Skip To Content

Web シーンの作成

ArcGIS Pro では、Web シーンを作成してアクティブなポータルで共有することができます。Web シーンは、地理情報を対話的に表示できるため、Web 上で 3D データを公開して視覚化したり分析したりするときに便利です。

Web シーンを共有する際、既存の Web レイヤーまたは Web レイヤーとして公開するデータ レイヤーを使用して、グローバル シーンまたはローカル シーンを作成できます。Web シーン レイヤー、Web タイル レイヤー、標高レイヤーなど、すべての既存のキャッシュ レイヤーは、ベースマップが存在する場合にはその座標系である必要があります。ベースマップと標高レイヤーの詳細については、「ベースマップと標高レイヤー」をご参照ください。

Web シーンを共有する際、2D と 3D の両方のレイヤーを公開できます。すべての新しい Web レイヤーは、シーンの座標系で共有されます。異なるレイヤーの公開方法に関する詳細は、「操作レイヤー」をご参照ください。

シーンの座標系をシーン プロパティで指定できます。

シーン プロパティに保存される照明と影の設定は、共有プロセスを通じて保持されます。これらの設定は、共有後にシーン ビューアーで動的に変更できます。Web シーンには、ブックマークも含まれます。

ローカル シーン

ローカル シーンは、ArcGIS OnlineArcGIS Enterprise、および Portal for ArcGIS 10.4 以降で共有できます。これは、データの整合性を維持したり歪みを抑えるために、投影座標系を使用する必要がある場合に使用します。Scene Viewer ではカスタム座標系がサポートされないため、座標系には既知の識別子 (WKID) が付いている必要があります。

オレゴン州のポートランド市を表示するローカル シーン
オレゴン州のポートランド市を表示するローカル シーン。

グローバル シーン

グローバル シーンは、地球規模の範囲のデータを共有する場合に最適です。グローバル シーンでは WGS 84 および China Geodetic Coordinate System 2000 のみがサポートされます。

米国の都市の人口を表示するグローバル シーン
米国の都市の人口を表示するグローバル シーン。