Skip To Content

プロジェクト テンプレートの作成

プロジェクト テンプレートは、新しいプロジェクトの作成元として使用できる特別なプロジェクト パッケージです。マップ、レイアウト、スタイル、データベースやサーバーへの接続など、プロジェクト パッケージに含められるアイテムは、プロジェクト テンプレートにも含めることができます。テンプレートにより、別々のプロジェクトに対して一連のマップを標準化することが簡単になり、正確なレイヤーを一般ユーザーが自分のマップですぐに使用できるようになります。どのプロジェクトも、プロジェクト テンプレートとして保存できます。

個人用のプロジェクト テンプレートの作成

個人用のテンプレートを作成する場合は、幅広い一般ユーザーを対象にテンプレートを作成する場合よりも、テンプレートに挿入できるアイテムに対する柔軟性が高くなります。

特定のコンピューター用のプロジェクト テンプレート

ローカル コンピューター上のデータへの接続を含む個人用のテンプレートを作成するには、プロジェクト パッケージを作成する際に次の手順を実行して、テンプレートが正確な場所に格納されるようにします。

  1. [共有] タブの [名前を付けて保存] グループで、[プロジェクト テンプレート] プロジェクト テンプレート をクリックします。

    [プロジェクト テンプレートの作成] ウィンドウが表示されます。

  2. ファイルにテンプレートを保存するように設定します。

    [名前] テキスト ボックスには、ArcGIS Pro が個人用のプロジェクト テンプレートを検索する場所 (Documents\ArcGIS\ProjectTemplates) が自動的に反映されます。この場所に格納されたテンプレートは、ローカル [コンピューター] から利用できるテンプレートを一覧表示すると、[新規作成] タブの [設定] ページに表示されます。このテンプレートを確認できるのは、該当するコンピューター上で ArcGIS Pro を実行する場合に限ります。

  3. [名前] テキスト ボックスに、プロジェクト テンプレートに適した名前と場所を入力します。
  4. [概要] フィールドと [タグ] フィールドに値を入力します。
  5. [ツールボックスを含む] オプションを使用すると、すべてのプロジェクト ツールボックスとツールで参照されるデータを含めることができます。

    このオプションがオンでない場合、デフォルト ツールボックスを除くプロジェクト ツールボックスは含まれなくなります。接続されているフォルダー内のツールボックスは、プロジェクト ツールボックスとは見なされないため、この設定の影響を受けません。

  6. [履歴アイテムを含む] オプションを使用すると、すべてのジオプロセシング履歴アイテムと、履歴アイテムを再実行するために必要なデータを含めることができます。

    このオプションがオンでない場合、プロジェクトのジオプロセシング履歴アイテムは含まれなくなります。履歴アイテムが含まれている場合は、ツールを再実行するために必要なすべてのデータが存在し、アクセスできることを確認してください。これらの要件が満たされていない場合、パッケージ化は​​失敗します。

  7. [添付ファイル] に含めるアイテムを追加します。このオプションを使用すると、詳細な文書、レポート、グラフなどの他のコンテンツを含めることができます。次のタイプのファイルを含めることはできません。*.js、*.vbs、*.py、*.pyc、*.pyo、*.bat、および *.ocx また、署名された *.dll ファイルと *.exe ファイルだけは含めることができます。
  8. [共有の完了][分析] をクリックして問題がないか確認します。

    エラーと警告は [メッセージ] タブにリストされます。メッセージを右クリックしてヘルプ トピックを開くか、ソフトウェアで処置を行います。Web レイヤーを共有するには、エラー エラー を解決する必要があります。警告 警告 の解決は推奨されますが、必須ではありません。

    GIS リソースの解析の詳細

  9. 整合チェックが終了したら、[作成] をクリックしてテンプレートを作成します。

このテンプレートを使用して、新しいプロジェクトを作成できます。テンプレートは、開始ページの [最近使ったテンプレート] リストには自動的に含まれません。テンプレートを使用して新しいプロジェクトを初めて作成すると、そのテンプレートがリストに追加されます。

プロジェクト テンプレートにジオプロセシング履歴を含めるように設定した場合は、モデルおよびスクリプトで考慮すべき要素がいくつかあります。

複数のコンピューター用のプロジェクト テンプレート

複数のコンピューターを使用している場合は、プロジェクト テンプレートを組織アカウントに保存しておくと便利です。使用しているすべてのコンピューターに適用される接続を含むテンプレートを作成する場合には、十分な注意が必要です。たとえば、使用しているすべてのコンピューターで GIS データを整理するためのフォルダー構造が同じである場合や使用しているすべてのコンピューターが同じ共有ネットワーク フォルダー、データベース、またはサーバーを参照している場合は、これらの接続をプロジェクト テンプレートに含めることをお勧めします。一方で、1 台のコンピューターでしか利用できない特定の場所にあるデータがプロジェクトで使用されている場合は、複数のコンピューターで使用できるプロジェクト テンプレートにその接続を含めることはお勧めしません。

  1. [共有] タブの [名前を付けて保存] グループで、[プロジェクト テンプレート] プロジェクト テンプレート をクリックします。

    [プロジェクト テンプレートの作成] ウィンドウが表示されます。

  2. テンプレートを組織アカウントにアップロードするように設定します。

    プロジェクト テンプレートが組織アカウントの [マイ コンテンツ] 内に保存されます。これらのテンプレートは、開始ページの [設定] をクリックするか、リボンの [プロジェクト] タブをクリックし、[新規作成] をクリックして、アクティブなポータルで使用可能なテンプレートをリストすると使用できるようになります。

  3. [名前] テキスト ボックスに、プロジェクト テンプレートに適した名前を入力します。
  4. [概要] フィールドと [タグ] フィールドに値を入力します。
  5. [ツールボックスを含む] オプションを使用すると、すべてのプロジェクト ツールボックスとツールで参照されるデータを含めることができます。

    このオプションがオンでない場合、デフォルト ツールボックスを除くプロジェクト ツールボックスは含まれなくなります。接続されているフォルダー内のツールボックスは、プロジェクト ツールボックスとは見なされないため、この設定の影響を受けません。

  6. [履歴アイテムを含む] オプションを使用すると、すべてのジオプロセシング履歴アイテムと、履歴アイテムを再実行するために必要なデータを含めることができます。

    このオプションがオンでない場合、プロジェクトのジオプロセシング履歴アイテムは含まれなくなります。履歴アイテムが含まれている場合は、ツールを再実行するために必要なすべてのデータが存在し、アクセスできることを確認してください。これらの要件が満たされていない場合、パッケージ化は​​失敗します。

  7. デフォルトでは、テンプレートが [マイ コンテンツ] のルートに格納されます。[フォルダー] ドロップダウン矢印をクリックし、必要に応じてテンプレートが格納される [マイ コンテンツ] 内のフォルダーを選択します。必要に応じて、参照ボタンをクリックして、フォルダーを作成するか、既存のフォルダーを選択します。テキスト ボックスにフォルダーの名前を入力することもできます。
  8. [添付ファイル] に含めるアイテムを追加します。このオプションを使用すると、詳細な文書、レポート、グラフなどの他のコンテンツを含めることができます。次のタイプのファイルを含めることはできません。*.js、*.vbs、*.py、*.pyc、*.pyo、*.bat、および *.ocx また、署名された *.dll ファイルと *.exe ファイルだけは含めることができます。
  9. [共有の完了][分析] をクリックして問題がないか確認します。

    エラーと警告は [メッセージ] タブにリストされます。メッセージを右クリックしてヘルプ トピックを開くか、ソフトウェアで処置を行います。Web レイヤーを共有するには、エラー エラー を解決する必要があります。警告 警告 の解決は推奨されますが、必須ではありません。

    GIS リソースの解析の詳細

  10. 整合チェックが終了したら、[作成] をクリックしてテンプレートを作成します。

このテンプレートを使用して、新しいプロジェクトを作成できます。

プロジェクト テンプレートの作成と他のユーザーとのテンプレートの共有

プロジェクト テンプレートは、組織内の異なるグループの処理を標準化および共有するのに役立ちます。カスタム ベースマップを挿入したり、標準レイアウトでマップを作成したり、グループ別またはプロジェクト単位で使用されるデータベースへの接続を事前に提供したり、仕様書やガイドラインなどの添付ファイルを盛り込んだりすることができます。ただし、テンプレートを特定のグループ、組織、または一般ユーザーと共有する方法を決める場合や [組織外で共有] オプションをオンにする場合には、十分な注意が必要です。プロジェクト テンプレートを共有する場合の注意事項は、プロジェクト パッケージを共有する場合と同じです。

  1. [共有] タブの [名前を付けて保存] グループで、[プロジェクト テンプレート] プロジェクト テンプレート をクリックします。

    [プロジェクト テンプレートの作成] ウィンドウが表示されます。

  2. テンプレートを保存する場所を指定します (組織アカウントに保存するか、ディスク上にファイルとして保存する)。
  3. 名前を指定し、テンプレートをファイルに保存する場合はディスク上のプロジェクト テンプレートの場所も指定します。
  4. [概要] フィールドと [タグ] フィールドに値を入力します。
  5. [ツールボックスを含む] オプションを使用すると、すべてのプロジェクト ツールボックスとツールで参照されるデータを含めることができます。

    このオプションがオンでない場合、デフォルト ツールボックスを除くプロジェクト ツールボックスは含まれなくなります。接続されているフォルダー内のツールボックスは、プロジェクト ツールボックスとは見なされないため、この設定の影響を受けません。

  6. [履歴アイテムを含む] オプションを使用すると、すべてのジオプロセシング履歴アイテムと、履歴アイテムを再実行するために必要なデータを含めることができます。

    このオプションがオンでない場合、プロジェクトのジオプロセシング履歴アイテムは含まれなくなります。履歴アイテムが含まれている場合は、ツールを再実行するために必要なすべてのデータが存在し、アクセスできることを確認してください。これらの要件が満たされていない場合、パッケージ化は​​失敗します。

  7. デフォルトでは、テンプレートが [マイ コンテンツ] のルートに格納されます。[フォルダー] ドロップダウン矢印をクリックし、必要に応じてテンプレートが格納される [マイ コンテンツ] 内のフォルダーを選択します。必要に応じて、参照ボタンをクリックして、フォルダーを作成するか、既存のフォルダーを選択します。テキスト ボックスにフォルダーの名前を入力することもできます。
  8. テンプレートをオンライン アカウントにアップロードする場合、その共有方法を次のように指定します。
    • [すべての人に公開] - このオプションを選択すると、コンテンツがパブリックになります。誰もがコンテンツにアクセスして表示することができます。
    • [組織] - このオプションは、組織アカウントでサイン インした場合に表示されます。このオプションを選択すると、コンテンツを組織内のすべての認証済みユーザーと共有できます。
    • [グループ] - 所属するグループのメンバーとコンテンツを共有できます。
  9. [添付ファイル] に含めるアイテムを追加します。このオプションを使用すると、詳細な文書、レポート、グラフなどの他のコンテンツを含めることができます。次のタイプのファイルを含めることはできません。*.js、*.vbs、*.py、*.pyc、*.pyo、*.bat、および *.ocx また、署名された *.dll ファイルと *.exe ファイルだけは含めることができます。
  10. [共有の完了][分析] をクリックして問題がないか確認します。

    エラーと警告は [メッセージ] タブにリストされます。メッセージを右クリックしてヘルプ トピックを開くか、ソフトウェアで処置を行います。Web レイヤーを共有するには、エラー エラー を解決する必要があります。警告 警告 の解決は推奨されますが、必須ではありません。

    GIS リソースの解析の詳細

  11. 整合チェックが終了したら、[作成] をクリックしてテンプレートを作成します。

このテンプレートを使用して、新しいプロジェクトを作成できます。

関連トピック