入力バリア設定を含むコンター (Contour with Barriers) (3D Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

3D Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

ラスター サーフェスからコンターを作成します。 バリア フィーチャを含めることで、バリアの両側にコンターを独立して作成できます。

使用法

  • 現在のバージョンの [入力バリア設定を含むコンター (Contour with Barriers)] ではポリライン出力だけがサポートされています。ポリゴン出力オプションを使用した場合は、無視されて、ポリライン出力が作成されます。

  • ArcGIS Spatial Analyst エクステンションを使用できる場合、正確さには劣るにしても滑らかなコンターを作成したい場合には、[フォーカル統計 (Focal Statistics)] ツールの [平均値] オプションを使用するか、[フィルター (Filter)] ツールの [低] オプションを使用して、入力ラスターを事前処理します。

  • コンターは、ラスターのセル サイズの半分の距離だけラスターの NoData セル内に延長されます。これは、単一の NoData セル上にもコンターが生成されることを意味します。ただし、3 x 3 のセル枠が NoData の場合、コンターはこの枠内にはセル サイズの半分の距離だけしか延長されません。

  • 出力コンター フィーチャクラスの Type フィールドの値は次のとおりです。

        1 for contours
        2 for indexed contours
        3 for explicit contours

  • インデックス付きコンター間隔を使用して、追加のコンターを生成できます。出力フィーチャクラスでの Type 値は 2 になります。

  • ベース コンターは、たとえば、10 メートルから開始して、15 メートルおきにコンターを作成する場合に使用されます。この場合、10 がベース コンターとして使用され、15 がコンター間隔になります。コンターの値は 10、25、40、55 のようになります。

  • ベース コンターを指定しても、その値より上または下のコンターが作成されるのを防ぐことはできません。

  • コンター値を指定するテキスト ファイルには、以下の行を含めることができます。

    • 行頭が数値でない行はすべて無視され、コメント行として扱われます。
    • 値が 1 つの行は、明示的なコンター値として扱われます。
    • 値が 3 つの行は、ベース、コンター間隔、インデックスが指定されたコンターとして扱われます。
    • 値が 4 つの行は、開始値、終了値、間隔、インデックスが指定されたコンターとして扱われます。

    たとえば、ラスターの最小値が 102 で最大値が 500 の場合、次のようなテキスト ファイルは、

        # contour values and ranges
        122.75
        485 500 5 12
        4 100 99

    次の値でコンターを作成します。

        122.75
        104, 204, 304, 404
        103, 202, 301, 400, 499
        485, 490, 495, 500
        497

  • バリア ポリゴン フィーチャ内にラスターのセル値がある場合、コンター ラインはバリアで分割されます。ポリゴン フィーチャ内のセル値を無視する場合は、そのセルの値を NoData に変更してください。

  • 入力ラスター サーフェスが非常に大きい場合、または、多数の出力フィーチャが要求されている場合は、オペレーティング システムの一時ファイルの作成場所に大量の一時ファイルが作成されます。この結果としてなにか問題が発生した場合は、以下のいずれかを実行してください。

    • 一時ファイルに使用できるディスク容量を増やします。
    • 指定するコンターの数を減らします。または、コンターの範囲を分割して、各範囲を別々に処理し、各範囲の結果を組み合わせて最終結果を得ます。
    • 入力データをセクション (タイル) に分けて処理し、個々の結果をマージして 1 つのデータセットにします。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター

入力サーフェス ラスター。

Raster Layer; Raster Dataset; Mosaic Layer; Mosaic Dataset
出力コンター フィーチャ

出力コンター フィーチャ。

Feature Class
入力バリア フィーチャ
(オプション)

入力バリア フィーチャ。

フィーチャはポリライン タイプまたはポリゴン タイプのいずれかになります。

Feature Layer
コンターの種類
(オプション)

作成するコンターのタイプです。

  • ポリライン — 入力ラスターのコンターまたは等値線表現。
  • ポリゴン — コンターを表す閉じたポリゴン。
String
コンター値の詳細を含むファイル
(オプション)

ベース コンター、コンター間隔、インデックス付きコンター間隔、明示的なコンターの値もテキスト ファイルで指定できます。

File
明示的なコンター値のみを入力
(オプション)

明示的なコンター値だけを使用します。ベース コンター、コンター間隔、インデックス付きコンター間隔は指定しません。

  • オフ - これがデフォルトで、コンター間隔を指定する必要があります。
  • オン - 明示的なコンター値だけを指定します。
Boolean
ベース コンター
(オプション)

ベース コンターの値。

入力ラスターの値の範囲全体をカバーするように、必要に応じてこの値の上下にコンターが生成されます。 デフォルトは 0 です。

Double
コンター間隔
(オプション)

コンター ライン間の間隔、すなわち距離。

これは任意の正の数値にすることができます。

Double
インデックス コンター間隔
(オプション)

コンターがこの間隔でも生成され、出力フィーチャクラスではマークが付けられます。

Double
明示的なコンター値
(オプション)

コンターを作成する明示的な値です。

Double
ラスター Z 値に適用するファクター
(オプション)

コンター ライン間の間隔、または距離。 デフォルト値は 1 です。

コンター ラインは、入力ラスターの Z 値に基づいて生成されます。これは、多くの場合、メートルまたはフィート単位です。 デフォルト値が 1 の場合、コンターは入力ラスターの Z 値と同じ単位になります。 Z 値と異なる単位でコンターを作成するには、Z 係数に適切な値を設定します。 このツールでは、地表の X、Y 単位とサーフェス Z 単位を一致させる必要はありません。

たとえば、入力ラスターの標高値はフィート単位であるが、コンターはメートル単位で生成したい場合、Z 係数を 0.3048 に設定します (1 フィート = 0.3048 メートルであるため)。

Double

arcpy.ddd.ContourWithBarriers(in_raster, out_contour_feature_class, {in_barrier_features}, {in_contour_type}, {in_contour_values_file}, {explicit_only}, {in_base_contour}, {in_contour_interval}, {in_indexed_contour_interval}, {in_contour_list}, {in_z_factor})
名前説明データ タイプ
in_raster

入力サーフェス ラスター。

Raster Layer; Raster Dataset; Mosaic Layer; Mosaic Dataset
out_contour_feature_class

出力コンター フィーチャ。

Feature Class
in_barrier_features
(オプション)

入力バリア フィーチャ。

フィーチャはポリライン タイプまたはポリゴン タイプのいずれかになります。

Feature Layer
in_contour_type
(オプション)

作成するコンターのタイプです。

  • POLYLINES 入力ラスターのコンターまたは等値線表現。
  • POLYGONS コンターを表す閉じたポリゴン。
注意:

このツールの現在のバージョンでは、ポリライン出力のみがサポートされています。ポリゴン出力オプションを使用した場合は、無視されて、ポリライン出力が作成されます。

String
in_contour_values_file
(オプション)

ベース コンター、コンター間隔、インデックス付きコンター間隔、明示的なコンターの値もテキスト ファイルで指定できます。

File
explicit_only
(オプション)

明示的なコンター値だけを使用します。ベース コンター、コンター間隔、インデックス付きコンター間隔は指定しません。

  • NO_EXPLICIT_VALUES_ONLY デフォルトです。コンター間隔を指定する必要があります。
  • EXPLICIT_VALUES_ONLY 明示的なコンター値だけを指定します。
Boolean
in_base_contour
(オプション)

ベース コンターの値。

入力ラスターの値の範囲全体をカバーするように、必要に応じてこの値の上下にコンターが生成されます。 デフォルトは 0 です。

Double
in_contour_interval
(オプション)

コンター ライン間の間隔、すなわち距離。

これは任意の正の数値にすることができます。

Double
in_indexed_contour_interval
(オプション)

コンターがこの間隔でも生成され、出力フィーチャクラスではマークが付けられます。

Double
in_contour_list
[in_explicit_contour,...]
(オプション)

コンターを作成する明示的な値です。

Double
in_z_factor
(オプション)

コンター ライン間の間隔、または距離。 デフォルト値は 1 です。

コンター ラインは、入力ラスターの Z 値に基づいて生成されます。これは、多くの場合、メートルまたはフィート単位です。 デフォルト値が 1 の場合、コンターは入力ラスターの Z 値と同じ単位になります。 Z 値と異なる単位でコンターを作成するには、Z 係数に適切な値を設定します。 このツールでは、地表の X、Y 単位とサーフェス Z 単位を一致させる必要はありません。

たとえば、入力ラスターの標高値はフィート単位であるが、コンターはメートル単位で生成したい場合、Z 係数を 0.3048 に設定します (1 フィート = 0.3048 メートルであるため)。

Double

コードのサンプル

ContourWithBarriers (入力バリア設定を含むコンター) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、入力バリア フィーチャを組み込むことで、Esri Grid ラスターからコンターを作成します。 ベースおよび間隔パラメーターも指定されます。 出力コンターは、シェープファイルのポリラインです。

import arcpy
from arcpy import env  
env.workspace = "C:/data"
arcpy.ContourWithBarriers_3d("elevation", "C:/output/outcwb.shp", 
                    "elevation_barrier.shp", "POLYLINES", "", "", 0, 300)
ContourWithBarriers (入力バリア設定を含むコンター) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、入力バリア フィーチャを組み込むことで、Esri Grid ラスターからコンターを作成します。 ベースおよび間隔パラメーターも指定されます。 出力コンターは、シェープファイルのポリラインです。

# Name: ContourWithBarriers_3d_Ex_02.py
# Description: Creates contours from a raster surface.  The inclusion of 
#     barrier features will allow one to independently generate contours on
#     either side of a barrier.
# Requirements: 3D Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
env.workspace = "C:/data"

# Set local variables
inRaster = "elevation"
inBarrier = "elevation_barrier.shp"
inTextFile = ""
explicitValues = "NO_EXPLICIT_VALUES_ONLY"
contourInterval = 200
contourList = "600; 935; 1237.4"
baseContour = 0
outContours = "C:/output/outcwb.shp"

# Execute Contour
arcpy.ContourWithBarriers_3d(inRaster, outContours, inBarrier, "POLYLINES", 
                             inTextFile, explicitValues, baseContour, 
                             contourInterval, "", contourList, "")

関連トピック