Skip To Content

シーンおよびマップのイルミネーションの設定

マップおよびシーンでイルミネーションを使用して、さまざまな効果を得ることができます。マップでは主にイルミネーションを使用して、より 3 次元らしい表示にします (たとえば、陰影起伏の適用など)。ただし、すべてのシーンには、イルミネーション表示するための光源が必要です。この光源を設定することにより、シーン内でさまざまな効果が得られます。マルチパッチや立ち上げポリゴンなどの 3D フェイスでは、太陽光効果は 3D シェープの表面の陰影処理に適用されます。さらに、大気の影響も適用でき、これによって現実世界の明暗を再現することができます。たとえば、シーンに日没を表示する場合、大気の影響を使用して実際の環境を反映することができます。環境遮蔽を使用することで、テクスチャを含まない 3D コンテンツに奥行感覚を付けて、より現実的に表示することができます。Eye-Dome Lighting を使用すると、シーン内の点群の奥行感覚を改善できます。星空や大気中のハロー効果を表示することもできます。操作をグローバル シーンで行っているか、ローカル シーンで行っているかによって、イルミネーションを定義するオプションは異なります。

大気の影響が適用されていないグローバル シーン大気の影響が適用されているグローバル シーン

大気の影響が適用されていないグローバル シーンの例。

大気の影響が適用されているグローバル シーンの例。

Eye-Dome Lighting が適用されていないグローバル シーンEye-Dome Lighting が適用されているグローバル シーン

Eye-Dome Lighting が適用されていないグローバル シーンの例。

Eye-Dome Lighting が適用されているグローバル シーンの例。

環境遮蔽が適用されていないグローバル シーン環境遮蔽が適用されているグローバル シーン

環境遮蔽が適用されていないグローバル シーンの例。

環境遮蔽が適用されているグローバル シーンの例。

星やハローが適用されていないグローバル シーン星やハローが適用されているグローバル シーン

星やハローが適用されていないグローバル シーンの例。

星やハローが適用されているグローバル シーンの例。

グローバル シーンのイルミネーション

グローバル シーンでは、太陽の位置を設定することで、光源および陰影処理を使用して、表示される時間をより現実的に表現できます。星空や大気中のハロー効果を表示することもできます。

  1. [コンテンツ] ウィンドウでマップを右クリックし、[プロパティ] をクリックして [マップ プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [イルミネーション] タブをクリックします。
  3. 日没などの特定の状況を再現するには、[大気の影響を表示] チェックボックスをオンにします。
  4. 地表から見える星空や大気中のハロー効果を表示するには、[星とハローの表示] チェックボックスをオンにします。
  5. シーン内の影をシミュレートするには、[影を 3D で表示] チェックボックスをオンにします。マルチパッチや立ち上げポリゴンなどの 3D フィーチャには、光源に応じた影を設定することができます。影をシミュレートすると描画パフォーマンスに影響が出る可能性があるので注意してください。
  6. テクスチャを含まない 3D コンテンツに奥行感覚を付けてより現実的に表示するには、[環境遮蔽の使用] チェックボックスをオンにします。テクスチャを含むレイヤーを追加する場合、テクスチャにはすでに光源情報が含まれているため、環境遮蔽をオフにすることをお勧めします。環境遮蔽は、描画パフォーマンスに影響を与える場合があります。このオプションは、デフォルトで有効に設定されています。
  7. シーンに Eye-Dome Lighting 効果を適用するには、[Eye-Dome Lighting を使用] チェックボックスをオンにします。これにより、LAS データセットおよび点群シーン レイヤーの奥行感覚が改善します。このオプションは、デフォルトで有効に設定されています。このオプションをオフにすると、リボンにあるレイヤーの [表示設定] タブで設定した Eye-Dome Lighting 設定に関係なく、すべてのレイヤーの Eye-Dome Lighting が無効になります。
  8. [照明効果] を設定して、シーンの明るさを定義します。[大気の影響を表示] がオンになっている場合、[照明効果] を利用できません。その場合、太陽の位置に応じて照明を再現します。
  9. シーンの太陽の位置を定義する方法を以下から選択します。
    • [カメラからの天頂位置]。この場合、カメラがグローブ上のどこに位置しているかにかかわらず、周辺光は等しくなります。
    • [日時] (タイム ゾーンを含む)。
    • [太陽の位置] (緯度および経度により指定)。
    • [マップ時間]。このオプションは、シーンにマップ時間が設定されている場合にのみ有効になります。

ローカル シーンのイルミネーション

ローカル シーンでは、スポット光のみが利用できます。シーンのイルミネーションのレンダリングに使用する、光源の方位と高度、およびコントラストの量を設定することができます。シーンのイルミネーション プロパティにより、3D フェイスやサーフェスのデータなど、すべての地表面フィーチャに陰影処理が適用されます。

  1. [コンテンツ] ウィンドウでマップを右クリックし、[プロパティ] をクリックして [マップ プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [イルミネーション] タブをクリックします。
  3. [影] オプションをオンにします。
    • シーン内の影をシミュレートするには、[影を 3D で表示] チェックボックスをオンにします。マルチパッチや立ち上げポリゴンなどの 3D フィーチャには、光源に応じた影を設定することができます。影をシミュレートすると、描画パフォーマンスに影響を与える場合があります。
    • テクスチャを含まない 3D コンテンツに奥行感覚を付けてより現実的に表示するには、[環境遮蔽の使用] チェックボックスをオンにします。テクスチャを含むレイヤーを追加する場合、テクスチャにはすでに光源情報が含まれているため、環境遮蔽をオフにすることをお勧めします。環境遮蔽は、描画パフォーマンスに影響を与える場合があります。このオプションは、デフォルトで有効に設定されています。
    • シーンに Eye-Dome Lighting 効果を適用するには、[Eye-Dome Lighting の使用] チェックボックスをオンにします。これにより、LAS データセットおよび点群シーン レイヤーの奥行感覚が改善します。このオプションは、デフォルトで有効に設定されています。このオプションをオフにすると、リボンにあるレイヤーの [表示設定] タブで設定した Eye-Dome Lighting 設定に関係なく、すべてのレイヤーの Eye-Dome Lighting が無効になります。
  4. 光源方向を調整します。

    光源方位は太陽の方位角方向で、北から右回りに 0 ~ 360 度で計測されます。光源方位 90 度は東です。デフォルトの光源方位は 315 度 (北西) です。陰影起伏で使用されるデフォルトの太陽方位 (方向) は 315 度です。

  5. 光源高度を調整します。

    光源方位は、水平線を基準とする光源の傾斜角です。単位は角度で、範囲は 0 (水平線上) ~ 90 度 (真上) です。デフォルト値は 90 度です。陰影起伏で使用されるデフォルトの太陽高度は 45 度です。

  6. コントラストを調整します。

    コントラストによって、サーフェスに適用される陰影処理の量が調整されます。コントラスト値 100 はコントラストが適用されないこと、0 は最も高いコントラストを示します。

2D マップのイルミネーション

デジタル標高モデル (DEM) に陰影起伏を適用する場合、状況に応じてイルミネーション角度を変更する必要があります。

  1. [コンテンツ] ウィンドウでマップを右クリックし、[プロパティ] をクリックして [マップ プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [イルミネーション] タブをクリックします。
  3. 光源方向を調整します。
  4. 光源高度を調整します。
  5. 必要に応じて、陰影起伏のコントラストを調整することもできます。
  6. イルミネーションの変更内容をデフォルト値にリセットするには、[デフォルトに戻す] をクリックします。