Skip To Content

Standard Label Engineを使用したラベリング

ダイナミック ラベリングを有効にすると、Standard Label Engineは、ラベルが重なり合わない限り、マップで利用可能なスペース内にできるだけ多くのラベルを配置します。ラベルの配置では、フィーチャのための余白が使用されます。フィーチャがマップの端で一部分だけ見えている場合、Standard Label Engineはその部分でラベルの配置を試みます。画面移動やズームを行うと、Standard Label Engineは空いているスペースとフィーチャの利用可能な部分に合わせて自動的にラベルを調整します。マップの多くは、Standard Label Engineを使用したラベリングで十分に対応できます。ラベリングするフィーチャやラベルの配置場所をより厳密に制御するには、優先度ウェイト重なり合い、および配置のオプションを操作する必要があります。さらに、ライン フィーチャまたはマルチパート ポリゴン フィーチャをラベリングする場合は、ラベルの重複を使用できます。これらのプロパティはすべて、ラベル クラス レベルで適用されます。

ラベルの配置でさらに詳細な制御が必要な場合は、Maplex Label Engineに変更します

Maplex Label Engine を使用したラベリングの詳細

マップの拡大表示および縮小表示を行っても、ラベルのサイズは変化しません。ラベル テキスト サイズをマップに合わせて拡大/縮小する場合は、基準縮尺を設定します

位置

[位置] タブ 位置 では、フィーチャに対するラベルの位置を制御するためのラベル配置オプションが提供されています。たとえば、都市のラベルは常に都市の右上に表示されるように指定できます。

Standard Label Engine には、フィーチャ タイプごとに、さまざまなラベル配置オプションがあります。ポイント ラベルライン ラベル、およびポリゴン ラベルは、すべて異なった配置オプションで配置されます。

競合解決

[競合解決] タブ 競合解決 を使用して、複数のラベルが同じ位置で競合している場合にどのラベルを配置するかを決定する、競合検出ルールを設定できます。

ラベルとフィーチャのウェイトの設定

ラベル ウェイトおよびフィーチャ ウェイトは、ラベルとフィーチャに相対的な重要度を割り当てるために使用されます。このウェイトは競合が存在する場合、つまりラベルとフィーチャの間に重なりがある場合にだけ使用されます。原則として、同等またはより低いウェイトを持つラベルがフィーチャの上に重なることはありません。

バッファー

バッファーの比率は、ラベルの実効的なサイズを実際のテキストよりも大きくします。これによって、ラベルが互いに近接して配置されるのを防ぎます。

ラベルの重複を許可

このオプションを指定すると、このラベル クラスの各フィーチャのラベルは、互いに重なるかどうかに関係なく、強制的に配置されます。デフォルトでは、ラベルの競合は ArcGIS Pro によって自動的に解決されるため、ラベルが重なり合うことはありません。この設定は、ラベル クラスの [ラベルの重複を許可] オプションで変更できます。

ラベル優先度

ラベルの優先度を指定することで、ラベルがマップに配置される順序を制御します。通常、優先度の高いラベルは、優先度の低いラベルよりも先に配置されます。また、ラベルが競合する場所では、優先度の低いラベルが別の場所に配置されるか、マップから削除されます。


このトピックの内容
  1. 位置
  2. 競合解決
  3. ラベル優先度