Skip To Content

テキスト シンボル

テキスト シンボルでは、マップおよびレイアウト上のラベル、アノテーション、タイトル、動的テキスト、説明、吹出し、凡例、縮尺記号、経緯線ラベル、テーブル、および他のテキスト情報を描画します。テキスト シンボルと他の一般的なシンボル タイプ (ポイント シンボル、ライン シンボル、およびポリゴン シンボル) との主な相違点は、テキスト シンボルのシンボル レイヤーが 1 つだけであることです。

テキスト シンボルはテキストの外観を制御し、特定のフィーチャを分類するために使用することができます。たとえば、都市名ラベルに使用されるテキスト シンボル サイズは、相対的な人口を表すことができます。テキスト シンボルの設定は、フォント、サイズ、色の選択と同様に簡単ですが、より高度なテキスト シンボル プロパティを操作して、吹出し、引出し (引出し線付きまたはなし)、高速道路標識またはその他のマーカーのテキスト、塗りつぶしテキスト、ハロー、影などの効果を設定することもできます。

ヒント:
テキスト プロパティには、フォント、スタイル、書式、効果を変更するためのオプションが含まれています。ラベルはテキスト シンボルで描画されますが、フィーチャ属性から作成され、配置と競合検出のためのプロパティがあります。

テキスト吹出し (引出し線付きまたはなし)

吹出しで最も便利なタイプは、吹出しと背景吹出しです。これらのタイプは、テキストのまわりに描画される外枠線と、テキストからマップ上のポイントに伸びる引出し線で構成されます。外枠線は、マップ上の他の情報からテキストを視覚的に分離する役割を果たします。引出し線は、テキストが参照するマップ上のフィーチャまたは領域から離してテキストを配置できるという点で便利です。吹出しには、常に外枠線と引出し線があります。背景吹出しには、外枠線、引出し線、およびアクセント バーを表示/非表示にするオプションがあります。

引出し線許容値

引出し線を使用する場合、引出し線許容値が、引出し線が表示される引出し線アンカー位置とテキストの間の最小距離になります。引出し線アンカー位置とテキストとの距離が引出し線許容値未満の場合、引出し線は表示されません。この距離を変更するには、ラベル オフセットを編集します。

ダイナミック ラベルを使用している場合、引出し線アンカー位置はラベリングされているフィーチャ上にあります。ラベルリングされているフィーチャの比較的近くのラベルに引出し線を表示したい場合は、引出し線許容値を少なくします。逆に、ラベリングされているフィーチャから比較的離れたラベルに引出し線を表示したい場合は、引出し線許容値を増やします。

アノテーションがある場合は、テキストをアンカー位置に向けて、またはアンカー位置から離れる方向に移動することができます。テキストをアンカー位置に近づける場合、引出し線は距離が引出し線許容値未満になると削除されます。テキストをアンカー点から遠ざける場合、引出し線は距離が引出し線許容値よりも大きくなると現れます。

高速道路標識または他のポイント シンボル内のテキスト

テキスト シンボルの背景にポイント シンボルを描画すると、バルーン吹出しや背景吹出しを描画するのとはまったく異なる効果をもたらします。ポイント シンボル背景は番号が付与された高速道路のラベリングによく使用されます。シンボルによって高速道路のタイプを分類することができます。シンボルを必要に応じて拡大縮小して、テキスト文字列のサイズに合わせることができます。これは、同様のクラスの高速道路が異なる桁数の番号を持っている場合に便利です。

高速道路標識テキスト シンボル

テキストの太字および斜体スタイル

フォント スタイルとして太字と斜体を使用できるかどうかは、 [フォント名] ドロップダウン リストと [フォント スタイル] ドロップダウン リストで確認できます。太字スタイルと斜体スタイルをどちらも使用できないフォントや拡張スタイルを使用できるフォントもあります。

テキスト フォント サイズ

ArcGIS Pro では、ソフトウェア スケーラブル フォントを使用してテキストを表示します。これにより、ラベルとアノテーションを、それぞれの表示プロパティを維持しながら異なるマップ縮尺で表示することができます。ソフトウェア スケーラブル フォントの例として、Arial (Open Type) が挙げられます。

テキストが表示される場合、テキスト文字の実際の高さはフォントごとに異なります。タイプ文字は、次の図のように最上部のアセンダ ラインから最下部のディセンダ ラインまでが計測されます。

テキストの高さ

文字セルは、個々の文字を取り囲むボックスです。テキスト文字が文字セルの高さ全体を占めていない場合、その文字は指定のポイント サイズより小さく表示されます。

ポイントを使用したテキスト フォント サイズの計測

ポイントは、文字の高さと幅を計測するための標準単位です。ポイントは、全部または半分のサイズで入力することができます。ポイント サイズの詳細については、次の変換表をご参照ください。

ポイントとインチの変換表

ポイントインチ

1

0.014

12 (1 パイカ)

0.166

18

0.250

24

0.332

36

0.500

72 (6 パイカ)

1.000

ポイント変換表

関連トピック