されます。この表示可能な縮尺範囲が特に設定されていない場合、スライダーの暗い部分は、フィーチャ レイヤーの縮尺範囲に対応します。縮尺ストップをクリックし、[アウトライン幅] プロパティでその縮尺でのアウトライン幅を定義します。ストップをクリックしてからドラッグし、別の縮尺での幅を定義できます。スライダーに沿ってクリックし、定義済みのマップ縮尺に基づいて新しいストップを追加できます。ポリゴン アウトライン幅は、各縮尺に設定されている幅の間で直線的に変わります。基準縮尺を使用せずに縮尺ベースのサイズ設定を使用する必要があります。

関連トピック


このトピックの内容
  1. ポリゴン シンボルのプロパティ