Skip To Content

Web マップの作成

ArcGIS Pro を使用して、ArcGIS の組織サイトで Web マップとしてマップを共有できます。Web マップは地理情報を対話形式で表示したものであり、内容を表現し、疑問に答えるために使用できます。すべての Web マップには、ベースマップが含まれている必要があります。ベースマップは、Web マップの空間参照およびすべてのキャッシュ レイヤーが従う必要があるタイル スキーマを定義します。

マップ内の他のレイヤーはすべて操作レイヤーと呼ばれています。これらは、ファイル ジオデータベースからなど、ローカルに取得されるか、または既存の Web レイヤーです。マップを Web レイヤーとして共有すると、ローカル レイヤーは新しい Web レイヤーとして共有されます。既存の Web レイヤーは公開されず、シンボルの変更など、ArcGIS Pro でその Web レイヤーに加えられた変更は Web マップに格納されます。言い換えると、既存の Web レイヤーは更新されません。

強力な設計環境である ArcGIS Pro では、地理データのスタイリングや表現に向けた豊富なツールにアクセスできます。Web 環境でサポートされていないフィーチャもあるため、マップを Web マップとして公開して共有する予定の場合は、ArcGIS Pro でそのマップを作成するときに、いくつかの基本的なガイドラインに従うことをお勧めします。

ブックマーク

ArcGIS Pro でマップに作成したブックマークは、マップを Web マップとして共有するときに維持されます。ベースマップと一致しない投影法でブックマークを作成した場合、Map Viewer など、別のクライアント アプリケーションではブックマークが期待どおりに機能しない可能性があります。最高のパフォーマンスを得るためには、すべてのブックマークをベースマップの投影法で作成してください。詳細については、「ブックマーク」をご参照ください。

フィーチャ検索

ArcGIS Pro のフィーチャ レイヤーは [場所検索] ウィンドウを使用してレイヤーを構成し、特定の属性値に一致するフィーチャを検索することができます。マップを Web マップとして共有する場合、これらの構成は維持されるため、追加の構成なしで、Map Viewer など別のアプリケーションを使用してフィーチャを引き続き検索できます。詳細については、「フィーチャの検索について」をご参照ください。

関連トピック


このトピックの内容
  1. ブックマーク
  2. フィーチャ検索