Skip To Content

レポート データのフィルター処理

レポートは、[新しいレポートの作成] ウィンドウで初期作成プロセス中に定義するデータ ソースから作成されます。デフォルトでは、すべての行とフィールドがレポートに含まれます。行は、現在の選択を使用するようフィルター処理することも、SQL クエリを構築してフィルター処理することもできます。フィールドは、チェックすることもチェック解除することもでき、希望の順番で並べることができます。

フィールドのフィールド エイリアスが存在する場合は、レポートの作成時に自動的に列ヘッダーとして使用されます。

[新しいレポートの作成] ウィンドウでのデータのフィルター処理

  1. [挿入] タブの [プロジェクト] グループで、[新しいレポート] 新規レポート をクリックして [新しいレポートの作成] ウィンドウを開きます。

    または、[コンテンツ] ウィンドウ内でレイヤーを右クリックして [新しいレポート] 新規レポート をクリックし、ウィンドウを開いてレポートのデータ ソースを直接設定します。

  2. [新しいレポートの作成] ウィンドウで、[レポート名] および [データ ソース] オプションを確認または更新し、[次へ] をクリックします。
  3. [行] メニューを展開し、データのフィルター処理を設定します。以下の選択項目があります。
    • [すべての行] - すべてのデータがレポートで使用されます。
    • [選択行] - マップで選択したデータのみがレポートで使用されます。
    • [条件式によるフィルター処理] - カスタム クエリで定義されたデータのみがレポートで使用されます。
  4. 使用しないフィールドをオフにして、レポートに含めるフィールドを指定します。選択したフィールドをクリックおよびドラッグして並べ替えます。
  5. [次へ] をクリックし、続いて [データの整理] オプションを実行するか、[完了] をクリックし、現在の構成を使用してレポート ビューを生成します。
メモ:

レポートをエクスポートする場合は、現在の選択が優先されます。そのため、レポートの作成とエクスポートで選択内容を調整すると、現在の選択内容 (つまり、最後の選択内容) が使用されます。

作成後のレポートへのフィールドの追加

レポート ビューで開かれているレポートのグループ ヘッダーまたは詳細セクションにフィールドを追加するには、次の手順を実行します。

メモ:

グループ ヘッダー セクションに追加されるフィールドには、最初に出現した値のみが示されます。

  1. [コンテンツ] ウィンドウまたはレポート ビューのいずれかでフィールドの追加先となるレポートのセクションをクリックし、アクティブにします。
  2. [挿入] タブの [データ] グループで [フィールド] ボタン フィールド をクリックします。

    [フィールド値の挿入] ウィンドウが表示されます。

  3. 追加するフィールドを選択します。数値フィールドが選択されると、数値形式の設定も選択されることがあります。
  4. [OK] をクリックし、フィールドが表示されるボックスを描画します。

指定したフィールドが動的エレメントとしてレポートの指定された位置に追加されます。

関連トピック