Skip To Content

座標系、投影法、座標変換

データは通常、数字の配列から構成されます。空間データも同様ですが、空間データは地球上のある場所に空間データを配置できる数値情報を持っています。これらの数字は、データの参照フレームを提供する座標系の一部であり、地球のサーフェス上のフィーチャを特定し、他のデータを基準にしてデータの位置を揃え、空間的精度の高い解析を実行し、マップを作成します。

すべての空間データは、ポイント、ライン、ポリゴン、ラスター、アノテーションのいずれであっても、何らかの座標系で作成されます。座標自体は、度 (10 進)、フィート、メートル、キロメートルなどの多くの方法で指定できます。実際、あらゆる形式の計測値が座標系に使用できます。この計測システムの指定は、他のデータに関連して ArcGIS Pro の正しい位置にデータを表示する座標系を選択する最初の手順です。

座標系

データは水平座標系と鉛直座標系の両方で定義されます。水平座標系では地球のサーフェス全体でデータが特定され、鉛直座標系ではデータの相対的な高さまたは深さが特定されます。

水平座標系には、地理座標系、投影座標系、ローカル座標系の 3 種類があります。データがどの座標系にあるかを知るには、レイヤーのプロパティを調べます。地理座標系 (GCS) は、通常、経度 (X 座標) の度と緯度 (Y 座標) の度を計測する 10 進度数の単位を使用します。データの位置は、正の数または負の数として表されます。赤道の北と本初子午線の東が正の X 値と Y 値、赤道の南と本初子午線の西が負の値です。

空間データは、投影座標系 (PCS) を使用して表すこともできます。座標は、角度ではなく距離の計測値を使用して表されます。一部のデータは、地球上の任意の位置に仮座標原点 (0, 0 または他の値) を置くローカル座標系で表されます。ローカル座標系は、多くの場合、大縮尺 (狭いエリア) のマッピングに使用されます。仮座標原点は、必ずしも既知の実世界の座標に揃えられるわけではありません。しかし、データを取得するために、グローバル座標ではなくローカル座標系を使用して、方位角と距離を計測する場合があります。ローカル座標系は通常、フィートまたはメートルで表されます。

鉛直座標系は重力依存または楕円体です。重力依存の鉛直座標系は、平均海水面計算を表します。楕円体座標系は、算術計算から導出される回転楕円体または楕円体の立体サーフェスを表します。

サポートされている地理座標系と鉛直座標系のリストをダウンロードします。

投影

投影は、紙面や画面などの平面に座標系とデータを表示する方法です。数値計算を使用して、地球の曲面で使用される座標系を平面の座標系に変換します。歪みのないように曲面を平面に転置するのに完全な方法はないため、さまざまなプロパティを持つ数多くの地図投影法があります。地図投影法には、形状を維持するものと距離を維持するものだけでなく、 エリアや方向を維持するものもあります。維持したい範囲、位置、プロパティにより、地図投影法のどれを選択するかが決まります。ArcGIS プラットフォームには 4000 を超える座標系が収容されているため、データに適合する座標系が見つかる可能性があります。見つからない場合は、カスタム座標系を作成してデータを表示できます。

ArcGIS Pro では、マップに追加したデータに、最初に追加されたレイヤーの座標系定義が適用されるように、リアルタイムでデータが再投影されます。最初に追加されたレイヤーに座標系が正しく定義されている限り、正しい座標系情報を含む他のすべてのデータがマップの座標系にリアルタイムで再投影されます。この方法はデータを調べたりマッピングしたりするには便利ですが、異なるレイヤー間の不整合データにより精度が低下する可能性があるため、解析や編集には使用しないでください。また、リアルタイム投影時には、データの描画速度も低下します。解析やデータの編集を行う場合は、まずデータを同じ座標系に投影し、すべてのレイヤーで同じ座標系を共有します。これにより、データの新しいバージョンが作成されます。

サポートされている投影座標系のリストをダウンロードします。

変換

データに適合する座標系を定義した後で、別の座標系でデータを使用したい場合もあります。この場合には、変換が便利です。変換は、さまざまな地理座標系間のデータまたはさまざまな鉛直座標系間のデータに対して必要となります。データが正しく構成されない場合、不整合のデータに解析やマッピングを行うことになり、問題や精度の低下が発生します。

サポートされている地理座標変換と鉛直座標変換のリストをダウンロードします。

関連トピック


このトピックの内容
  1. 座標系
  2. 投影
  3. 変換