Skip To Content

ジオコード サービスの公開

ジオコード サービスは、Web 上でジオコーディング機能を提供します。ロケーターをスタンドアロン ArcGIS Server に公開することで、ジオコーディング機能を ArcGIS Server にアクセスできるユーザーなら誰でも利用できるようになります。ジオコード サービスは、住所や場所の検索、住所や場所のテーブルのジオコーディング、リバース ジオコーディングによる場所に関する情報の検索、対話型のオートコンプリート候補の提供など、さまざまな操作をサポートします。

メモ:

このワークフローはスタンドアロン ArcGIS Server での公開時にのみ使用できます。ArcGIS Enterprise とフェデレートされたサーバーでロケーターを共有する場合は、「ロケーターの共有」をご参照ください。

また、ArcPy を使用してジオコード サービスをスタンドアロン サーバーに公開することもできます。詳細については、「CreateGeocodeSDDraft」をご参照ください。

ロケーターを公開する前に、サーバー内のロケーター データの管理に使用できるオプションがいくつかあります。ロケーター データの管理の詳細については、次のトピックをご参照ください。

ジオコード サービスを公開するには、次の手順に従います。

  1. [カタログ] ウィンドウまたはカタログ ビューで、プロジェクトのサーバーの一覧を参照します。公開先となる ArcGIS Server を右クリックし、[公開] をクリックして [ジオコード サービス] ジオコーディング サービス をクリックします。

    [公開] メニューは、サービスの公開権限を持つスタンドアロン サーバーとの ArcGIS Server 接続に対してのみ表示されます。

  2. [ロケーターの選択] ダイアログ ボックスで、公開するロケーターを参照して選択し、[OK] をクリックします。
  3. [ジオコード サービスの公開] ウィンドウで、サービスの [名前] を入力し、[サマリー][タグ] を追加します。

    メモ:
    サービス名は 120 文字以内とし、英数字とアンダースコア (_) のみを含めることができます。

  4. [フォルダー] メニューに、サーバー上でサービスの保存先にするフォルダーを指定します。フォルダーが存在していない場合は、フォルダーの名前を入力します。フォルダーを指定しない場合、サービスはルート フォルダーに保存されます。
  5. [構成] タブで、ジオコード サービスのプロパティを設定します。必要に応じて [ケーパビリティ] を有効化して対象サービスの使用を許可するユーザーを選択し、そのサービスをサーバーでどのように公開するかを詳細に設定できます。

    サービス プロパティの設定の詳細については、「ジオコード サービスの構成」をご参照ください。サービスの最適な実装方法については、「サービスのチューニングと構成」をご参照ください。

  6. 必要に応じて、[コンテンツ] タブをクリックし、新しいサービスの構造を表示します。
  7. [分析] をクリックし、潜在的な問題や制限を特定します。解析によって生成されたエラーや警告は [メッセージ] タブに表示されます。メッセージを右クリックして、詳細情報を表示したり、関連するヘルプ トピックにアクセスしたり、推奨される解決策を入手したりできます。

    これらの問題の解決の詳細については、「GIS リソースの分析」をご参照ください。

    メモ:
    解析ツールのヘルプ トピックでは、公開対象のサービスに対応するロケーターを取り上げています。たとえば、ジオコード サービスに対する分析については、コンポジット ロケーターについて言及したヘルプ トピックをご参照ください。

  8. エラーを解決し、必要に応じて警告を解決したら、[公開] をクリックします。
  9. サービスが正常に公開されたら、必要に応じて [サービスの管理] リンクをクリックしてサービス REST エンドポイントにアクセスします。

関連トピック