Skip To Content

クエリの構築および変更

フィーチャおよびテーブル レコードをフィルター処理するクエリを記述して、選択、識別、解析、または描画を行うことができるサブセットを作成できます。クエリは、標準 SQL (Structured Query Language) 構文で記述された 1 つ以上の句で構成されます。SQL 構文の記述の代替方法として、必要に応じて検索条件設定を使用して、メニュー選択から対話的にクエリを構築できます。

メモ:

レイヤーまたはテーブルのフィルター設定で項目を構築する具体的な手順については、「フィルター設定」のトピックをご参照ください。

クエリの対話的構築

1 つ以上の項目を構築することによって、クエリを構築します。次の手順に従って、ウィンドウ内の検索条件設定でクエリを構築します。

  1. 検索条件設定で、必要に応じて、[項目の追加] 新しい項目の追加 をクリックしてメニューにアクセスし、項目を構築します。
  2. ドロップダウン メニューから値を選択し、[Where] 項目を構築します。これらのメニューとその値は、基礎となるソース データ固有のものです。
  3. 必要に応じて、[SQL 式の確認] SQL 式が有効であることを確認する をクリックして項目を確認し、クエリに追加します。
  4. あるいは、[項目の追加] 新しい項目の追加 をクリックして、別の項目をクエリに追加します。
  5. 必要に応じて [SQL] をクリックして、ネイティブ SQL 構文で記述されたクエリを確認します。

クエリの読み込み

または、既存のクエリを読み込む方法もあります。検索条件式ファイル (*.exp ファイル) からクエリを読み込むには、[読み込み] クエリの読み込み をクリックします。インタラクティブ モードでは評価できない複雑な条件式の場合は、項目は [SQL] モードで開きます。

既存のクエリの変更

1 つ以上の項目からクエリを構築した後に、そのクエリを変更する方法は、複数あります。必要に応じて、次の操作のいずれかに従ってください。

  • クエリ内の項目は、常に編集可能です。項目にマウス ポインターを合わせて、ハイライト表示させます。項目を構成する値のメニューのいずれかをクリックして、複数の異なる値を選択します。
  • クエリに項目を追加するには、[項目の追加] 新しい項目の追加 をクリックします。
  • クエリから項目を削除するには、項目にマウス ポインターを合わせてハイライト表示させ、[項目の削除] 項目の削除 をクリックします。
  • クエリ全体を削除するには、[クエリの削除] 削除 をクリックします。
  • クエリ構文をクエリ式ファイル (ファイル拡張子 .exp) にエクスポートするには、[保存] 保存 をクリックします。ファイルの場所を参照し、ファイル名を入力します。
  • 現在のクエリをクエリ式ファイル (*.exp 拡張子付きのファイル) 内の別のクエリに置き換えるには、[読み込み] クエリの読み込み をクリックします。ファイルを参照して [OK] をクリックします。