Skip To Content

ストローク シンボル レイヤー

ストロークのタイプ

ストローク シンボル レイヤーは、ラインおよびアウトラインを描画するシンボルのコンポーネントです。これらは、ほとんどの場合、ラインシンボルで使用されるか、またはアウトラインとしてポリゴン シンボルで使用されます。次の 3 つのいずれかのタイプを選択できます。

[ソリッド ストローク]

ライン フィーチャは、ソリッド ストローク シンボルで描画されます。

1 つの色および幅を使用した線形ジオメトリの描画

[ピクチャ ストローク]

ライン フィーチャは、ピクチャー ストローク シンボルで描画されます。

画像ファイルを使用した線形ジオメトリの描画

[グラデーション ストローク]

ライン フィーチャは、グラデーション ストローク シンボルで描画されます。

線形な色のグラデーションを使用した線形ジオメトリの描画

ストローク シンボル レイヤーはメッシュ シンボルでも使用でき、マルチパッチ フィーチャや 3D オブジェクト シーン レイヤーのエッジを描画します。このコンテキストでは、ストローク シンボル レイヤーで可能なタイプは [ソリッド ストローク] だけであり、色以外のプロパティは設定できません。

レイヤー タイプを設定するには、[シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードで [プロパティ] タブの [レイヤー] タブ レイヤーに表示される各レイヤー内にあるドロップダウン メニューを使用します。

ソリッド ストローク シンボル レイヤー

塗りつぶしストローク シンボルに含まれる主なプロパティは、部分的な透過表示が可能な [色] プロパティと [幅] の 2 つです。

色の詳細

ピクチャ ストローク シンボル レイヤー

ピクチャ ストローク シンボル レイヤーは、画像ファイルを使用して、線形ジオメトリを描画します。[シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードで、[プロパティ] タブの [レイヤー] タブ レイヤー にある [表示設定] グループを展開します。[ピクチャ] をクリックして、画像ファイルを参照して選択します。有効なファイル形式は*.bmp*.jpg*.png、または *.gif です。必要に応じて、[品質][陰影]、および [サイズ] プロパティを調整します。

ヒント:

本来の色で画像を描画するには、[陰影] プロパティをデフォルト設定の白に設定します。このプロパティを [色なし] に設定すると、画像は一切描画されません。

画像を本来のサイズに戻すには、[サイズのリセット] をクリックします。

単位とシンボル サイズの詳細

グラデーション ストローク シンボル レイヤー

グラデーション ストローク シンボル レイヤーは、配色を使用して、線形ジオメトリを描画します。グラデーションの方向はラインの方向になります。

[シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードで、[プロパティ] タブの [レイヤー] タブ レイヤー にある [表示設定] グループを展開します。[配色] ドロップダウン メニューをクリックして、配色を選択するか、カラー パレットから開始色と終了色を選択します。グラデーション ストローク シンボル レイヤーには連続配色だけを適用できます。必要に応じて、[配色の反転] ボタン 配色の反転 をクリックして、現在の配色を反転します。必要に応じて、ストロークの [幅] を調整してください。

別の配色を使用するには、配色メニューをクリックし、[その他の配色] をクリックして、プロジェクト スタイルの配色にアクセスします。スタイルで使用できない別の配色が必要な場合は、配色メニューをクリックし、[配色プロパティ] をクリックして [配色エディター] ダイアログ ボックスを開きます。必要に応じて配色を作成します。再利用のためにカスタム配色を保存するには、[スタイルに保存] をクリックします。[OK] をクリックして、[シンボルの書式設定] ウィンドウに戻ります。

ストローク シンボル レイヤーのプロパティ

どちらのタイプのストローク シンボル レイヤーにも、上記以外のプロパティがあり、それらレイヤーを含むシンボルの外観を定義できます。

ストロークのオフセット

黒色のストロークでオフセット効果が使用されています。
黒色のストロークは、ライン ジオメトリの真上にある黄色のストローク シンボル レイヤーを基準にオフセットされています。

グラフィカル ストロークは、ジオメトリを基準にしたオフセットを垂直に描画できます。[オフセット効果] グループの [オフセット] プロパティでオフセット距離を定義します。オフセット時における結合の処理方法を制御するには、[結合スタイル] として、[斜角][丸]、または [直角] を選択します。

ストローク シンボル レイヤーのオフセットは、デフォルト定義が「オフセットなし」であるシンボル効果です。これは、効果を追加しなくてもストロークのオフセットを簡単に調整できるため便利です。この効果は、シンボル レイヤー内の任意のシンボル効果と同様に管理できます。ストローク レイヤーのオフセットを使用するシンボルが描画されるときは、ストロークに存在する破線を処理する前にオフセットが処理されます。

シンボル効果の詳細

ストロークの破線

黒色のストロークでダッシュ効果が使用されています。
黒色のストロークは破線となり、下の黄色のストロークは破線ではありません。

ストロークのオフセットと同様に、ストロークの破線も、デフォルト定義が「破線なし」 (途切れのない実線のストローク) である利用可能な [破線効果] によって処理されます。この効果は、利便上、ストローク シンボル レイヤーに追加され、その他のシンボル効果と同様に管理することができます。

[破線タイプ] プルダウン ギャラリーから破線を選択し、必要に応じて [破線テンプレート] の値を調整します。テンプレート内の各破線の値は、破線の次の線分を表します。たとえば、「7 3」の破線テンプレートは、7 ポイントのストロークの後に 3 ポイントのギャップが続き、その後に別の 7 ポイントのストロークおよび 3 ポイントのギャップが続く、などとなる破線を返します。

ストロークのキャップと結合

[キャップと結合] グループのプロパティは、ストロークの端点 (キャップ) と連結部 (結合) におけるストロークの描画方法を定義します。

[キャップ]

[バット] - ライン シンボルが端点でそのまま終端されます。

黒色のストロークが [バット] キャップで終端されます。

[丸] - 端点の後に半円が描画されます。

黒色のストロークが半円キャップで終端されます。

[四角] - ライン シンボルが端点の後にシンボルの半分の幅だけ延長されます。

黒色のストロークが [四角] キャップで終端されます。

[結合]

[斜角] - 四隅が連結部で鋭角にクリップされます。

黒色のストロークの頂点が斜角になります。

[丸] - 端点で半円が描画されます。

黒色のストロークの頂点が円形になります。

[直角] - シンボルのエッジが延長され、鋭角になります。

黒色のストロークの四隅が強調されます。

ストロークのパターン

グラデーション ストロークの場合にのみ、不連続ストローク スタイルまたは連続ストローク スタイルを提供するように、[パターン] のタイプを調整できます。

[連続] - グラデーションで色が一定の割合で変化します。

シンボル ストロークのグラデーションが連続的なパターンになります。

[不連続] - 指定した数値の間隔でグラデーションが描画されます。

シンボル ストロークのグラデーションが不連続なパターンになります。

関連トピック