Skip To Content

サポートされているデータ タイプおよびデータ アイテム

ArcGIS Pro では、データベース、ファイルベースのデータセット、および Web サービスから幅広くアイテムを使用できます。また、共有しているマップ、レイヤー、ツール、およびその他のアイテムもプロジェクトに追加することができます。このトピックでは、使用できるデータセットとその他のアイテムを簡単に説明します。[カタログ] ウィンドウ、[カタログ] ビュー、および [参照] ダイアログ ボックスで使用できるアイテムを次に示します。これらの表には、該当するアイテムを ArcGIS Pro で作成できるかどうか、マップやテーブルで表示または編集できるかどうか、プロジェクトに追加またはインポートできるかどうかなどの情報が記載されています。

ArcGIS Online および Portal for ArcGIS

ArcGIS Pro は、アクティブなポータルから使用できる多数のアイテムをサポートしています。

アイテム作成表示 (読み取り)編集 (書き込み)備考

ビッグ データ ファイル共有

No

Yes

No

Web マップには、ビッグ データ ファイル共有を直接追加できません。ビッグ データ ファイル共有は、GeoAnalytics ツール への入力として使用されます。これらのツールからの解析結果は、マップに追加されます。注意: ArcGIS Enterprise を使用するには、GeoAnalytics Server 10.5 以降が GeoAnalytics ツール に構成されている必要があります。

CAD ドローイング

No

Yes

No

CAD データセットを含む Zip ファイルがダウンロードされて抽出されます。

標高レイヤー

Yes

Yes

No

標高レイヤーを標高サーフェスとしてシーンに追加できます。Web シーンが公開されると、そのシーンで使用されているローカル標高サーフェスが標高レイヤーとして公開されます。

フィーチャ レイヤー

Yes

Yes

Yes

フィーチャ レイヤーに含まれるレイヤーとテーブルにアクセスできます。フィーチャ コレクション レイヤーは、他のフィーチャ レイヤーと同様に使用できます。

フィード レイヤー

No

Yes

No

これらのレイヤーは、ArcGIS Analytics for IoT を使用して作成されます。

ジオプロセシング パッケージ

Yes

Yes

No

パッケージがダウンロードされて展開されます。パッケージがプロジェクトに追加されるときにアクティブなレイヤーがあれば、パッケージ内のレイヤーがマップに追加されます。

レイヤー パッケージ

Yes

Yes

No

パッケージがダウンロードされて展開されます。レイヤーのコピーがマップに追加されます。

イメージ レイヤー

Yes

Yes

No

イメージ レイヤーがモザイク データセットから公開されている場合、イメージ レイヤー内の画像にもアクセスできます。

KML レイヤー

No

Yes

No

レイヤー ファイル

No

Yes

No

ファイルがダウンロードされます。レイヤーのコピーがマップに追加されます。

レイヤー パッケージ

Yes

Yes

No

パッケージがダウンロードされて展開されます。レイヤーのコピーがマップに追加されます。

レイアウト ファイル

No

Yes

No

ファイルがダウンロードされます。レイアウトのコピーがプロジェクトに追加されます。

Locators

Yes

Yes

No

ロケーターはプロジェクトによって参照されます。

マップ イメージ レイヤー

Yes

Yes

No

マップ イメージ レイヤーを作成するには、Portal for ArcGIS 10.4 以降が必要です。データへのアクセスが有効になっている場合は、マップ イメージ レイヤー内のレイヤーにアクセスできます。

マップ ファイル

No

Yes

No

ファイルがダウンロードされます。マップのコピーがプロジェクトに追加されます。

マップ パッケージ

Yes

No

No

パッケージがダウンロードされて展開されます。マップのコピーがプロジェクトに追加されます。

モバイル マップ パッケージ

Yes

Yes

No

パッケージがダウンロードされて展開されます。マップのコピーがプロジェクトに追加されます。

モバイル シーン パッケージ

Yes

Yes

No

パッケージがダウンロードされて展開されます。シーンのコピーがプロジェクトに追加されます。

OGC WFS (Web フィーチャ サービス) フィーチャ レイヤー

Yes

Yes

No

OGC WMS (Web マップ サービス) マップ イメージ レイヤー

Yes

Yes

No

OGC WMS マップ イメージ レイヤーを作成するには、Portal for ArcGIS 10.4 以降が必要です。

OGC WMTS (Web Map Tile Service) タイル レイヤー

No

Yes

No

WMTS タイル レイヤーは、マップに追加できます。

プロジェクト パッケージ

Yes

No

No

パッケージがダウンロードされて展開された後に開きます。

プロジェクト テンプレート

Yes

No

No

パッケージがダウンロードされて展開された後に開きます。

ラスター関数テンプレート

No

Yes

No

レポート ファイル

No

Yes

No

ファイルがダウンロードされます。レポートのコピーがプロジェクトに追加されます。

ルート レイヤー

Yes

Yes

No

ルール パッケージ

No

No

No

シーン レイヤー

Yes

Yes

Yes

ホスト シーン レイヤーを作成するには、データ ストアを搭載した Portal for ArcGIS 10.3.1 以降が必要です。シーン レイヤーに含まれるレイヤーにもアクセスできます。関連するフィーチャ レイヤーを持つポイントおよび 3D オブジェクト シーン レイヤーの編集は、ArcGIS Online ArcGIS Enterprise 10.6.1 以降でホストされているレイヤーでサポートされています。詳細については、「関連するフィーチャ レイヤーを持つシーン レイヤーの編集」をご参照ください。

シーン レイヤー パッケージ

Yes

Yes

No

パッケージがダウンロードされて、パッケージを参照するレイヤーがマップ内に作成されます。

時空間レイヤー

No

Yes

No

時空間テーブル

No

Yes

No

ストリーム レイヤー

No

Yes

No

スタイル

No

Yes

No

スタイル (*.stylx) ファイルがダウンロードされて、プロジェクトに追加されます。

テーブル

Yes

Yes

Yes

ホスト テーブルを作成できます。個々のテーブルにもアクセスできます。フィーチャ コレクション テーブルは、他のテーブルと同様に使用できます。

タスク ファイル

No

Yes

No

ファイルがダウンロードされます。タスクのコピーがプロジェクトに追加されます。

タイル レイヤー

Yes

Yes

No

ホスト タイル レイヤーを作成できます。データへのアクセスが有効になっている場合は、タイル レイヤーに含まれるレイヤーとテーブルにもアクセスできます。

タイル パッケージ

No

Yes

No

ベクター タイル レイヤー

Yes

Yes

No

ベクター タイル レイヤーを作成できます。

ベクター タイル パッケージ

Yes

Yes

No

パッケージがダウンロードされて、パッケージを参照するレイヤーがマップ内に作成されます。

Web マップ

Yes

Yes

No

マップのコピーがプロジェクトに追加されます。マップが元のアイテムにリンクされます。

Web シーン

Yes

Yes

No

シーンのコピーがプロジェクトに追加されます。シーンが元のアイテムにリンクされます。

Web ツール

Yes

Yes

No

サービス

ArcGIS Server への接続と Open Geospatial Consortium, Inc. への接続が作成できます。(OGC) WCS、WFS、WMS、および WMTS サービスへの接続も作成できます。

提供されている URL および認証情報で許可されている権限のレベルによっては、ユーザーレベルまたは公開者レベルの権限で ArcGIS Server への接続が作成できます。認証情報で許可されている場合は、接続が確立されると、接続を変更して管理者レベルの権限を与えることができます。

ArcGIS Pro で、アクティブなポータルを使用して Web レイヤーを共有します。アクティブなポータルに関連付けられたサーバーに接続している場合、Web レイヤーに関連付けられたホスト サービスにアクセスできますが、アクセスできるのはデータのみです。マップ上にデータを描画する方法を決定する情報は、アクティブなポータルの Web レイヤーに定義され、サービスに直接アクセスするときは使用できません。

さらに、マップ、フィーチャ、イメージ、ジオコード、およびジオプロセシング サービスも、スタンドアロン ArcGIS Server サーバー サイトに公開できます。

次の情報は、ArcGIS Server、WCS、WFS、WMS、または WMTS 接続からアクセスできるサービスに関するものです。

アイテム作成表示 (読み取り)編集 (書き込み)備考

ArcGIS フィーチャ サービス

Yes

Yes

Yes

編集と検索を直接実行することができます。フィーチャ サービスに含まれるレイヤーとテーブルにもアクセスできます。

ArcGIS ジオコーディング サービス

Yes

Yes

No

ArcGIS ジオプロセシング サービス

Yes

Yes

No

ArcGIS グローブ サービス

No

Yes

No

グローブ サービスから提供される標高データをシーンの地表として利用できます。

ArcGIS イメージ サービス

Yes

Yes

No

該当するイメージ サービスから提供される標高データをシーンの地表として利用できます。イメージ レイヤーがモザイク データセットから公開されている場合、イメージ レイヤー内の画像にもアクセスできます。

ArcGIS マップ サービス

Yes

Yes

No

データへのアクセスが有効になっている場合は、マップ サービスに含まれるレイヤーとテーブルにもアクセスできます。ダイナミック マップ サービス内のダイナミック レイヤーは、Web レイヤーから追加されるときか、Web マップを開くときにのみ使用できます。

ArcGIS シーン サービス

No

Yes

Yes

関連するフィーチャ サービスを持つポイントおよび 3D オブジェクト シーン サービスの編集は、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 10.6.1 以降でホストされているサービスでサポートされています。詳細については、「関連するフィーチャ レイヤーを持つシーン レイヤーの編集」をご参照ください。

ArcGIS ストリーム サービス

No

Yes

No

OGC WCS (Web カバレッジ サービス)

No

Yes

No

OGC WFS (Web フィーチャ サービス)

No

Yes

No

OGC WMS (Web マップ サービス)

No

Yes

No

OGC WMTS (Web マップ タイル サービス)

No

Yes

No

ジオデータベース データ

ArcGIS Pro では、ファイル ジオデータベースとエンタープライズ ジオデータベースがサポートされています。バージョニングは、エンタープライズ ジオデータベースでサポートされます。

アイテム作成表示 (読み取り)編集 (書き込み)備考

ジオデータベース フィーチャクラス

Yes

Yes

Yes

ジオデータベース フィーチャ データセット

Yes

Yes

No

フィーチャ データセットのコンテンツは、マップに追加されます。

ジオデータベース ジオメトリック ネットワーク

No

Yes

No

ネットワーク クラスの表示にのみ対応しています。ネットワーク クラスを開いたり、編集および解析したりすることはできません。

ジオデータベース モザイク データセット

Yes

Yes

Yes

詳細は、「サポートされているセンサーのリスト」をご参照ください。

ジオデータベース ネットワーク データセット

Yes

Yes

Yes

新しいネットワークデータセットを作成して、そのソース、移動モード、コスト、制限およびルート案内などのプロパティを編集できます。また、ネットワークのソース フィーチャの編集とネットワークの構築も実行できます。

ジオデータベース パーセル ファブリック

Yes

Yes

Yes

ArcGIS Pro 内で作成されたパーセル ファブリックは、ホストされないフィーチャ レイヤーとして公開された場合に編集できます。

ジオデータベース ラスター データセット

Yes

Yes

Yes

詳細は、「サポートされているセンサーのリスト」をご参照ください。

ジオデータベース リレーションシップ クラス

Yes

Yes

Yes

リレーションシップ クラスの作成は、ジオプロセシング ツールでしか実行できません。属性リレーションシップ クラス テーブルを編集することができます。

ジオデータベース テーブル

Yes

Yes

Yes

ジオデータベース テレイン

Yes

Yes

Yes

テレインの作成と編集は、ジオプロセシング ツールでしか実行できません。エンタープライズ ジオデータベースのテレイン データセットは、トラディショナル バージョニングに対応します。

ジオデータベース トポロジ

Yes

Yes

Yes

ジオデータベース ユーティリティ ネットワーク

Yes

Yes

Yes

Data Reviewer セッション

Yes

Yes

Yes

データベース データ

ArcGIS Pro では、数多くのデータベース管理システムがサポートされ、SQLite データベースおよびジオパッケージもサポートされています。

アイテム作成表示 (読み取り)編集 (書き込み)備考

データベース フィーチャクラス

Yes

Yes

Yes

空間列を含む空間テーブルおよびビューを含みます。

ビューではない空間テーブルは、ホストされないフィーチャ レイヤーとして公開された場合に、編集できます。フィーチャ レイヤーをマップに追加してそのデータを編集します。

SQLite データベースとジオパッケージでは、ビューはサポートされていません。

データベース テーブル

Yes

Yes

Yes

空間列を含まない非空間テーブルおよびビューを含みます。

ビューではないテーブルは、ホストされないフィーチャ レイヤーとして公開された場合に、編集できます。フィーチャ レイヤーをマップに追加してそのデータを編集します。

SQLite データベースとジオパッケージでは、ビューはサポートされていません。

ファイルに格納されているデータ

ArcGIS Pro では、ファイルに格納される複数の種類のデータがサポートされています。

アイテム作成表示 (読み取り)編集 (書き込み)備考

BIM ファイル ワークスペース (*.rvt)

No

Yes

No

CAD データセット (*.dgn、*.dwg、*.dxf)

No

Yes

No

dBASE テーブル (*.dbf)

Yes

Yes

Yes

Excel ワークシート (*.xls、*.xlsx)

No

Yes

No

関数ラスター (*.afr)

Yes

Yes

Yes

KML ファイル (*.kml、*.kmz)

No

Yes

No

LAS データセット (*.las、*.lasd、*.zlas)

Yes

Yes

Yes

モーション イメージ

No

Yes

No

Image Analyst で使用できるサポート対象形式のリストをご参照ください。

ラスター データセット

Yes

Yes

Yes

詳細は、「サポートされているセンサーのリスト」をご参照ください。

ラスター プロダクト

No

Yes

No

詳細は、「サポートされているセンサーのリスト」をご参照ください。

シーン レイヤー パッケージ (.slpk、.spk)

Yes

Yes

No

シェープファイル (*.shp)

Yes

Yes

Yes

テキスト テーブル (*.csv、*.txt)

No

Yes

No

タイル パッケージ (*.tpk、*.tpkx)

Yes

Yes

No

TIN データセット

Yes

Yes

Yes

ベクター タイル パッケージ (*.vtpk)

Yes

Yes

No

プロジェクトに追加できるアイテム

ArcGIS Pro で作成されたアイテムを既存のプロジェクトに追加できます。該当するアイテムのコピーがプロジェクトに追加されるか、該当するアイテムがプロジェクトから参照されます。

アイテム備考

ArcGIS クラウド ストレージ フォルダー接続 (*.acs)

プロジェクトで使用できるのは、この場所に格納されたラスター データセットのみです。

ArcGIS ハフ モデル (.huffmodel)

ArcGIS セグメンテーション プロファイル (.sgprofile)

ArcGIS セグメンテーション ターゲット グループ (.sgtargetgroup)

ArcGIS Server コネクション (*.ags)

ArcGIS 統計データ コレクション (*.sdcx)

Data Reviewer バッチ ジョブ (*.rbj)

Data Reviewer ワークスペース コネクション (*.gdb)

データベース コネクション (*.sde)

エンタープライズ ジオデータベースおよびデータベースへの接続がプロジェクトに追加されます。

ファイル ジオデータベース (*.gdb)

GeoPackage (.gpkg)

ジオプロセシング パッケージ (*.gpkx)

[ジオプロセシング履歴] でツールがプロジェクトに追加されます。パッケージにデータが含まれる場合、グループ レイヤーも現在のマップに追加されます。

レイヤー ファイル (*.lyrx)

レイヤーのコピーがマップに追加されます。

レイヤー パッケージ (*.lpkx)

レイヤーのコピーがマップに追加されます。

レイアウト ファイル (*.pagx)

レイアウトのコピーがプロジェクトに追加されます。レイアウト ファイル内のマップのコピーがプロジェクトにも追加されます。

ロケーター (*.loc)

マップ ファイル (*.mapx)

マップのコピーがプロジェクトに追加されます。

マップ パッケージ (*.mpkx)

マップのコピーがプロジェクトに追加されます。

モバイル ジオデータベース (*.geodatabase)

ArcGIS Pro からアクセスしたモバイル ジオデータベースは、シンプル フィーチャのワークフローでのみサポートされます。シンプル フィーチャと属性を編集したり、編集操作を元に戻す/やり直すことができます。フィーチャのリレーションシップおよびファイル アタッチメントを編集することもできます。トポロジやネットワーク ルールの管理など、高度な振舞いに関連付けられたワークフローはサポートされていません。

OGC WCS サーバー コネクション (*.wcs)

接続のコピーがホーム フォルダー内に作成されて、プロジェクトに追加されます。

OGC WFS サーバー コネクション (*.wfs)

接続のコピーがホーム フォルダー内に作成されて、プロジェクトに追加されます。

OGC WMS サーバー コネクション (*.wms)

接続のコピーがホーム フォルダー内に作成されて、プロジェクトに追加されます。

OGC WMTS サーバー コネクション (*.wmts)

接続のコピーがホーム フォルダー内に作成されて、プロジェクトに追加されます。

Python ノートブック (.ipynb)

レポート ファイル (*.rptx)

レポートのコピーがプロジェクトに追加されます。レポート ファイル内のマップのコピーがプロジェクトにも追加されます。

SQLite データベース (*.sqlite)

スタイル (*.stylx)

タスク (*.esriTasks)

タスク アイテムのコピーがプロジェクトに追加されます。

ツールボックス (ジオデータベース、*.pyt、*.tbx)

Workflow Manager データベース接続 (*.jtc)

プロジェクトにインポートできるアイテム

元のアイテムが ArcGIS Pro 形式に変換され、変換後のアイテムがプロジェクトまたはプロジェクト内のマップに追加されます。変換後のアイテムのコピーがプロジェクトに追加されるか、変換後のアイテムがプロジェクトから参照されます。元のアイテムへのリンクは存在しません。これらのアイテムは、ArcGIS Pro で作成されたものではありません。

アイテム備考

ArcGlobe ドキュメント (*.3dd)

シーンがプロジェクトに追加されます。3D グローバル ビューがシーンで使用されます。

ArcMap ドキュメント (*.mxd)

データ フレームごとのマップがプロジェクトに追加されます。レイアウトもプロジェクトに追加されます。

ArcScene ドキュメント (*.sxd)

シーンがプロジェクトに追加されます。3D ローカル ビューがシーンで使用されます。

マップ パッケージ (*.mpk)

マップがプロジェクトに追加されます。

モバイル マップ パッケージ (*.mmpk)

マップがプロジェクトに追加されます。

モバイル シーン パッケージ (*.mspk)

シーンがプロジェクトに追加されます。

レイヤー パッケージ (*.lpk)

レイヤーがプロジェクト内のマップまたはシーンに追加されます。

レイヤー ファイル (*.lyr)

レイヤーがプロジェクト内のマップまたはシーンに追加されます。

スタイル (*.style)

ArcGIS Pro スタイル (*.stylx) ファイルが作成されてプロジェクトのホーム フォルダー内に保存された後、プロジェクトに追加されます。

プロジェクトで使用できるファイル

一部のファイルは、プロジェクトで業務をサポートするために使用できます。たとえば、XML ファイルには、1 つのソースから提供される一連のアイテムを記述するメタデータが含まれている場合があります。

アイテム備考

拡張マークアップ言語 (*.xml)

  • ArcGIS 形式のメタデータ XML ファイルを [カタログ] ビューに表示して編集できます。
  • [カタログ] ビューにマップをインポートするときに作成されたログ ファイルを表示します。
  • ジオデータベース コンテンツを含む XML ファイルをジオプロセシング ツールでの入力または出力として使用できます。

ルール パッケージ (*.rpk)

入力または出力として使用できるファイル

これらのファイルは、ArcGIS Pro 操作やジオプロセシング ツールでの入力または出力として使用できます。たとえば、該当するファイル タイプ (*.prj) からフィーチャクラスに空間参照をインポートして、座標系を定義することができます。これらのファイルは [参照] ダイアログ ボックスでは使用できますが、[カタログ] ウィンドウと [カタログ] ビューでは使用できません。

アイテム備考

3D Studio ファイル (*.3ds)

Adobe Portable Document Format ファイル (*.pdf)

ArcGIS 認証ファイル (*.ecp)

ArcGIS Server サービス定義 (*.sd)

ASCII 再分類ファイル (*.rmp)

ビットマップ ファイル (*.bmp)

Collada ファイル (*.dae)

カラーマップ ファイル (*.clr)

圧縮アーカイブ ファイル (*.z、*.zip)

計算フィールド式ファイル (*.exp、*.cal)

拡張メタファイル (*.emf)

Esri 分類器定義ファイル (*.ecd)

Esri 分類スキーマ ファイル (*.ecx)

実行可能ファイル (*.exe)

探索的解析ツールファイル (*.eat)

プロジェクトとユーザー間で探索的解析ツールの構成を共有するには、「これらのファイルの使用方法」をご参照ください。

XSLT (Extensible Stylesheet Language Transformations) (*.xsl、*.xslt)

FDP ファイル (*.fdp)

FME Workbench ファイル (*.fmw)

適切なエクステンションが有効になっている必要があります。

GeoJSON ファイル (*.geojson)

ジオプロセシング パッケージ (*.gpk)

GL Transmission 形式バイナリ ファイル (*.glb)

GL Transmission 形式ファイル (*.gltf)

GPS Exchange Format (*.gpx)

Graphic Interchange Format (*.gif)

HTML (*.html)

JavaScript Object Notation (*.json)

Joint Photographic Experts Group (*.jpeg)

ラベル条件式ファイル (*.lxp)

ロケーター パッケージ (*.gcpk)

Maplex 略語辞書 (*.dic)

MS-DOS コマンド ファイル (*.com)

NetCDF データセット (*.nc)

OpenFlight ファイル (*.flt)

OpenSceneGraph バイナリ ファイル (*.osgb)

Oriented 画像カタログ ファイル (*.oic)

Portable Network Graphics (*.png)

Python スクリプト (*.py)

クエリ条件式ファイル (*.exp)

R スクリプト (*.r)

ArcGIS Pro の「R スクリプトの使用の詳細」をご参照ください。

ランダム フォレスト分類 ファイル (*.rfm)

ラスター関数テンプレート (*.rft.xml)

ラスター カタログ

ジオデータベース モザイク データセットにラスター カタログを移行します。

スケーラブル ベクター グラフィックス (*.svg)

サービス定義 (*.sd)

SketchUp ファイル (*.skp)

Spatial Analyst シグネチャ ファイル (*.gsg)

空間参照ファイル (*.prj)

空間ウェイト マトリックス ファイル (*.swm)

タイル パッケージ (*.tpk)

トポロジ ルール ファイル (*.rul)

UAV/UAS カメラ ファイル (*.cam)

仮想現実モデリング言語ファイル (*.wrl)

Wavefront Object ファイル (*.obj)

Windows バッチ ファイル (*.batj)

ワールド ファイル (*.wld)

3D ワールド ファイル (*.wld3)

関連トピック