Skip To Content

ラベル クラスの使用

ラベル クラスを使用すると、ラベルを特定のフィーチャに限定したり、ラベルのグループにラベル フィールド、シンボル、縮尺範囲、ラベル優先度、一連のラベル配置オプションを指定したりすることができます。たとえば、道路レイヤーでは、道路を重要度で分類するフィールドに基づいて、サイズの異なるテキストを使用して道路のタイプをラベリングできます。検索条件設定を作成することで、人口 100 万人以上の都市に限定してラベリングすることもできます。

  1. ラベルを作成する場合、コンテンツ ウィンドウの表示を利用すると、非常に効果的です
  2. コンテンツ ウィンドウでフィーチャ レイヤーまたはラベル クラスを選択して、[ラベル クラス] ウィンドウを開きます。
  3. デフォルトのラベル クラスの名前を変更するには、[クラス] タブにあるメニュー ボタン メニュー をクリックして、[ラベル クラス名の変更] を選択します。複数のラベル クラスを使用する場合は、メニュー ボタン メニュー をもう一度クリックし、[ラベル クラスの作成] を選択して、新しいラベル クラスの名前を入力します。[ラベル クラスの削除] を選択して、ラベル クラスを削除することもできます。
  4. [クラス] ドロップダウン メニューからラベル クラスを選択し、[SQL クエリ] タブ SQL クエリ をクリックします。
  5. ラベリングするフィーチャのサブセットを識別する条件式を作成します。
  6. ラベル用のテキストおよびラベルの表示方法を指定します。

    [コンテンツ] ウィンドウの [ラベリング] ビューで、ラベル クラスを目的の位置までドラッグして並べ替えたり、編集しやすいように複数のラベル クラスを選択したりできます。ラベル クラス間でラベリング プロパティをコピーして貼り付けるには、ラベル クラスを右クリックして、ショートカット メニューから該当するオプションを選択します。

シンボル レイヤーからラベル クラスを追加

ラベル クラスは、マップ内の既存のシンボル レイヤーから作成することもできます。シンボル クラスからラベル クラスを追加すると、レイヤーに対して定義済みのシンボル クラスごとに、ラベル クラスを自動的に作成できます。これにより、定義済みのそれぞれのシンボル クラス内のフィーチャに対してラベル プロパティを指定できるようになります。たとえば、人口の多い都市を大きなフォントで、人口の少ない都市を小さなフォントでラベリングすることができます。

シンボル クラスからラベル クラスを作成した後で、[シンボル] ウィンドウでシンボル クラスを変更または編集した場合、ラベル クラスは自動的に更新されません。シンボル クラスを変更し、その変更に合わせてラベル クラスを更新する場合は、ラベル クラスをもう一度追加します。確認メッセージが表示されたら、現在のラベル クラスに追加するオプションをオフにします。既存のラベル クラスを上書きすると、それらのラベル クラスに対して定義済みのラベル プロパティも同様に上書きされますので、注意してください。

  1. ラベルを作成する場合、コンテンツ ウィンドウの表示を利用すると、非常に効果的です
  2. ラベル クラスを作成する対象のフィーチャ レイヤーを右クリックして [シンボルからラベル クラスを作成] を選択します。
  3. ラベル クラスの作成元になるシンボル クラスを選択し、新しいラベル クラスを現在のラベル クラスに追加するかどうかを指定します。
  4. [縮尺範囲] 設定と [色] 設定をシンボル クラスから取り込んで新しいラベル クラスに追加するかどうかを指定します。

    この方法で作成されたラベル クラスのテキスト シンボルの色は、インポートされたシンボルを基にして取得されます。この色にアクセスするには、シンボルに 1 つの色がロック解除されたシンボル レイヤーが存在するか、同じ色を参照し、複数の色がロック解除されたシンボル レイヤーが存在する必要があります。存在しない場合、新しいラベル クラス テキスト シンボルの色は黒になります。

ラベル クラスの縮尺範囲の設定

ラベルによっては、特定の縮尺範囲内で最も効果を発揮します。たとえば、市街地図では、すべての道路名のラベル クラスが特定の最小縮尺までは有効であるとします。最小縮尺を超えて縮小表示するとラベルが密集する (基準縮尺が設定されている場合はラベルが小さくなりすぎる) ので、幹線道路名だけを示すラベル クラスを表示するとよいでしょう。

ラベルの最小縮尺を設定すると、ラベルは有効な縮尺範囲内でのみ描画されるため、マップの再描画の全体的なパフォーマンスが向上し、画面移動や拡大縮小がスムーズに行われるようになります。[ラベリング] タブの [表示縮尺範囲] グループまたは [ラベル クラス] ウィンドウの [表示縮尺範囲] タブで最小縮尺および最大縮尺を設定できます。縮尺が設定されていない場合、ラベルには、フィーチャ レイヤーと同じ縮尺範囲が使用されます。

ヒント:

一部のシンボル クラスをオフに設定し、それ以外のクラスがオンになっている場合は、両方のクラスが中間の縮尺で描画されるのを防ぐために、縮尺範囲の最大縮尺まで (最大縮尺を含む) 描画されるようにマップを設定することをお勧めします。[コンテンツ] ウィンドウで、マップを右クリックし、[プロパティ] をクリックして [マップ プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。[一般] タブで、[縮尺範囲の最大縮尺まで (最大縮尺を含む) 描画] がオフになっていることを確認します。これがデフォルトです。*.mxd ファイルをインポートして作成されたマップでは、このプロパティがデフォルトでオンになります。このプロパティは、マップ内のすべてのラベル クラスに適用されます。