入力バリア設定を含むスプライン (Spline with Barriers) (3D Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

3D Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

最小曲率のスプライン手法により、バリアを使用してポイントからラスター サーフェスを内挿します。バリアは、ポリゴンまたはポリライン フィーチャとして入力します。

[入力バリア設定を含むスプライン (Spline with Barriers)] ツールの詳細

使用法

  • 出力ラスターに含まれるカラムとロウの数はいずれも 65,536 を超えてはなりません。

  • [出力セル サイズ] は、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、[セル サイズ] 環境が指定されていれば、そこから取得されます。パラメーターのセル サイズも環境のセル サイズも指定されておらず、[スナップ対象ラスター] 環境が設定されている場合には、スナップ ラスターのセル サイズが使用されます。何も指定されていない場合、セル サイズは範囲の幅または高さ (どちらか短い方) を 250 で割って求められます。この範囲は環境で指定された [出力座標系] にあります。

  • セル サイズが数値によって指定されている場合、このツールは出力ラスターに対してこの値を直接使用します。

    セル サイズがラスター データセットを使用して指定されている場合、パラメーターはセル サイズの値ではなくラスター データセットのパスを示します。データセットの空間参照が出力空間参照と同じである場合、解析ではラスター データセットのセル サイズが直接使用されます。データセットの空間参照が出力空間参照と異なる場合は、選択された [セル サイズ投影法] に基づいて投影されます。

  • 入力データセットには X、Y 座標が同じである位置に複数のポイントが存在することがあります。共通の位置にあるポイントの値が同じである場合、それは重複とみなされて出力には影響しません。値が異なる場合は、一致ポイントと見なされます。

    このデータ条件の処理方法は各種内挿ツールによって異なることがあります。たとえば、最初に遭遇した一致ポイントが計算に使用されることも、最後に遭遇した一致ポイントが計算に使用されることもあります。そのため、出力ラスター内のある位置に予想とは異なる値が出力される可能性があります。対策としては、このような一致ポイントを削除したデータを用意しておくことです。[Spatial Statistics] ツールボックスの [イベントの集計 (Collect Events)] ツールは、データ内の一致ポイントを特定するのに役立ちます。

    [入力バリア設定を含むスプライン (Spline with Barriers)] ツールでは、デフォルトで一致するポイントのセットごとの値が平均されます。

  • NULL 値をサポートするデータ形式 (ファイル ジオデータベース フィーチャクラスなど) では、入力として使用すると、NULL 値は無視されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ポイント フィーチャ

サーフェス ラスターとして内挿する Z 値を含む入力ポイント フィーチャ。

Feature Layer
Z 値フィールド

各ポイントの高さまたは大きさの値を保持するフィールド。

これは数値フィールドまたは、入力ポイント フィーチャが Z 値を含む場合は Shape フィールドです。

Field
入力バリア フィーチャ
(オプション)

内挿を制限するオプションの入力バリア フィーチャ。

Feature Layer
出力セル サイズ
(オプション)

作成される出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加のルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size
出力ラスター

内挿された出力サーフェス ラスター。

常に浮動小数点ラスターです。

Raster Dataset
スムージング ファクター
(オプション)

出力サーフェスのスムージングに影響するパラメーター。

値が 0 の場合は、スムージングが適用されません。係数が 1 の場合は、適用されるスムージングの量が最大となります。

デフォルトは 0.0 です。

Double

arcpy.ddd.SplineWithBarriers(Input_point_features, Z_value_field, {Input_barrier_features}, {Output_cell_size}, Output_raster, {Smoothing_Factor})
名前説明データ タイプ
Input_point_features
in_point_features

サーフェス ラスターとして内挿する Z 値を含む入力ポイント フィーチャ。

Feature Layer
Z_value_field

各ポイントの高さまたは大きさの値を保持するフィールド。

これは数値フィールドまたは、入力ポイント フィーチャが Z 値を含む場合は Shape フィールドです。

Field
Input_barrier_features
(オプション)

内挿を制限するオプションの入力バリア フィーチャ。

Feature Layer
Output_cell_size
cell_size
(オプション)

作成される出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加のルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size
Output_raster

内挿された出力サーフェス ラスター。

常に浮動小数点ラスターです。

Raster Dataset
Smoothing_Factor
(オプション)

出力サーフェスのスムージングに影響するパラメーター。

値が 0 の場合は、スムージングが適用されません。係数が 1 の場合は、適用されるスムージングの量が最大となります。

デフォルトは 0.0 です。

Double

コードのサンプル

SplineWithBarriers (入力バリア設定を含むスプライン) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、ポイント シェープファイルを入力として、内挿したサーフェスを TIFF ラスターとして出力します。

import arcpy
from arcpy import env  
env.workspace = "C:/data"
arcpy.SplineWithBarriers_3d("ozone_pts.shp", "ozone", "ozone_barrier.shp",
                             2000, "C:/output/splinebarrierout.tif")
SplineWithBarriers (入力バリア設定を含むスプライン) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、ポイント シェープファイルを入力として、内挿したサーフェスを GRID ラスターとして出力します。

# Name: SplineWithBarriers_3d_Ex_02.py
# Description: Interpolate a series of point features onto a
#    rectangular raster, using optional barriers, using a
#    minimum curvature spline technique.
# Requirements: 3D Analyst Extension.

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
env.workspace = "C:/data"

# Set local variables
inPointFeatures = "ca_ozone_pts.shp"
zField = "ozone"
inBarrierFeature = "ca_ozone_barrier.shp"
cellSize = 2000.0
outRaster = "C:/output/splinebout"

# Execute Spline with Barriers
arcpy.SplineWithBarriers_3d(inPntFeat, zField, inBarrierFeature,
                            cellSize, outRaster)

関連トピック