Skip To Content

Web シーン レイヤーの共有

ArcGIS Pro では、アクティブなポータルでアイテムとして保存される Web シーン レイヤーを作成して共有できます。3D ポイント、マルチパッチ、ビルディング、および LAS データセットをローカルまたはグローバル シーンで Web シーン レイヤーとして共有できます。

Web シーン レイヤーは、シーン レイヤー パッケージ (*.slpk) または関連付けられたフィーチャ レイヤーから生成できます。データはポップアップを通じて操作でき、レイヤーのシンボルを変更できます。フィーチャ レイヤーと関連付けられた Web シーン レイヤーは、シンボルに使用される豊富な統計情報と、現在のビューにないフィーチャを検索およびクエリする機能を提供し、編集ワークフローをサポートします。Web シーン レイヤーの共有に関する詳細は、「シーン レイヤーとは」をご参照ください。

Web シーン レイヤーを共有するには、ホスト シーン レイヤーを公開する権限が必要です。フィーチャ レイヤーと関連付けられた Web シーン レイヤーは、[すべてのデータをコピー] オプションを使用して ArcGIS Online および ArcGIS Enterprise で共有する場合、ホスト フィーチャ レイヤーを公開する権限がさらに必要です。また、[登録済みデータを参照] オプションを使用して ArcGIS Enterprise で共有する場合は、代わりにサーバーベースのレイヤーを公開する権限が必要です。

Web シーン レイヤーは、シーンの投影法で公開されます。Web シーン レイヤーを既存の Web シーンで利用する場合、シーンの投影法が正しいことを確認してください。公開対象の 3D フィーチャ レイヤーを作成する際のその他のガイドラインは、「操作レイヤー」をご参照ください。

Web シーン レイヤーは、視覚化のためのキャッシュ作成が完了した後でしか表示できません。[ジョブ ステータス] ウィンドウまたはアイテム詳細ページでキャッシュ ステータスを確認できます。

デフォルト構成を使用した Web シーン レイヤーの共有

このワークフローでは、デフォルト設定を使用して Web シーン レイヤーを共有する方法について説明します。デフォルト構成を変更する方法については、「Web シーン レイヤーの構成」をご参照ください。

  1. 3D シーンを開きます。
  2. [コンテンツ] ウィンドウの [3D レイヤー] カテゴリからマルチパッチ、ビルディング、ポイント、または LAS データセットを選択します。選択したレイヤーを右クリックし、[共有] メニューをポイントして、[Web レイヤーとして共有] Web レイヤーとして共有 をクリックします。

    [Web レイヤーとして共有] ウィンドウが表示されます。

  3. Web レイヤーの名前を指定します。
  4. [概要] フィールドと [タグ] フィールドに値を入力します。
  5. フィーチャ レイヤーと関連付けられた Web シーン レイヤーを ArcGIS Enterprise で共有するとき、フィーチャ レイヤーで登録済みデータ ソースを参照する場合は、[登録済みデータを参照] オプションをクリックします。[登録済みデータを参照] を有効にすると、マップ イメージ レイヤーが追加されます。
  6. [場所] で、[フォルダー] メニューを使用して、Web レイヤーを保存するポータル コンテンツのフォルダーを選択します。必要に応じて、フォルダーを作成します。

    デフォルトでは、Web レイヤーはポータル コンテンツのルート レベルに格納されます。

    ヒント:

    [参照] ボタン 参照 をクリックし、ポータル コンテンツのフォルダーを参照します。テキスト ボックスにフォルダー名を入力することもできます。

  7. [登録済みデータを参照] を有効にした場合、[サーバーおよびフォルダー] ドロップダウン メニューを使用してマップ イメージ レイヤーと、関連付けられたフィーチャ レイヤーをホスティング サーバーに公開するフォルダーを指定します。フォルダーが存在しない場合は、任意のフォルダー名を入力します。
  8. [共有] の下で、Web レイヤーを共有する方法を指定します。
    • [すべての人に公開] - このオプションを選択すると、コンテンツがパブリックになります。誰もがコンテンツにアクセスして表示することができます。
    • [組織] - このオプションを選択すると、コンテンツを組織内のすべての認証済みユーザーと共有できます。
    • [グループ] - 所属するグループのメンバーとコンテンツを共有できます。
  9. 必要に応じて、[コンテンツ] タブをクリックし、Web レイヤーのフォルダー構造とサブレイヤーを表示します。
  10. [共有の完了][分析] をクリックして問題がないか確認します。

    エラーと警告は [メッセージ] タブにリストされます。メッセージを右クリックしてヘルプ トピックを開くか、ソフトウェアで処置を行います。Web レイヤーを共有するには、エラー エラー を解決する必要があります。警告 警告 の解決は推奨されますが、必須ではありません。

    GIS リソースの解析の詳細

  11. メモ:

    フィーチャ レイヤーと関連付けられた Web シーン レイヤーを共有するとき、両方のレイヤーに対して解析ツールの警告が発行されます。

  12. エラーを解決し、必要に応じて警告を修正したら、[公開] をクリックして Web レイヤーを共有します。
  13. Web シーン レイヤーは、キャッシュが完了するまで表示することができません。サーバー上にキャッシュを構成するとき、Web シーン レイヤーを正常に共有した後もキャッシュの作成は続行されます。キャッシュの生成ステータスを表示するには、次の手順を実行します。
    • [ジョブ] ボタンをクリックして、[ジョブ ステータス] ウィンドウで公開されている Web シーン レイヤーのキャッシュ生成ステータスを表示します。
    • [Web レイヤーの管理] リンクをクリックして Web レイヤーを管理し、アイテム詳細ページからキャッシュ ステータスを表示します。

古いポータルで共有する際の考慮事項

Web シーン レイヤーは ArcGIS OnlineArcGIS Enterprise、および Portal for ArcGIS 10.3.1 以降で共有できますが、共有するバージョンによっては一部の機能がサポートされません。古いバージョンで共有する場合の制限を以下に示します。

ArcGIS Enterprise 10.7.1 以前

  • 編集情報の記録の保存を行えません。

ArcGIS Enterprise 10.6.1 以前

  • ビルディング レイヤーは Web シーン レイヤーとして共有できません。

ArcGIS Enterprise 10.6 以前

  • 登録済みデータを参照する場合、レイヤーはエンタープライズ ジオデータベースから取得する必要があります。

ArcGIS Enterprise 10.5.1 以前

  • マルチパッチ データを共有するとき、編集操作は利用できません。
  • データ オプションは利用できません。すべてのデータがコピーされます。

ArcGIS Enterprise 10.5 および Portal for ArcGIS 10.4.1 以前

  • ローカルにキャッシュするオプションは利用できません。

Portal for ArcGIS 10.3.1

  • 3D ポイント レイヤーは Web シーン レイヤーとして共有できません。
  • Web シーン レイヤーはローカル シーンから共有できません。

関連トピック