Skip To Content

ストレッチ

ストレッチのシンボルは、階級区分図の作成に使用されるという点で等級色シンボルに似ています。等級色シンボルは個別値シンボルを持つ個別のクラスにデータを分布しますが、ストレッチ シンボルは各フィーチャに均等に配色を分布します。

未分類の色シンボル
未分類の色シンボルは、配色の範囲内で属性 (または条件式の値) の相対位置に基づいて色をシンボルに割り当てます。

ストレッチ シンボルの基準をデータセット内の属性フィールドにするか、シンボル表示する数値を生成する Arcade 条件式を作成することができます。

Arcade 言語で式を作成する詳細

  1. [コンテンツ] ウィンドウでフィーチャ レイヤーを選択します。
  2. [表示設定] タブの [描画] グループで、[シンボル] をクリックして [ストレッチ] をクリックします。

    [シンボル] ウィンドウが表示されます。

  3. [シンボル] ウィンドウの [プライマリ シンボル] タブ プライマリ シンボル で、マッピング対象のデータに使用する数値 [フィールド] を選択するか、条件式を作成します。

    式を使用するには、式の設定 をクリックして、[式の設定] ダイアログ ボックスを開きます。式を作成し、[確認] 整合チェック をクリックして整合チェックを実行します。式が有効であっても有効な数値を返さない可能性があることに注意してください。これを回避するには、数値フィールドのみを表示するよう [式の設定] ダイアログ ボックスをフィルタリング フィルター できます。

  4. データを正規化するには、[正規化] メニューからフィールドを選択します。正規化は、ストレッチ シンボルがフィールドに基づく場合にのみ使用できます。式に基づいてシンボル表示される場合は、[正規化] フィールドが利用不可になります。
  5. さまざまな色を [テンプレート] シンボルに適用する配色を選択します。

    デフォルトでは、連続配色だけが表示されます。利用可能な配色をすべて表示するには、[すべて表示] チェックボックスをオンにします。お気に入りスタイルまたはカスタム スタイルに格納された配色は、色のタイプに関係なく、このリストに常に表示されます。

    ポリゴン フィーチャ レイヤーをシンボル表示する場合は、テンプレート ポリゴン シンボルの塗りつぶしまたはアウトライン (もしくは両方) の色を配色によって変更できます。[配色オプション] ボタン 配色オプション をクリックし、配色のターゲットを選択します。配色ターゲットは、[テンプレート] シンボルのどちらのシンボル レイヤー (塗りつぶしシンボル レイヤーストローク シンボル レイヤー) が影響を受けるかを決定します。色が固定されているシンボル レイヤーは、配色ターゲットの設定にかかわらず、配色の変更によって更新されることはありません。

  6. 必要に応じて、[テンプレート] シンボルをクリックして [シンボルの書式設定] ウィンドウを開き、シンボルを変更したり、別のシンボルを選択したりできます。

未分類の色シンボルの変更

[プライマリ シンボル] タブ プライマリ シンボル[等級] タブでは、次の操作を実行できます。

  • 配色の分布を調整するには、ヒストグラム上でいずれかのスライダー コントロールをドラッグします。スライダーの最大値よりも大きな値を持つデータは、そのコントロールの上に表示される色で描画されます。スライダーの最小値よりも小さな値を持つデータは、そのコントロールの下に表示される色で描画されます。これらの 2 つのコントロール間のデータには、それぞれの配色が適用されます。詳細については、「ヒストグラム」をご参照ください。
  • 値を反転させるには、[オプション] をクリックし、[値を反転] をクリックします。
  • 配色を反転させるには、[オプション] をクリックし、[配色の反転] をクリックします。
  • ソース データが変更されたか、更新されている場合は、[詳細] をクリックし、[値の更新] をクリックして値の範囲を更新します。
  • このレイヤーの凡例のラベル付け方法を制御するには、[上のラベル] および [下のラベル] 設定を編集します。デフォルトでは、これらはシンボル フィールドの最小値と最大値です。
  • NULL 値を表示するには、[オプション] をクリックし、[NULL 値の表示] をクリックします。[NULL 値] 見出しを展開して、シンボル、凡例パッチの形状、および凡例の [ラベル] パラメーターと [説明] パラメーターを指定します。ストレッチ シンボルの定義に使用される属性フィールドに NULL 値が含まれる場合、専用のシンボルで描画するように明示的に選択しない限り、それらのフィーチャのシンボルは描画されません。

[高度なシンボル オプション] タブ 高度なシンボル オプション では、次の操作を実行できます。

  • ラベルを書式設定するには、[ラベルの書式設定] を展開します。
  • デフォルトでは、統計情報の計算に使用されるサンプル数は 10,000 レコードに設定されます。最大サンプル数を変更するには、[サンプル サイズ] を展開して、[最大サンプル数] の値を変更します。サンプル数を制限するとパフォーマンスが向上しますが、データセット内の重要な外れ値を誤って除外する可能性があります。一般的に、データセットが大きくなるほど、多くのサンプル数を使用する必要があります。
  • フィーチャごとのマスクを設定するには、[フィーチャ レベル マスキング] を展開します。

透過表示、回転、またはサイズによるストレッチ シンボルの変更

ストレッチによるシンボル表示だけでなく、シンボルの透過表示、回転、およびサイズを変更して、追加の属性をシンボル表示することもできます。回転変数は、ポイント フィーチャにのみ使用できます。これらの処理をすべて同時に適用することもできますが、視覚的変化が多すぎると、レイヤーを解釈することが難しくなるのでご注意ください。セカンダリ シンボルは控えめに適用することをお勧めします。

シンボル表示の概念の詳細

  1. [シンボル]ウィンドウで、[属性によってシンボルを変更] 属性によってシンボルを変更をクリックします。
  2. [透過表示][回転]、または [サイズ] を展開します。ポリゴン フィーチャの場合は、[サイズ] ではなく [アウトライン幅] を展開します。ポリゴン フィーチャでは、回転を使用できません。

関連トピック