Skip To Content

マップ上のテキスト

マップは地理フィーチャに関する情報を伝達しますが、マップにフィーチャを表示するだけでは、それらの意味を伝えるシンボルが使用されていたとしても、その目的が十分に果たされているとは限りません。テキストをマップに追加すると、マップ上の地理情報がうまく伝わるようになります。

マップに追加できるテキストの種類はさまざまです。個々のマップ フィーチャの周辺に説明文を配置することができます。たとえば、マップにアフリカの主要都市名を追加したりできます。このマップにサハラ砂漠のおおまかな位置などを示すテキストも追加すれば、マップの特定のエリアに注意を引き付けることができます。さらに、マップの表現力を高めるテキストも追加することができます。たとえば、マップ タイトルでそのコンテキストを示したり、マップの作成者、データ ソース、日付などの情報を追加したりできます。

テキストの種類

テキストはマップの作成においてさまざまな役割を果たすので、ArcGIS Pro は数種類のテキストをサポートしています。主なタイプは、ラベルアノテーションテキスト マップ メモ、およびグラフィック テキストです。ラベルはフィーチャの属性に基づくテキスト文字列を含んだテキストであり、自動的に配置されます。ラベルの使用は、個々のフィーチャに関する説明文をマップに追加するための最も迅速かつ簡単な方法です。たとえば、主要都市のレイヤーでダイナミック ラベリングを有効にすると、すべての都市名をマップにすばやく追加できます。

ArcGIS Pro には 2 つのラベル エンジンがあります。1 つは標準ラベル エンジン、もう 1 つは、さらに高度なラベル配置機能を備えた Maplex ラベル エンジンです。

テキストを操作する際の 2 つ目のオプションは、アノテーションを使用することです。アノテーションを使用すると、特定のフィーチャを説明したり、マップに概要を追加したりできます。アノテーションはラベルと同様に使用することができ、マップ フィーチャに説明文を追加したり、マップの特定エリアの説明文を手動で追加したりできます。ラベルとは異なり、各アノテーションには、その位置、テキスト文字列、および表示プロパティが格納されます。ラベルと比較した場合、アノテーションでは個々にテキストを選択して位置や表示設定を編集できるので、テキストの表現や配置に関してはアノテーションのほうが柔軟性に優れています。ArcGIS Pro を使用して、ラベルをアノテーションに変換することができます。

テキスト マップ メモとは、マップにテンプレートとして追加されるアノテーション フィーチャクラスです。これらのアノテーション フィーチャクラスは、プロジェクトのジオデータベースに格納されます。

グラフィック テキストは、地理空間に格納されるアノテーションとは対照的に、ページ領域内のマップおよびその周辺に関する情報を追加するのに便利です。ダイナミック テキストは、マップ レイアウト上に配置されるとマップの現在のプロパティに基づいて動的に変化する、グラフィック テキストの一種です。

テキストを格納するオプション

テキストの操作を開始する前に、ArcGIS Pro のテキスト格納オプションについて理解しておく必要があります。

まず、ラベルは格納されません。それらは動的に生成され、ラベリング プロパティだけが格納されます。つまり、ラベルの作成に使用される設定はその場に応じたものです。マップで作業している場合、ラベリング プロパティは、プロジェクト (*.aprx) を保存するときに保存されます。ラベリング プロパティは、レイヤー ファイル (*.lyrx) に格納することもできます。レイヤー ファイルを使用すると、新しいマップで再度ラベリングを設定しなくても、ラベルを再現できます。

ジオデータベース アノテーションは、アノテーション フィーチャクラスのジオデータベースに格納されます。ジオデータベース アノテーションについては、他の地理データとともにジオデータベースに格納される特殊なタイプの地理フィーチャと考えることができます。ポイント、ライン、およびポリゴン フィーチャクラスと同様に、アノテーション フィーチャクラスはさまざまなマップで使用できます。

使用するテキストの種類の選択

使用するテキストの種類は、テキストの操作を開始した場所とマップでのテキストの使用方法によって決まります。テキストを追加することだけが目的で、識別する情報が属性に基づかない場合には、テキスト マップ メモまたはジオデータベース アノテーションを使用できます。ただし、フィーチャの説明テキストが必要な場合は、ラベルを使用し、フィーチャ属性に基づいてテキスト追加します。これらのラベルをフィーチャリンクされたアノテーションに変換し、その配置をさらに編集することもできます。

一般的なテキスト関連タスク

テキストで実行できる一般的なタスクを次の表に示します。これには、ラベルおよびジオデータベース アノテーションでの各タスクの実行手順が含まれています。

タスクラベルジオデータベース アノテーション

ラベル セットまたはアノテーション フィーチャクラスの新規作成

デフォルトでは、ArcGIS Pro のフィーチャ レイヤーごとにラベル セットが 1 つあります。ラベル クラスを作成してこれらのラベルをさらに分割するか、フィーチャを複数回ラベリングすることができます。

[カタログ] ウィンドウ内に新しいアノテーション フィーチャクラスを作成します

[挿入] タブからテキスト マップ メモを挿入します

ラベルをアノテーションに変換

ArcGIS Pro でのラベルクラスまたはアノテーション フィーチャクラスの一覧表示

[コンテンツ] ウィンドウの [ラベリング] に一覧表示されます。

ArcGIS Pro[コンテンツ] ウィンドウに一覧表示

テキストの属性テーブルの表示

ラベルはフィーチャ属性から生成され、独自の属性を持ちません。

ArcGIS Pro でレイヤーの属性テーブルを開く

基準縮尺の表示

ArcGIS Pro では、[マップ プロパティ] ダイアログ ボックスの [一般] タブに表示されます。

ArcGIS Pro では、[レイヤー プロパティ] ダイアログ ボックスの [ソース] タブに表示されます。

また、[アノテーション フィーチャクラス プロパティ] ウィンドウにも表示されます。

基準縮尺の設定

ArcGIS Pro では、[マップ プロパティ] ダイアログ ボックスの [一般] タブに表示されます。

基準縮尺は、アノテーション フィーチャクラスを新規作成するときに設定します。

マップ上での新しいテキストの作成

ArcGIS Pro[コンテンツ] ウィンドウのレイヤーを右クリックし、[ラベリング] をクリックします。

編集を開始し、テンプレートを使用してアノテーションを追加します。フィーチャリンク アノテーションがある場合、新しいアノテーションは新しいフィーチャが追加されたときに自動的に作成されます。

[選択フィーチャにアノテーション追加] を使用することもできます。

ArcGIS Pro でのテキストの選択と移動

ラベルの選択または移動はできません。

編集を開始し、修正ツールを使用します。

ArcGIS Pro でのテキストの外観の変更

[ラベリング] リボンまたは [ラベル クラス] ウィンドウで行います。

編集を開始し、アノテーション シンボル属性を編集します。

代替シンボルを使用し、マップのアノテーションの外観を一時的に変更します。

テキストをフィーチャにリンク

定義上、すべてのラベルはフィーチャにリンクされています。

フィーチャにリンクできるのは、フィーチャリンク アノテーション フィーチャクラスに格納されているアノテーションのみです。

テキスト パフォーマンスの改善

ラベル クラスで SQL クエリが重複しないようにするには、[サマリー] を使用します。また、フィーチャ ウェイトの使用は控え目にし、ラベルの表示縮尺範囲を設定します。

大量のテキストを格納する場合は、ジオデータベース アノテーションを使用します。

ArcGIS Pro のテキスト関連タスク