Skip To Content

ジオデータベース アノテーションの表示

ジオデータベース アノテーションは、他のデータを ArcGIS Pro に追加するのと同じように追加します。アノテーションは、[コンテンツ] ウィンドウに他の地理データとともに表示され、順序どおりに描画されます。アノテーション フィーチャごとにそのシンボル表示の方法が格納されるため、アノテーションはシンプル ポイント、ライン、およびポリゴン フィーチャとは異なります。アノテーションのデータベース シンボルを変更するには、[カタログ] ウィンドウを使用するか、編集ツールを使用します。必要に応じて、[シンボル] ウィンドウの [アノテーション ジオメトリを描画] チェックボックスをオンにして、アノテーション ジオメトリを表示させます。品質保証ワークフローでアノテーション フィーチャのテキスト パスを表示するのに便利な場合があります。

ジオデータベース アノテーションのシンボルを一時的に変更するには、シンボルの代替を使用します。これを使用すると、シンボルの変更は現在のマップに保存されますが、他のマップでのアノテーションの表示には反映されません。

ジオデータベース アノテーションを他のレイヤーとともに表示するとき、可変階調マスクを適用して、アノテーションの下に描画されているレイヤーの一部を非表示にすると便利な場合があります。

下のコンター マップの例では、コンター ラインとアノテーション フィーチャが重なり合っています。アノテーションにマスクを使用することで、コンター ラインの一部は非表示になり、これらのレイヤーの下にある標高の陰影は表示されたままとなります。

マスクされているアノテーション フィーチャ

マスクの使用の詳細

ジオデータベース アノテーションのデフォルトのテキスト シンボルとラベリング プロパティの表示

[コンテンツ] ウィンドウでアノテーション サブクラスを右クリックして [プロパティ] をクリックし、[アノテーション サブクラス プロパティ] ダイアログ ボックスを開くと、対応するアノテーション クラスに含まれるアノテーションのデフォルトのテキスト シンボルとプロパティを表示できます。これは、特定のアノテーション クラスの編集されていないアノテーション フィーチャのシンボルです。この情報は [コンテンツ] ウィンドウでは読み取り専用ですが、[カタログ] ウィンドウでアノテーション フィーチャクラスを右クリックして [アノテーション フィーチャクラス プロパティ] を選択すると、アノテーションのテキスト シンボル プロパティを変更できます。[アノテーション クラス] タブに、フィーチャクラス内のアノテーション クラスが表示されます。アノテーション クラスの 1 つをダブルクリックし、[シンボル] タブをクリックすると、その特定のクラス内の編集されていないアノテーション フィーチャのシンボルが表示されます。アノテーションがフィーチャリンクされている場合、[配置] タブと [クラス] タブをクリックして、他のラベリング プロパティを表示できます。

シンボルの代替

ArcGIS Pro では、シンボルの代替を使用して、特定のマップ内のアノテーションのシンボル表示を変更できます。この方法は、アノテーションのデータベース シンボルを変更したくない場合や、アノテーション データの編集権限を持っていないなどの理由でシンボルを変更できない場合に使用します。もう 1 つの方法として、シンボルの代替を使用してアノテーションの外観を一時的に変更することもできます。たとえば、暗い背景の上に、イメージなどからの黒色のテキスト アノテーションが表示されているとします。この場合は、現在のマップでシンボルの代替を使用して、アノテーションの色を白色に変更できます。マップを保存すると、変更は現在のマップに保存されますが、他のマップのアノテーションの表示には反映されません。マップに変更を保存しない場合、色の変更は一時的なものであり、マップを閉じたときに破棄されます。他のレイヤー プロパティと同様に、変更を別の *.lyrx ファイルとして保存することもできます。

アノテーション フィーチャクラスのデフォルトのテキスト シンボル プロパティを表示するには、[カタログ] ウィンドウでアノテーション フィーチャクラスを右クリックして [アノテーション フィーチャクラス プロパティ] を選択します。[アノテーション クラス] タブに、フィーチャクラス内のアノテーション クラスが表示されます。アノテーション クラスの 1 つをダブルクリックし、[シンボル] タブをクリックすると、その特定のクラス内の編集されていないアノテーション フィーチャのシンボルが表示されます。アノテーションがフィーチャリンクされている場合、[配置] タブと [クラス] タブをクリックして、他のラベリング プロパティを表示できます。

アノテーション フィーチャクラスの管理の詳細

メモ:
シンボルの代替は、アノテーション シンボルの編集とシンボルの管理のために全面的な置換を行うためのものではありません。動的なマップ表示およびマップ生成のためにテキストのシンボルを一時的に変更するために提供されています。
メモ:
シンボル代替の使用中は、編集を行わないようにしてください。ジオデータベース アノテーションを編集すると、テキストのシンボルが変化する場合があります。そのシンボルが代替されている場合に編集を行うと、予想外の結果になる可能性があります。

シンボルの代替には、次の 3 つの状態があります。

  • 代替なし: この状態では、シンボルの代替は無効です。アノテーション フィーチャクラスのテキストは、格納されているシンボルで描画されます。これがデフォルトの状態です。シンボルの代替をいったん有効にした後で、この状態に戻って代替を無効にしても、代替したシンボルまたは色が失われることはありません。無効にした後は、2 番目または 3 番目のオプションを選択して、いつでも再び有効にできます。
  • シンボル色を代替として使用: この状態では、テキストの色だけが代替されます。テキストは、アノテーションの格納されているフォントやフォント サイズなどを使用して表示されます。

    もともと予想していたものとは異なる背景色の上にアノテーションを表示する場合は、このオプションを選択します。たとえば、黒いアノテーションは、航空写真に重ねると見えにくい場合があります。そのような場合は、このオプションを使用してすべてのアノテーションの色を白に変更すると、同じ背景でもはっきり見えるようになります。

  • コレクション内のシンボルを代替として使用: この状態では、アノテーション フィーチャクラスのシンボル コレクションにある個別のシンボルを代替する機能が有効です。通常、ほとんどのテキストはシンボル コレクション内のシンボルを参照します。シンボル コレクションのシンボルは、テキストを描画する基本シンボルとして使用されます。このシンボルを代替することで、ハローや影などのテキスト シンボルのプロパティを追加して、テキストの外観を変更できます。シンボルのフォントを変更することも可能です。

    このオプションを有効にすると、ジオデータベースに格納されている元の各シンボルが一覧表示されます。デフォルトでは、これらのシンボルはいずれも代替されません。個別シンボルを代替するには、シンボルをダブルクリックしてそのシンボルの完全なプロパティのセットを確認するか、または新しいシンボルを選択します。「代替された」シンボルを元の状態にリセットするには、[リセット] をクリックします。コレクション内のシンボルを必要なだけいくつでも選択して代替できます。各シンボルの状態は、シンボルとともに [代替として使用されていません] または [代替として使用されています] と表示されます。このタイプのシンボルの代替には、さらに、テキストの表示を制御する次の 2 つのオプションがあります。

    • 一列に格納されたテキストの色を代替として使用: このオプションを有効にすると、インラインで格納されているシンボルの色が代替されます。「インラインで格納されている」シンボルとは、シンボル コレクションのシンボルを参照していないシンボルです。このようなフィーチャは、-1 フィールドに値 SymbolID が設定されていることでわかります。シンボル コレクションのシンボルを代替しても、このようなインライン フィーチャの表示は影響を受けません。インライン フィーチャの色を代替するには、このオプションを有効にし、適当な色を設定します。
    • シンボルのオーバーライドより代替を優先: このオプションを有効にすると、テキストは代替シンボル コレクションのシンボルだけで描画されます。通常であればフィーチャの外観を基本シンボルとは異なるものにする可能性のあるアノテーション フィーチャの個別シンボルのオーバーライドは、無視されます。シンボルのオーバーライドが適用されたフィーチャは、属性の 0 フィールドに Override 以外の値が設定されていることでわかります。個別のフィーチャに格納されているシンボルのオーバーライドを優先するには、このオプションを無効にします。このオプションを無効にすると、アノテーション フィーチャは、代替シンボル コレクションのシンボルに対して個別のオーバーライドを適用して描画されます。

アノテーション レイヤーの代替シンボル

  1. [コンテンツ] ウィンドウでタイトルをクリックして、アノテーション レイヤーをハイライト表示します。

    リボンに [アノテーション レイヤー] コンテキスト タブが表示されます。

  2. [アノテーション レイヤー] にある [表示設定] タブの [描画] グループで、[シンボル] ボタンをクリックして [シンボル] ウィンドウを開きます。
  3. [代替シンボル] を展開して、次のいずれかのオプションを選択します。
    • 代替なし - 元の (ジオデータベースに格納されている) シンボルを表示します。
    • シンボル色を代替として使用 - 色だけを変更し、フォントやフォント サイズなどは元の値を使用します。
    • コレクション内のシンボルを代替として使用 - 現在のレイヤーで元のシンボルとは異なるシンボルを使用します。
  4. コレクション内のシンボルをダブルクリックし、[シンボル] ウィンドウの [テキスト シンボルの書式設定] モードを開いて変更を加えます。
  5. [シンボル] ウィンドウの [テキスト シンボルの書式設定] モードでは、スタイルから新しいシンボルを選択して選択済みシンボルに適用するか、現在のシンボルのプロパティを変更します。

    [ギャラリー] でシンボルをクリックすると、そのシンボルが選択済みシンボルにすぐに適用されます。

  6. 現在のシンボルは、[一般] タブ 一般 と、[プロパティ] の下の [書式設定] タブ 書式設定 で変更できます。
    1. [シンボル] ウィンドウの [テキスト シンボルの書式設定] モードの下部にあるプレビュー ウィンドウで、シンボルの外観をプレビューすることができます。
    2. [適用] をクリックして、コレクション内のシンボルに対するシンボルの変更内容を確定し、マップを再描画します。
  7. [戻る] Back ボタンをクリックして、[シンボル] ウィンドウのアノテーション レイヤー ビューに戻ります。
  8. 個々のシンボルを代替する際には、[一列に格納されたテキストの色を代替として使用] をオンにして、元のジオデータベース シンボルが一列に格納されているアノテーション フィーチャの代替の色を指定します。
  9. これらのフィーチャのシンボルはシンボル リストに表示されません。また、これらのフィーチャでは色だけを代替できます。
  10. 個々のシンボルを代替する際には、[シンボルのオーバーライドより代替を優先] をオンにして、格納されているシンボル オーバーライドよりもシンボルの代替が優先されるかどうかを指定します。
  11. このチェックボックスをオンにすると、すべてのアノテーション フィーチャが指定された代替シンボルで描画され、オーバーライドは無視されます。このチェックボックスをオンにしないと、アノテーション フィーチャは指定された代替シンボルで描画されます。オーバーライドが格納されている場合、それらは代替シンボルの上に適用されます。