Skip To Content

座標系の指定

マップおよびシーンは、座標系を使用して、データを地球の表面上で正確に、および相互に相対的に配置して表示します。座標系は、参照フレームワークで、2 次元空間または 3 次元空間のいずれかのフィーチャの位置を定義します。座標系は、地球上でのフィーチャの位置を定義する水平座標系か、サーフェスに対するフィーチャの高さまたは深さを定義する鉛直座標系のいずれかです。座標系は、マップシーンの両方で定義できます。

新しい空のマップまたはローカル シーンのデフォルトの水平座標系は WGS 1984 Web メルカトルです。グローバル シーンのデフォルトの水平座標系は WGS 1984 です。マップおよびローカル シーンの場合は、数多くの座標系の中から選択できますが、グローバル シーンの水平座標系は WGS 1984 または CGCS 2000 (China Geodetic Coordinate System 2000) のいずれかに制限されています。マップまたはシーンは、必ず水平座標系を持ちます。必要に応じて、マップまたはシーンに鉛直座標系を定義できます。

空のマップおよびシーンは、それらに追加された最初のレイヤーから座標系を取得します。マップまたはシーンにさらにレイヤーを追加すると、それらは、マップまたはシーンと同じ座標系を使用して自動的に表示されます。マップまたはシーンの座標系がレイヤーのソース データのネイティブ座標系と同じでない場合は、変換を使用してデータがリアルタイムで投影されます。ただし、リアルタイムの投影は描画に時間がかかることがあるため、データの編集や解析を行っている場合はお勧めできません。すべてのデータが同じ座標系であることを確認することを強くお勧めします。空間データをある座標系から別の座標系に投影するには、[投影変換 (Project)] ツールまたは [ラスターの投影変換 (Project Raster)] ツールを使用します。

ヒント:

データ ソースに定義されている座標系を表示したり、データ ソースに座標系が定義されているかどうかを確認したりするには、[コンテンツ] ウィンドウでレイヤーを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。[レイヤー プロパティ] ダイアログ ボックスで、[ソース] タブをクリックして、[空間参照] グループを展開します。

水平座標系

水平座標系は、地理座標系または投影座標系のいずれかです。地理座標系は 3 次元の楕円体または球体サーフェスに基づいており、位置は角度の計測値 (通常は経緯度) を使用して定義されます。投影座標系は、平面システムで、2 次元の座標を使用し、距離計測値を単位として使用します。投影座標系は、地理座標系および地図投影に基づいています。地図投影には、測地位置を平面システムに変換する数値計算が含まれます。

鉛直座標系

鉛直座標系は、フィーチャの高さまたは深さの計測値である Z 座標の参照を提供します。鉛直座標系は、常に距離単位 (メートルやフィートなど) です。鉛直座標系を使用すると、解析および編集で位置の精度が向上します。鉛直座標系は新しいマップおよびシーンにデフォルトで適用されないため、明示的に選択する必要があります。

鉛直座標系には、2 つのタイプがあります。一般的には、重力ベースの鉛直座標系が使用されます。このタイプの場合、参照サーフェスは平均海水面の計算によって定義されます (単一ポイントのレベルから取得される場合もあります)。楕円体座標系は、数学的に取得された回転楕円体または楕円体ボリューム サーフェスの参照に基づいています。楕円体座標系は数学モデルで計算されるため、重力ベースの鉛直座標系よりもシンプルですが、特に大縮尺のアプリケーションでは有意な精度に欠ける可能性があります。たとえば、楕円体鉛直座標系を使用すると、大縮尺マップで小川が高い方向に流れるように見えることがあります。楕円体鉛直座標系を使用する場合は、それが地理座標系と適合していることを確認する必要があります。たとえば、Z 値の高さが NAD 1983 で定義されている場合、地理座標系は WGS 1984 ではなく NAD 1983 で定義されている必要があります。

グローバル シーンの鉛直座標系は、1 つの例外を除いて楕円体でなければなりません。世界全体をカバーする場合にのみ、重力ベースにすることができます。グローバルの重力ベースの鉛直座標系には、EGM2008 ジオイドや EGM96 ジオイドなどがあります。

注意:

描画中には楕円体座標系が考慮されないことに注意してください。これは、フィーチャを立ち上げる場合にはっきりとわかることがあります。

マップとシーンの座標系の指定

  1. [コンテンツ] ウィンドウで、マップまたはシーンを右クリックして [プロパティ] をクリックします。
  2. [マップ プロパティ] ダイアログ ボックスで、[座標系] タブをクリックします。

    [現在の XY] および [現在の Z] 見出しの下にあるボタンに、マップまたはシーンの現在の水平座標系と鉛直座標系がそれぞれ表示されています。鉛直座標系が定義されていない場合もあります。座標系の定義を表示するには、どちらかの座標系の [詳細] をクリックします。

  3. 水平座標系または鉛直座標系を変更するには、[現在の XY] または [現在の Z] 見出しの下にあるボタンをクリックします。対応する [使用可能な座標系] リストから、適切な座標系を選択します。[検索] ボックスに検索用語を入力して、特定の座標系を見つけることができます。

    鉛直座標系が楕円体の場合、水平座標系と同じ測地基準を共有しなければなりません。測地基準名、楕円体名、および 2 つの座標系の楕円体プロパティはすべて完全に一致する必要があります。

ヒント:

[マップ プロパティ] ダイアログ ボックスは拡張可能です。リストのスペースを拡大して、選択肢を見やすくするには、ボックスの下部を下にドラッグします。

レイヤーからの座標系の設定

既存のレイヤーから座標系を定義できます。これは、マップまたはシーンにそのレイヤーが存在しない場合でも可能です。

  1. 座標系をマップのレイヤーと同じ座標系に設定するには、[使用可能な座標系] リストで [レイヤー] を展開します。座標系の見出しを展開して、それを参照するレイヤーを表示します。これは、マップのすべてのレイヤーが同じ座標系を共有していることを確認するのに適した方法です。
  2. 座標系をマップまたはシーンにないレイヤーと同じ座標系に設定するには、[座標系の追加] ボタン 座標系の追加 をクリックし、[座標系のインポート] 座標系のインポート をクリックします。使用したい座標系が定義されたデータ ソース (または以前に保存した *.prj ファイル) を参照します。その後、座標系を [お気に入り] リストに追加して、すべてのプロジェクトで利用できるようにすることができます。

使用可能な座標系のフィルタリング

空間フィルターを設定し、[使用可能な座標系] リストの表示を制限します。

  1. [空間フィルター] ボタン 空間フィルター をクリックし、[空間フィルターの設定] 空間フィルターの設定 をクリックします。
  2. [空間フィルター インデックス] ダイアログ ボックスで、[すべてのレイヤーのデータの範囲] または [カスタム範囲] のいずれかを選択します。マップ内のレイヤーからカスタム範囲を計算するか、正確な数値範囲を定義します。
  3. 必要に応じて、[空間フィルター] ボタン 空間フィルター をクリックし、[空間フィルターの消去] 空間フィルターの消去 をクリックして空間範囲を消去します。

鉛直座標系の削除

マップおよびシーンには必ず水平座標系が定義されていますが、鉛直座標系はオプションです。

  1. マップまたはシーンから鉛直座標系の定義を削除するには、[現在の Z] 座標系 をクリックし、[使用可能な Z 座標系] リストから [<なし>] を選択します。

座標系のインポート

座標系は、レイヤーなどの空間データセットまたは投影情報ファイルからインポートできます。

  1. [座標系の追加] ボタン 座標系の追加 をクリックし、[座標系のインポート] 座標系のインポート をクリックします。
  2. [座標系のインポート] ダイアログ ボックスで、空間データセットまたは投影情報ファイル (*.prj) を参照します。
  3. [OK] をクリックして、座標系を適用します。

カスタム座標系の作成

既存の座標系をコピーしてそのパラメーターを変更するか、一からカスタム座標系を作成することができます。

既存の座標系をコピーして変更するには、次の手順を実行します。

  1. [使用可能な座標系] リストで座標系を右クリックし、[コピーして変更] コピー をクリックします。
  2. [座標系の変更] ダイアログ ボックスで、必要に応じてパラメーターを更新します。
  3. [保存] をクリックして、新しい座標系を保存します。

    この座標系は [使用可能な座標系] リストの [カスタム] 見出しの下に配置されます。この座標系を現在の座標系として適用したり、お気に入りの座標系として永続的に保存したりできます。これらの作業を行わなかった場合、座標系は [マップ プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じたタイミングで失われます。

新しい座標系の定義

新しい座標系を定義するには、次の手順を実行します。

  1. [座標系の追加] ボタン 座標系の追加 をクリックし、[新しい地理座標系] 新しい地理座標系[新しい投影座標系] 新しい投影座標系、または [新しい鉛直座標系] 新しい鉛直座標系 をクリックします。

    [新しい地理座標系] 新しい地理座標系 および [新しい投影座標系] 新しい投影座標系 は、[現在の XY] ボタンがハイライト表示されている場合にのみ有効になります。[新しい鉛直座標系] 新しい鉛直座標系 は、[現在の Z] ボタンが有効な場合にのみ使用できます。

  2. [新しい座標系] ダイアログ ボックスで、必要に応じてパラメーターを更新します。
  3. [保存] をクリックして、新しい座標系を保存します。

    この座標系は [使用可能な座標系] リストの [カスタム] 見出しの下に配置されます。この座標系を現在の座標系として適用したり、お気に入りの座標系として永続的に保存したりできます。これらの作業を行わなかった場合、座標系は [マップ プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じたタイミングで失われます。

お気に入りとしての座標系の保存

プロジェクトで頻繁に使用する座標系がある場合は、それらの座標系を [お気に入り] リストに追加して、見つけやすいようにすることができます。[お気に入り] は、すべてのプロジェクトで利用できます。

  1. [使用可能な座標系] リストで座標系を右クリックし、[お気に入りに追加] お気に入りに追加 をクリックすると、このリストの [お気に入り] 見出しの下に座標系が表示され、簡単に参照できます。

投影情報ファイルとしての座標系の保存

座標系を投影情報ファイルとして保存できます。投影情報ファイルの拡張子は *.prj です。投影情報ファイルを使用して、ジオプロセシングで空間参照を定義することができます。たとえば、[フィーチャ データセットの作成 (Create Feature Dataset)] ツールで *.prj ファイルへのパスを入力して、データセットの空間参照を定義することができます。

  1. [使用可能な座標系] リストで座標系を右クリックします。
  2. [投影情報ファイルとして保存] 投影情報ファイルとして保存 をクリックします。
  3. [座標系を PRJ ファイルとして保存] ダイアログ ボックスで、ファイル システム上の場所を参照し、ファイル名を入力します。

    投影情報ファイルが保存されるデフォルトの場所は、[install drive]:\Users\[yourname]\AppData\Local\ESRI\ArcGISPro\Favorites にある [お気に入り] フォルダーです。このフォルダーに保存すると、投影情報ファイルに保存した座標系は [マップ プロパティ] ダイアログ ボックスの [使用可能な座標系] リストの [お気に入り] セクションに表示されます。

マップでの国際日付変更線をまたぐ画面移動の許可

デフォルトでは、180 度の子午線 (+/-180 度) に分割された 1 つの有限な土地として、マップが表現されます。この子午線は国際日付変更線とも呼ばれます。日付変更線をまたぐデータ、または日付変更線の近くのデータを視覚化する場合は、日付変更線を超えてシームレスに描画および画面移動できる必要があります。

  1. マップ上で国際日付変更線をまたぐ継続的な画面移動を可能にするには、[日付変更線周辺の折り返しの有効化] をオンにします。このオプションは、地理座標系および円筒投影座標系の選択セットでのみサポートされています。次の円筒投影のいずれかを使用して、国際日付変更線全体を画面移動することができます。
    • アスペクト適応円筒図法
    • ベールマン図法
    • コンパクト ミラー図法
    • 正積円筒図法
    • 正距円筒図法
    • 正距円筒図法 (楕円体)
    • ゴール図法
    • メルカトル図法
    • ミラー図法
    • パターソン図法
    • 正方形図法

以下のダウンロードをご参照ください。

関連トピック