Skip To Content

プロジェクトの操作に関する用語

以下の用語は、ArcGIS Pro アプリケーションでプロジェクトを操作する際によく表示されます。

投影変換

ArcGIS プロジェクトは、作業の実行に必要なマップ、レイヤー、ツール、データセットなどの GIS リソースのコレクションの管理に役立ちます。プロジェクトは、組織のポータル内のコンテンツおよびファイル システム上のコンテンツを参照できます。一部のプロジェクト アイテムは、プロジェクト内に直接保存されます。

プロジェクトは、ArcGIS Pro アプリケーションで作成および開くことができます。作成したプロジェクトは、ファイル システムに保存できます。ArcGIS Pro がデフォルトでプロジェクトを保存および検索する既知の場所は、ユーザー プロファイル内の Documents\ArcGIS\Projects フォルダーです。

プロジェクト アイテム

プロジェクト アイテムは、プロジェクト内に格納されたアイテム、またはプロジェクト内に格納されたアイテムからアクセスされるアイテムであり、[カタログ] ウィンドウまたは [カタログ] ビューで使用できます。マップ、グローブ、シーン、レイアウト、およびタスクは、プロジェクトに格納されます。ツールボックス、スタイル、データベース、サーバー、ロケーター、およびフォルダーへの接続は、プロジェクトに保存されます。ツールボックス、データベース、フォルダーに格納されたデータなどは、プロジェクトに保存されません。

マップはプロジェクト アイテムであり、サーバー接続もプロジェクト アイテムです。プロジェクト内のフォルダー接続から使用できないローカルに格納されたデータ ファイルは、プロジェクト アイテムではありません。

ポータル アイテム

ポータル アイテムは、アクティブなポータルからアクセスできるアイテムであり、[カタログ] ウィンドウまたは [カタログ] ビューで使用できます。[カタログ] ウィンドウの [ポータル] タブでは、Web マップと Web シーンをプロジェクトに追加でき、フィーチャ、タイル、および画像レイヤーをプロジェクトのマップに追加できます。

プロジェクトのお気に入り

プロジェクトのお気に入りは、よく使用されるフォルダー、データベース、およびサーバー接続のリストです。このリストは、ネットワークがローミング ユーザー プロファイルをサポートしている場合、ローカル ネットワークのどこからでも使用できます。お気に入りのアイテムを現在のプロジェクトにすばやく追加できます。プロジェクトにお気に入りを追加した後、そのコンテンツを参照、検索、使用できます。プロジェクトのお気に入りは、[カタログ] ウィンドウおよび [カタログ] ビューで管理されています。

プロジェクト パッケージ

プロジェクト パッケージによって、プロジェクトの共有と履歴管理が簡単になります。プロジェクト パッケージは、ポータルを介して組織全体で共有されて、情報のやりとりと共同作業をサポートすることができます。ユーザーは、プロジェクト アイテムおよびプロジェクト アイテムが参照しているデータを表示できます。チームのメンバーは、同じプロジェクト パッケージを使用して、そのマップとシーンが参照しているデータを更新したり、送付のためにドキュメントを印刷したりできます。

プロジェクト パッケージは、エンタープライズ データセットを参照するか、すべてのコンテンツを 1 つのパッケージに統合することができます。統合されたプロジェクト パッケージは、会社のリソースにアクセスできないユーザーに配信したり、完了した作業のアーカイブを作成するために、単独で保存することができます。ArcGIS プロジェクト パッケージには、以下を含めることができます。

  • マップ、シーン、レイアウト
  • 埋め込まれたデータベース、またはエンタープライズ データセットの場所への接続
  • 主要なワークフローのタスク
  • ツール
  • データ ディクショナリや仕様などのドキュメント

プロジェクト テンプレート

プロジェクト テンプレートは、特殊なプロジェクト パッケージです。プロジェクト テンプレートを使用して、定義済みの一連のマップ、タスク、接続などを含む新しいプロジェクトを作成できます。ArcGIS Pro がデフォルトでプロジェクト テンプレートを保存および検索する既知の場所は、ユーザー プロファイル内の Documents\ArcGIS\ProjectTemplates フォルダーです。

データセット

データセットは、マップに追加できるプロジェクト アイテムまたはポータル アイテムです。データセットの例には、フィーチャクラス、テーブル、データへのアクセスを提供するサービス、レイヤー パッケージ、画像レイヤーなどがあります。データセットは、オンラインまたはファイル システム上に格納できます。

データ ソース

データ ソースは、レイヤーの接続先のデータセットです。

レイヤー テンプレート

レイヤー テンプレートは、ArcGIS Pro がそれらを検索する特定の場所で提供されるスキーマのみのレイヤー パッケージです。

[ホーム] フォルダー

プロジェクトのホーム フォルダーは、プロジェクト ファイルが格納される場所です。新しいファイル ジオデータベースがプロジェクトのデフォルト ジオデータベースとして作成された場合、そのファイル ジオデータベースはプロジェクトのホーム フォルダーにも作成されます。

デフォルト ジオデータベース

すべてのプロジェクトには、デフォルト ジオデータベースとして機能するファイル ジオデータベースが含まれています。デフォルトでは、新しいプロジェクトを作成したときに、新しいファイル ジオデータベースが作成されて、そのプロジェクト専用のデフォルト ジオデータベースとして機能します。ただし、代わりに既存のジオデータベースをデフォルト ジオデータベースとして指定できます。

ジオプロセシング環境では、プロジェクトのデフォルト ジオデータベースを使用してデフォルト ワークスペースが決定され、そのワークスペースに、ジオプロセシング操作で作成された出力アイテムが格納されます。同様に、新しいマップ レイヤーをレイヤー テンプレートから作成した場合、レイヤー データを含む新しいデータセットがデフォルト ジオデータベースに作成されます。

デフォルト ツールボックス

すべてのプロジェクトには、デフォルト ツールボックスとして機能するツールボックスが含まれています。デフォルトでは、新しいプロジェクトを作成したときに、新しいツールボックスが作成されて、そのプロジェクト専用のデフォルト ツールボックスとして機能します。ただし、代わりに既存のツールボックスをデフォルト ツールボックスとして指定できます。プロジェクトで作成した新しいモデルは、デフォルト ツールボックスに格納されます。

メタデータ

ArcGIS 内のアイテムを説明する情報は、メタデータと呼ばれます。わかりやすい説明が提供されている場合は、検索機能を使用して適切なアイテムを探し、検索結果の中からどのアイテムが最も使用に適しているかを評価できます。通常、組織には、アイテムをドキュメント化するために、どの程度のコンテンツをアイテムのメタデータで提供する必要があるかを決める基準があります。

アイテムのメタデータ コンテンツの一部は、ArcGIS Online などの ArcGIS ソフトウェアの機能を強化するために使用されます。メタデータは、タイトル、タグ、サムネイル、サマリー、説明、著作権、使用制限、範囲、および縮尺範囲で構成されています。アイテムをパッケージ化して共有するときに完全なメタデータがまだ提供されていない場合、ArcGIS では、そのレベルの情報を入力できます。このアイテムのメタデータのサブセットは、多くの場合、アイテム説明と呼ばれます。

[オプション] ダイアログ ボックスで作成するメタデータのスタイルを設定し、[カタログ] ビューからアイテムのメタデータの編集を開始します。

関連トピック