ルートの作成

Location Referencing ライセンスで利用可能です。

ルートは、ルートの位置とジオメトリを定義する中心線フィーチャを使用して、LRS ネットワークに作成されます。

ルートの作成に使用される中心線フィーチャは、中心線フィーチャクラスに存在するか、中心線フィーチャクラスにデジタイズされるか (航空写真または他のベースマップをガイダンスとして使用)、他のフィーチャクラスからコピーされて貼り付けられるか、CAD ファイルまたは他の ArcGIS がサポートするデータ ソースからインポートされます。

注意:
  • ラインをサポートするネットワークを編集中、新しいルートを作成すると、新しいラインも作成されます。
  • このツールを実行するには、中心線およびネットワーク フィーチャクラスがマップ上に存在する必要があります。
  • ネットワーク フィーチャクラスに追加フィールドが含まれている場合は、[ルートの作成] ウィンドウに追加の属性テーブルが表示されます。 ユーザーが生成したルート ID を使用するようにネットワークが構成されている場合は、ここにルート名を入力できます。
  • ルートを作成する際は、ギャップ キャリブレーション ルールが適用されます。
  1. 中心線フィーチャクラスとネットワーク フィーチャクラスをマップに追加します。

    または、中心線とネットワーク フィーチャクラスが存在するマップを開きます。

    注意:

    情報モデルでは、特定場所で 1 つの中心線のみが必要です。 編集に使用する中心線が LRS で他の中心線とーオーバーラップしていないことを確認します。

    注意:

    トラディショナル バージョン対応ネットワークは、ジオデータベースへの直接接続を介して編集する必要があります。 ブランチ バージョン対応ネットワーク (ユーザー生成ルート ID を使用して構成されたネットワークを含む) は、フィーチャ サービスを通じて編集する必要があります。

  2. ルートを作成する位置を拡大表示します。

    ルートを作成する前に、ルートの中心線フィーチャクラスに中心線フィーチャが存在している必要があります。

    ネットワークに追加するルートの指定
  3. [Location Referencing] タブの [ルート] グループで [作成] 作成 をクリックします。
    作成ボタンがハイライト表示された Location Referencing タブ

    [ルートの作成] ウィンドウが開き、[四角形による選択] オプション 四角形による選択 がデフォルトで表示されます。

  4. 新しいルートの位置で 1 つまたは複数の中心線を四角形で選択します。

    また、[1 つ以上の中心線を選択] ドロップダウン矢印をクリックして、その他の選択ツール ([ポリゴンによる選択] Select by Polygon[なげなわによる選択] Select by Lasso[円による選択] Select by Circle[ラインによる選択] Select by Line、または [トレースによる選択] トレースによる選択) のいずれかを選択することもできます。

    または、ArcGIS Pro リボンの [マップ] タブにある対話的な選択ツールを使用します。

    選択した中心線がマップ上でハイライト表示され、[ルートの作成] ウィンドウに [1 つ以上の中心線の選択を許可] ボタン 1 つ以上の中心線の選択を許可 が表示されます。 テーブルの上に [選択した中心線] の数が表示されます。

    注意:
    • デジタイズの方向によってキャリブレーションの方向が決まり、デジタイズの方向に増加します。 [中心線の方向を反転] ボタン 中心線の方向を反転 を使用して、選択した中心線の方向を反転させることができます。
    • ルートの作成後、中心線の選択状態を維持できます
    • 中心線が曲線として作成された場合、Pipeline Referencing は曲線を高密度なポリライン フィーチャに変換します。
    マップでの中心線の選択
  5. [1 つ以上の中心線の選択を許可] 1 つ以上の中心線の選択を許可 をクリックします。

    [ルートの作成] ウィンドウにテーブルが表示され、選択した各中心線が、選択順に対応する番号付きの行に表示されます。 選択した中心線は、マップ上で番号が付けられ、ハイライト表示されます。 テーブルの下に [選択した中心線] の数が表示されます。

    属性テーブルを含むルートの作成ウィンドウ
  6. 必要に応じて、[順序] 列から 1 つまたは複数の行を選択し、テーブルの下にあるボタンを使用して、中心線の選択順を変更します。 行をドラッグして、順序を変更することもできます。

    テーブルの選択順の変更は、マップ上にも表示されます。

    中心線テーブルで使用できるツール

    ツールツール名ツールの説明
    1 つ以上の中心線の選択を許可

    1 つ以上の中心線の選択を許可

    マップ上の中心線を選択し、選択順にテーブルに表示することができます。 テーブルの下にある移動ボタンを使用するか、行をドラッグして、選択した中心線の順序を変更できます。

    現在選択されている中心線を消去

    現在選択されている中心線を消去

    選択されている中心線を消去し、選択した中心線を維持します。 このボタンをクリックした後に再度選択するか、[1 つまたは複数の中心線の選択を許可] ボタンをもう一度クリックします。

    選択した中心線を上に移動

    選択した中心線を上に移動

    選択した 1 つまたは複数の中心線を、テーブルの順序で 1 行上に移動します。

    選択した中心線を最上位へ移動

    選択した中心線を最上位へ移動

    選択した 1 つまたは複数の中心線を、テーブルの順序の最上位へ移動します。

    選択した中心線を下に移動

    選択した中心線を下に移動

    選択した 1 つまたは複数の中心線を、テーブルの順序で 1 行下に移動します。

    選択した中心線を最下位へ移動

    選択した中心線を最下位へ移動

    選択した 1 つまたは複数の中心線を、テーブルの順序の最下位へ移動します。

    中心線の方向を反転

    中心線の方向を反転

    選択した中心線の方向を反転させます。

    選択した中心線を削除

    選択した中心線を削除

    選択されている中心線をテーブルの順序から削除しますが、選択したままにします。

    ヒント:

    中心線テーブル内の表示フィールドを変更するには、[コンテンツ] ウィンドウで中心線フィーチャクラスを右クリックして、ショートカット メニューから [プロパティ] を選択します。 [レイヤー プロパティ] ダイアログ ボックスの [表示] タブをクリックし、[表示フィールド] ドロップダウン矢印をクリックして値を変更します。 前の画像では、表示フィールドが OBJECTID になっています。

  7. ルートを追加する [ネットワーク] を選択します。
    注意:

    フィーチャ サービスを使用して編集するには、LRS ネットワークがリニア リファレンスおよびバージョン管理機能を備えた状態で公開される必要があります。

  8. ルートは、新しいライン上または既存のライン上に作成できます。
    • 新しいライン上にルートを作成するには、[ライン名] テキスト ボックスに新しいラインを入力します。
    • 既存のライン上にルートを作成するには、既存ラインの名前を入力するか、[マップからラインを選択] ボタン マップからラインを選択 を使用してマップから既存のラインを選択します。
  9. [ルート名] を指定します。

    ルート名は、選択したネットワークで一意でなければなりません。

  10. ラインをサポートするネットワークにルートを作成する場合は、[ライン名] を入力します。

    ライン名は、選択したネットワークで一意でなければなりません。

  11. [開始日] の横にある [カレンダー] ボタン カレンダー をクリックし、ルートの開始日を選択します。
    ヒント:

    また、[開始日] テキスト ボックスをダブルクリックして今日の日付を自動的に入力するか、[開始日] テキスト ボックスに日付を入力することもできます。

  12. [始点メジャー] テキスト ボックスに値を入力します。 デフォルトは 0.000 です。

    始点メジャー値を計算するには、次の手順を実行します。

    1. [終点メジャー] テキスト ボックスに値を入力します。
    2. [始点メジャー] テキスト ボックスの横にある [開始メジャーの再計算] ボタン 開始メジャー値の再計算 をクリックします。
  13. 必要に応じて、[終点メジャー] 値を更新します。
    注意:

    [終点メジャー] 値には、選択されている中心線のジオメトリの長さが設定されます。

    注意:

    ライン ネットワークの場合、メジャーは 00+00.00 または 00+00.000 形式のステーション値として入力できます。

    終点メジャー値を計算するには、次の手順を実行します。

    1. 必要に応じて、[始点メジャー] 値を更新します。
    2. [終点メジャー] テキスト ボックスの横にある [終了メジャーの再計算] ボタン 終了メジャー値の再計算 をクリックします。
  14. 必要に応じて、ネットワーク フィーチャクラスの追加のフィールド属性を入力します。

    [ルートの作成] ウィンドウの属性フィールドは、コード値ドメインと範囲ドメインをサポートします。 これは、属性値を事前に定義されたリストまたは値の範囲に制限する場合に役立ちます。

  15. [実行] をクリックします。
    注意:

    ルートの編集により、ルート上に 1 つ以上の物理的ギャップが生じる場合、ツールが実行される前に警告するプロンプトが表示されます。 ギャップを含むルートを作成しない場合、[いいえ] と回答し、ルートの編集中にギャップが生じないようにデジタイズされた中心線を編集します。

    編集中のルートにすでに 1 つ以上の物理的ギャップが存在し、編集によって追加の物理的ギャップが生じなかった場合、プロンプトは表示されません。

    アクティブなマップでスナップを有効化するか、[編集] タブ、[スナップ] グループ、[スナップ] ボタン スナップ別にリスト を使用してスナップを有効化することで、未計画の中心線を防ぐことができます。

    この警告は、[オプション] ダイアログ ボックスの [Location Referencing] タブにある [物理的なギャップを作成する可能性があるルートの編集を許可する前に警告] をオフにして無効化することができます。

    ヒント:

    [Location Referencing] タブの [ツール] グループで [ルートの特定] ルートの特定 をクリックし、マップ上の新しいルートをクリックしてその情報を表示します。

    または、ルート上にポインターを移動すると、マップにルートおよびメジャーに関する情報が表示されます。 ポインターを動かすと、ルートおよびメジャーが更新されます。 一か所に複数のルートとメジャーが存在する場合はそれらの情報が表示されます。

    [オプション] ダイアログ ボックスの [Location Referencing] タブで、ルートおよびメジャーの情報を表示するためのマップ縮尺オプションを設定できます。

    開始メジャー値と終了メジャー値を使用して新規に作成されたルート
    ヒント:

    ルートの作成後、中心線の選択状態を維持できます。 このオプションは、エンジニアリング ステーション ネットワークにルートを作成中、同じ中心線を使用して連続ネットワークに対して別のルートを作成する必要がある (またはその逆) 場合に、特に役立ちます。

複雑なルートの作成シナリオ

以下では、ループ ルート、ロリポップ ルート、ブランチ ルート、アルファ ルート、バーベル ルート、および無限ルートを含む、複雑なルートの作成例について説明します。

ループ ルート

次の例では、4 本の中心線 (CL1、CL2、CL3、CL4) を使用してループ ルートを作成します。

4 本の中心線を使用したループ ルートの作成

キャリブレーション ポイントは、ループの始点 (0)、ループの終点 (10)、ループの 3 分の 1 (3.33)、および 3 分の 2 (6.67) の位置に追加されます。

4 つのキャリブレーション ポイントを含むロリポップ ルートを出力

ロリポップ ルート

次の例では、2 本の中心線 (CL1、CL2) を使用してロリポップ ルートを作成します。

2 本の中心線を使用したロリポップ ルートの作成

RouteX は、スティック部分の始点 (0)、ループ部分の終点 (12)、ループ部分の 3 分の 1 (5.33)、および 3 分の 2 (8.67) の位置にあるキャリブレーション ポイントで作成されます。

4 つのキャリブレーション ポイントで作成されたロリポップ ルート

2 つ目の例では、上記の例とは異なる方向にある 2 つの中心線 (CL1、CL2) を使用して、ロリポップ ルートを作成します。

2 本の中心線を使用したロリポップ ルートの作成

RouteX は、ループ部分の始点 (0)、ループ部分の 3 分の 1 (3.33) および 3 分の 2 (6.67)、スティック部分のロリポップの終点 (12) の位置にあるキャリブレーション ポイントで作成されます。

4 つのキャリブレーション ポイントで作成されたロリポップ ルート

ブランチ ルート

次の例では、2 本の中心線 (CL1、CL2) を使用してブランチ ルートを作成します。

2 本の中心線を使用したブランチ ルートの作成

RouteX は、ブランチの始点、ブランチの終点、および仮想的なブランチ エッジの始点と終点の位置にあるキャリブレーション ポイントで作成されます。

4 つのキャリブレーション ポイントで作成されたブランチ ルート

2 つ目の例では、2 本の中心線 (CL1、CL2) を使用してブランチ ルートを作成します。

2 本の中心線を使用したブランチ ルートの作成

RouteX は、ブランチの始点、ブランチの終点、および仮想的なブランチ エッジの始点と終点の位置にあるキャリブレーション ポイントで作成されます。

4 つのキャリブレーション ポイントで作成されたブランチ ルート

アルファ ルート

次の例では、3 本の中心線 (CL1、CL2、CL3) を使用してアルファ ルートを作成します。

3 本の中心線を使用したアルファ ルートの作成

RouteX は、アルファ部分の始点 (0) と終点 (16)、およびループ部分の 3 分の 1 (6.33) と 3 分の 2 (9.67) の位置にあるキャリブレーション ポイントで作成されます。

4 つのキャリブレーション ポイントで作成されたアルファ ルート

バーベル ルート

次の例では、3 本の中心線 (CL1、CL2、CL3) を使用してバーベル ルートを作成します。

3 本の中心線を使用したバーベル ルートの作成

RouteX は、バーベルの始点 (0) と終点 (18)、各ループ部分の 3 分の 1 (2.67 および 12.67) と 3 分の 2 (5.33 および 15.33) の位置にあるキャリブレーション ポイントで作成されます。

6 つのキャリブレーション ポイントで作成されたバーベル ルート

交点を始点および終点とする無限ルート

次の例では、1 本の中心線 (CL1) を使用して、交点を始点および終点とする無限ループ ルートを作成します。

1 本の中心線を使用した無限ルートの作成

RouteX は、無限ルートの始点 (0) と終点 (20)、各ループ部分の 3 分の 1 (3.33 および 13.33) と 3 分の 2 (6.67 および 16.67) の位置にあるキャリブレーション ポイントで作成されます。

1 本の中心線を使用した無限ルートの作成

次の例では、1 本の中心線 (CL1) を使用して、ループ上に始点および終点が存在する無限ループを作成します。

1 本の中心線を使用した無限ルートの作成

RouteX は、無限ルートの始点 (0) および終点 (10)、プライマリ ループの各パスの中点 (1.25 および 8.75)、セカンダリ ループの 3 分の 1 (4.17) および 3 分の 2 (5.83) の位置にあるキャリブレーション ポイントで作成されます。

6 つのキャリブレーション ポイントで作成された無限ルート

ユーティリティ ネットワーク データセットのルート

ユーティリティ ネットワーク データセットでのルートの作成に関与する中心線 (パイプライン レイヤー) には、開始メジャーと終了メジャーの値が入力されているメジャー フィールドを設定できます。

注意:

中心線フィーチャクラスを使用してメジャー値が入力されなかった場合は、LRS ルート編集ツールが、ルートの始点メジャーおよび終点メジャーを入力します。

注意:

[ユーティリティ ネットワーク フィーチャクラスの構成 (Configure Utility Network Feature Class)] ツールを使用してパイプライン レイヤーを関連付け、[LRS からのメジャー値の更新 (Update Measures From LRS)] ツールを使用してメジャー値を入力します。

複数の中心線が使用される場合、中心線フィーチャの一致ポイントはメジャー値が同じでなければなりません。 ルートの開始メジャーと終了メジャーは、これらのメジャー値を使用して入力されます。

次の例では、中心線の一致ポイントが一致します。 終了メジャー CL1 は、開始メジャー CL2 と一致します (14)。 この場合はルートを作成できます。

例 1: 前

RouteX は CL1 と CL2 から作成されます。 各中心線の端に一致ポイントが作成されます。

例 1: 後

次の例では、中心線の一致ポイントが一致しません。 終了メジャー CL1 は、開始メジャー CL2 と一致しません (16、14)。 この場合はルートを作成できません。

例 2: メジャーが一致せず、ルートが作成されない

次の例では、中心線の一致ポイントが一致していますが、開始メジャーと終了メジャー CL2 が同じ (19) です。 非単調になるため、ルートを作成できません。

例 3: 非単調になるため、要求されたルートが作成されない