追加レイヤーおよび追加機能

ArcGIS Enterprise で共有している場合、追加レイヤーおよび追加機能を有効化することができます。 これらのいずれかを有効化すると、ポータルのコンテンツに追加アイテムが作成されます。他のユーザーは、サービスを介して使用できる機能のみをオンにすることができます。 一部の機能は、特定のレイヤーまたはデータ ソースがマップ内に存在することを必要とします。必要なレイヤーまたはデータが存在しない場合は、チェックボックスが非表示になります。

サーバー オブジェクト エクステンション (SOE) またはサーバー オブジェクト インターセプター (SOI) を含むフェデレーション サーバーで共有している場合、その機能を使用できます。 機能をリスト表示するには、SOE または SOI を含むフェデレーション サーバーを選択する必要があります。 ArcGIS Server Manager を使用して、Web レイヤーが共有された後で SOI の実行順序を更新します。

OGC (Open Geospatial Consortium) レイヤーを有効化する場合は、それらの OGC レイヤーを正確に描画するためにパブリックに共有する必要があります。

KML

KML (Keyhole Markup Language) は、ArcGIS Earth などのアプリケーションで地理フィーチャを表すために使用される XML ベースのファイル形式です。 KML を使用すると、マップまたはグローブ上にポイント、ライン、ポリゴンを描画して共有することができます。

詳細については、「ArcGIS Server での KML のサポート」をご参照ください。

リニア リファレンス

ArcGIS Pipeline Referencing ServerArcGIS Roads and Highways、および Roadway Reporter で使用されるネットワークおよびイベント レイヤーを共有している場合、リニア リファレンスがサポートされます。 リニア リファレンスを使用して、次のことができます。

  • ルートおよびメジャー値を座標またはポリラインに変換したり、座標の位置をルートおよびメジャー値に変換したりします。
  • ルートおよびメジャー値を整合チェックします。
  • メジャー値をリニア リファレンス方法 (LRM) 間で変換します。

ネットワーク解析

ネットワーク解析レイヤーを共有している場合、ネットワーク解析がサポートされます。 ネットワーク解析サービスでは、次を含む交通ネットワーク解析操作を実行することができます。

  • 到達圏
  • ルート
  • 最寄り施設の検出
  • OD コスト マトリックス

ネットワーク解析を有効化すると、コンテンツにネットワーク解析サービス アイテムが作成されます。

Topographic Production

ArcGIS Defense Mapping Server または ArcGIS Production Mapping Server で使用するために Web レイヤーを共有する場合、Topographic Production 機能がサポートされます。 これらの Web レイヤーを使用してマップ製品を生成できます。

ArcGIS Server でのこのサービスの詳細

サービスの公開の詳細

検証

特定のジオデータベース機能を使用してデータセットを公開する場合、整合チェックがサポートされます。 整合チェックでは、次のデータセットを整合チェックすることで、データの整合性を確保できます。

  • トポロジ レイヤー
  • パーセル ファブリック レイヤー
  • 計算 (バッチ) および整合チェック属性ルールを含むレイヤー
整合チェック機能を有効にするには、次の要件が満たされている必要があります。
  • マップ イメージ レイヤーが登録済みデータを参照する必要があります。
  • 関連するフィーチャ レイヤーが含まれている必要があります。
  • このレイヤーのソースは、ブランチ バージョン対応登録し、データ所有者としてアクセスする必要があります。
  • マップ イメージ レイヤーによって参照される登録済みワークスペースが、データベース接続でブランチに設定されている必要があります。

トポロジを共有および使用する方法の詳細

パーセル ファブリック データセットの共有およびパーセル ファブリックの整合チェックを行う方法の詳細

属性ルールを含むデータセットの共有および属性ルールの評価を行う方法の詳細

バージョン管理

ブランチ バージョン対応データセットを共有している場合、バージョン管理がサポートされます。 バージョン管理では、バージョンを作成および管理し、関連するフィーチャ レイヤーを介してブランチ バージョン対応データセットを編集することができます。 バージョン管理を使用しないと、バージョンを切り替えること、編集を元に戻したりやり直したりすること、すべての編集を破棄することはできず、単純な編集のみが可能になります。 バージョン管理機能を有効にするには、次の要件が満たされている必要があります。

  • マップ イメージ レイヤーが登録済みデータを参照する必要があります。
  • 関連するフィーチャ レイヤーが含まれている必要があります。
  • マップ イメージ レイヤーによって参照される登録済みワークスペースが、データベース接続でブランチに設定されている必要があります。

詳細については、「ブランチ バージョン対応データの共有」をご参照ください。

バージョン管理は、次の共有を実行する場合に役立つと思われます。

  • ユーティリティ ネットワーク レイヤー
  • トレース ネットワーク レイヤー
ユーティリティ ネットワーク レイヤーを共有する方法の詳細

トレース ネットワーク レイヤーを共有する方法の詳細

WCS

WCS (Web Coverage Service) を有効化すると、OGC WCS 仕様に従ってラスター データセットを提供することができます。

WCS サービスは、解析やモデリングの入力として使用できる形式でデータを返します。 データのピクチャを返すだけの OGC WMS (Web Map Service) サービスとは対照的です。 WCS サービスを通じて提供されるラスター データセットはカバレッジと呼ばれます。 ArcGIS の以前のバージョンで利用できるベクター データセットもカバレッジと呼ばれていましたが、それらと混同しないように注意してください。

ラスター データセットをオンラインで公開し、さまざまなプラットフォームやクライアントに認識させたい場合には、WCS サービスが役立ちます。 WCS 1.0.0、1.1.0、1.1.1、1.1.2 および 2.0.1 の仕様をサポートするように構築されたクライアントは、サービスを表示して操作することができます。

WCS のプロパティを変更する方法については、「利用可能な WCS サービス プロパティ」をご参照ください。

OGC フィーチャ

OGC フィーチャ サービスを使用すると、OGC API フィーチャ仕様に従ってマップにフィーチャを提供することができます。 OGC API フィーチャ標準は、OGC WFS (Web フィーチャ サービス) (WFS) 標準のレガシー上に構築され、Web 上で地理空間データを提供できます。 マップ イメージ レイヤーから作成することができます。

これらのレイヤーは、OGC API フィーチャ サービスを必要とするサードパーティのアプリケーションで使用できます。 OGC フィーチャ レイヤーを Map Viewer に追加したり、ArcGIS Pro 2.8 以降で使用したりすることもできます。

WFS

WFS (Web Feature Services) を使用すると、OGC WFS 仕様に従ってマップにフィーチャを提供することができます。 これらのフィーチャは、すべてのデータをコピーする Web フィーチャ レイヤーから作成したり、マップ イメージ レイヤーに対して有効化したりできます。

WFS サービスを通じてデータを提供すると、Web サービスを操作できるアプリケーションは、マップまたはエンタープライズ ジオデータベース内のジオグラフィック フィーチャにアクセスすることができます。 WFS サービスは、クライアントがあらゆるタイプの地理空間解析で使用できるジオメトリと属性を含むフィーチャを返します。 また、WFS サービスは、ユーザーがデータの空間解析や属性検索を実行するためのフィルターもサポートします。

詳細については「WFS サービス」をご参照ください。 設定可能なプロパティの詳細については、「利用可能な WFS サービス プロパティ」をご参照ください。

WFS を利用するには次の条件が満たされている必要があります。

  • マップ イメージ レイヤーが登録済みデータを参照するとともに、そのデータがフェデレーション サーバーに登録されている必要があります。
    注意:

    データがサーバーにコピーされている WFS レイヤーを作成するには、すべてのデータをコピーする Web フィーチャ レイヤーを共有します。

  • トランザクションが有効になっている場合は、すべてのデータが同じ登録済みのエンタープライズ ジオデータベースに格納されていなければなりません。

WMS

WMS (Web Map Service) を有効化すると、OGC WMS 仕様に従って動的マップを提供することができます。

マップをオンラインで公開し、さまざまなプラットフォームやクライアントに認識させたい場合には、WMS サービスが役立ちます。 WMS 仕様をサポートするために構築されたクライアントは、サービスを表示して操作することができます。 これまで、1.0.0、1.1.0、1.1.1、および 1.3.0 (最新) の 4 つのバージョンの WMS 仕様が公開されています。

設定可能なプロパティの詳細については、「利用可能な WMS サービス プロパティ」をご参照ください。

関連トピック