トポ → ラスター (ファイルによる定義) (Topo to Raster by File) (3D Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

3D Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

ファイルに指定したパラメーターを使用して、ポイント、ライン、およびポリゴン データから水文学的に正しいラスター サーフェスを内挿します。

[トポ → ラスター (Topo to Raster)] ツールの詳細

使用法

  • パラメーター ファイルは、入力データセットのリストと、その後に続く各種パラメーター設定および出力オプションで構成されます。

    入力データには、入力データセットとフィールド (該当する場合) を指定します。入力には、コンター、ポイント、シンク、河川、湖、境界、崖、除外、および海岸ポリゴンの 9 つのタイプがあります。妥当な数の入力を、必要なだけ使用できます。入力の順序は結果に影響しません。<Path> はデータセットのパス、<Item> はフィールド名、<#> は入力する値を表します。

    次の表にすべてのパラメーターと、それぞれの定義および構文を示します。

    パラメーター定義構文

    入力データセット:

    コンター

    高さの値を格納する項目を含むコンター ライン データセット。

    Contour <Path> <Item>

    ポイント

    高さの値を格納する項目を含むポイント データセット。

    Point <Path> <Item>

    シンク

    シンクの位置を含むポイント データセット。データセットにシンクの標高値が含まれている場合は、フィールド名を <アイテム> に指定します。シンクの位置だけを使用する場合は、<アイテム>NONE を指定します。

    Sink <パス> <アイテム>

    河川

    河川ライン データセット。高さの値は必要ありません。

    Stream <Path>

    湖ポリゴン データセット。高さの値は必要ありません。

    Lake <Path>

    境界線

    境界ポリゴン データセット。高さの値は必要ありません。

    Boundary <Path>

    崖のライン データセット。崖には [フィールド] オプションはありません。

    Cliff <Path>

    除外

    入力データを無視するエリアの除外ポリゴン データセット。除外には [フィールド] オプションはありません。

    Exclusion <Path>

    海岸

    海岸エリアのアウトラインを含む海岸ポリゴン データセット。海岸には [フィールド] オプションはありません。

    Boundary <Path>

    パラメーターの設定:

    強制

    強制的な排水を適用するかどうかを制御します。

    ENFORCE <ON | OFF | ON_WITH_SINK>

    データ タイプ

    入力データの主要タイプ。

    DATATYPE <CONTOUR | SPOT>

    反復

    アルゴリズムで実行する反復の最大回数。

    ITERATIONS <#>

    粗さのペナルティ

    サーフェスの粗さの計測値。

    ROUGHNESS_PENALTY <#>

    断面曲率粗さのペナルティ

    断面曲率粗さのペナルティは、全体の曲率の一部を置き換えるために使用できる、局所的に適応可能なペナルティです。

    PROFILE_PENALTY <#>

    離散化誤差ファクター

    入力データからラスターを生成する際の、データのスムージングを調整する量。

    DISCRETE_ERROR_FACTOR <#>

    垂直方向標準誤差

    入力データの Z 値における確率的誤差の量。

    VERTICAL_STANDARD_ERROR <#>

    許容値

    1 番目の値は地表の排水に関する標高データの精度を反映し、2 番目の値は非現実的に高いバリアによる排水の除去を回避します。

    TOLERANCES <#> <#>

    Z 制限

    高さの下限と上限。

    ZLIMITS <#> <#>

    範囲

    X 座標の最小値、Y 座標の最小値、X 座標の最大値、および Y 座標の最大値。

    EXTENT <#> <#> <#> <#>

    セル サイズ

    最終出力ラスターの解像度。

    CELL_SIZE <#>

    余白

    指定した出力範囲と境界を越えて内挿を行う距離 (セル単位)。

    MARGIN <#>

    出力:

    出力河川フィーチャ

    河川ポリライン フィーチャと尾根ライン フィーチャの出力ライン フィーチャクラス。

    OUT_STREAM

    出力シンク フィーチャ

    残留シンク ポイント フィーチャの出力ポイント フィーチャクラス。

    OUT_SINK

    出力診断ファイル

    診断ファイルの場所と名前。

    OUT_DIAGNOSTICS <Path>

    出力残差ポイント フィーチャ

    局所的な離散化誤差によって縮尺されたときの、すべての大きな標高残差の出力ポイント フィーチャクラス。

    OUT_RESIDUALS

    出力河川および崖のポイント フィーチャ

    河川および崖のエラーが発生する可能性がある場所の出力ポイント フィーチャクラス。

    OUT_STREAM_CLIFF_ERRORS

    出力コンターのエラー ポイント フィーチャ

    入力コンター データに関して発生の可能性があるエラーの出力ポイント フィーチャクラス。

    OUT_CONTOUR_ERRORS
  • NULL 値をサポートするデータ形式 (ファイル ジオデータベース フィーチャクラスなど) では、入力として使用すると、NULL 値は無視されます。

  • パラメーター ファイルでは、オプションの出力フィーチャ データセットのパスを指定しないでください。これらの出力を指定するには、ツールのダイアログ ボックスで [出力 流水 ポリライン フィーチャ][残留シンク ポイント フィーチャ] を使用します。

  • パラメーター ファイルの例を示します。

         Contour D:\data\contours2\arc HEIGHT
         Point D:\data\points2\point SPOTS
         Sink D:\data\sinks_200.shp 
         Stream D:\data\streams\arc 
         Lake D:\data\lakes\polygon 
         Boundary D:\data\clipcov\polygon
         Cliff D:\data\cliffs.shp 
         ENFORCE ON
         DATATYPE CONTOUR
         ITERATIONS 40
         ROUGHNESS_PENALTY 0.0
         PROFILE_PENALTY 0.5
         DISCRETE_ERROR_FACTOR 1.0
         VERTICAL_STANDARD_ERROR 0.0
         TOLERANCES 2.5 100.0
         ZLIMITS -2000.0 13000.0
         EXTENT -810480.625 8321785.0 810480.625 10140379.0
         CELL_SIZE 1800.00000000000
         MARGIN 20
         OUT_DIAGNOSTICS D:\data\ttr_diag.txt

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力パラメーター ファイル

内挿に使用する、入力値とパラメーターを含む入力 ASCII テキスト ファイル。

このファイルは通常、以前の [トポ → ラスター (Topo to Raster)] の実行にオプションの出力パラメーター ファイルを指定して作成します。

パラメーターの変更による結果をテストするには、毎回 [トポ → ラスター (Topo to Raster)] ツールを正しく実行するよりも、このファイルを編集して内挿を再実行するほうが簡単です。

File
出力サーフェス ラスター

内挿された出力サーフェス ラスター。

常に浮動小数点ラスターです。

Raster Dataset
出力 流水 ポリライン フィーチャ
(オプション)

河川ポリライン フィーチャの出力フィーチャクラス。

ポリライン フィーチャは、次のようにコード化されます。

1. 崖を流れない入力河川ライン。

2. 崖を流れる入力河川ライン (滝)。

3. 偽のシンクを除去する強制排水。

4. コンターのコーナーから決定される河川ライン

5. コンターのコーナーから決定される尾根ライン。

6. 使用しません。

7. データ河川ラインの副条件。

8. 使用しません。

9. 大きな標高データが削除されたことを示すライン。

Feature Class
残留シンク ポイント フィーチャ
(オプション)

残留シンク ポイント フィーチャの出力フィーチャクラス。

Feature Class
出力残差ポイント フィーチャ
(オプション)

局所的な離散化誤差によって縮尺されたときの、すべての大きな標高残差の出力ポイント フィーチャクラス。

10 より大きいスケールされた残差はすべて、入力標高データと河川データにエラーがないことを確認するために検証する必要があります。スケールされた残差が大きいことは、入力標高データと河川ライン データとの間に競合があることを示します。このことは、自動の強制排水が不十分であることとも関係があります。これらの競合を解決するには、既存の入力データのエラーを最初にチェックして修正した後で、河川ラインおよび/またはポイント標高データを追加します。スケールされていない残差が大きいことは、通常、入力標高エラーを示します。

Feature Class
出力河川および崖のエラー ポイント フィーチャ
(オプション)

河川および崖のエラーが発生する可能性がある場所の出力ポイント フィーチャクラス。

河川に閉じたループ、分流、および崖を流れる河川 (滝) がある場所を、ポイント フィーチャクラスから識別できます。崖の高い側および低い側と一致しない隣接セルを持つ崖も示されます。これは、方向が正しくない崖を的確に示す方法として使用できます。

ポイントは、次のようにコード化されます。

1. データ河川ライン ネットワーク内の真の回路。

2. 出力ラスターでエンコードされているとおりの河川ネットワーク内の回路。

3. 複数の湖の接続によって生成される河川ネットワーク内の回路。

4. 分流ポイント。

5. 崖を流れる河川 (滝)。

6. 湖からの複数の河川の流出を示すポイント。

7. 使用しません。

8. 崖の方向と高さが一致しない崖の脇のポイント。

9. 使用しません。

10. 削除された回路状の分流。

11. 流入する河川がない分流。

12. データ河川ライン分流が発生する場所とは異なる出力セル内のラスター化された分流。

13. 非常に複雑な河川ライン データを示す、副条件を処理するエラー。

Feature Class
出力コンターのエラー ポイント フィーチャ
(オプション)

入力コンター データに関して発生の可能性があるエラーの出力ポイント フィーチャクラス。

出力ラスターで表されているようにコンター値の標準偏差の 5 倍を超える高さのバイアスがあるコンターは、このフィーチャクラスに報告されます。標高が異なる他のコンターと結合するコンターは、このフィーチャクラスではコード 1 でマークされます。これにより、コンター ラベル エラーを確実に識別できます。

Feature Class

arcpy.ddd.TopoToRasterByFile(in_parameter_file, out_surface_raster, {out_stream_features}, {out_sink_features}, {out_residual_feature}, {out_stream_cliff_error_feature}, {out_contour_error_feature})
名前説明データ タイプ
in_parameter_file

内挿に使用する、入力値とパラメーターを含む入力 ASCII テキスト ファイル。

このファイルは通常、以前の [トポ → ラスター (Topo to Raster)] の実行にオプションの出力パラメーター ファイルを指定して作成します。

パラメーターの変更による結果をテストするには、毎回 [トポ → ラスター (Topo to Raster)] ツールを正しく実行するよりも、このファイルを編集して内挿を再実行するほうが簡単です。

File
out_surface_raster

内挿された出力サーフェス ラスター。

常に浮動小数点ラスターです。

Raster Dataset
out_stream_features
(オプション)

河川ポリライン フィーチャの出力フィーチャクラス。

ポリライン フィーチャは、次のようにコード化されます。

1. 崖を流れない入力河川ライン。

2. 崖を流れる入力河川ライン (滝)。

3. 偽のシンクを除去する強制排水。

4. コンターのコーナーから決定される河川ライン

5. コンターのコーナーから決定される尾根ライン。

6. 使用しません。

7. データ河川ラインの副条件。

8. 使用しません。

9. 大きな標高データが削除されたことを示すライン。

Feature Class
out_sink_features
(オプション)

残留シンク ポイント フィーチャの出力フィーチャクラス。

Feature Class
out_residual_feature
(オプション)

局所的な離散化誤差によって縮尺されたときの、すべての大きな標高残差の出力ポイント フィーチャクラス。

10 より大きいスケールされた残差はすべて、入力標高データと河川データにエラーがないことを確認するために検証する必要があります。スケールされた残差が大きいことは、入力標高データと河川ライン データとの間に競合があることを示します。このことは、自動の強制排水が不十分であることとも関係があります。これらの競合を解決するには、既存の入力データのエラーを最初にチェックして修正した後で、河川ラインおよび/またはポイント標高データを追加します。スケールされていない残差が大きいことは、通常、入力標高エラーを示します。

Feature Class
out_stream_cliff_error_feature
(オプション)

河川および崖のエラーが発生する可能性がある場所の出力ポイント フィーチャクラス。

河川に閉じたループ、分流、および崖を流れる河川 (滝) がある場所を、ポイント フィーチャクラスから識別できます。崖の高い側および低い側と一致しない隣接セルを持つ崖も示されます。これは、方向が正しくない崖を的確に示す方法として使用できます。

ポイントは、次のようにコード化されます。

1. データ河川ライン ネットワーク内の真の回路。

2. 出力ラスターでエンコードされているとおりの河川ネットワーク内の回路。

3. 複数の湖の接続によって生成される河川ネットワーク内の回路。

4. 分流ポイント。

5. 崖を流れる河川 (滝)。

6. 湖からの複数の河川の流出を示すポイント。

7. 使用しません。

8. 崖の方向と高さが一致しない崖の脇のポイント。

9. 使用しません。

10. 削除された回路状の分流。

11. 流入する河川がない分流。

12. データ河川ライン分流が発生する場所とは異なる出力セル内のラスター化された分流。

13. 非常に複雑な河川ライン データを示す、副条件を処理するエラー。

Feature Class
out_contour_error_feature
(オプション)

入力コンター データに関して発生の可能性があるエラーの出力ポイント フィーチャクラス。

出力ラスターで表されているようにコンター値の標準偏差の 5 倍を超える高さのバイアスがあるコンターは、このフィーチャクラスに報告されます。標高が異なる他のコンターと結合するコンターは、このフィーチャクラスではコード 1 でマークされます。これにより、コンター ラベル エラーを確実に識別できます。

Feature Class

コードのサンプル

TopoToRasterByFile (トポ → ラスター (ファイルによる定義)) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、入力するポイント、ライン、およびポリゴン データを定義したパラメーター ファイルから、水文学的に正しい TIFF サーフェス ラスターを作成します。

import arcpy
from arcpy import env  
env.workspace = "C:/data"
arcpy.TopoToRasterByFile_3d("topotorasbyfile.txt", "c:/output/ttrbf_out.tif",
                            "c:/ouput/outstreams.shp", "#", "c:/ouput/outresid.shp")
TopoToRasterByFile (トポ → ラスター (ファイルによる定義)) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、入力するポイント、ライン、およびポリゴン データを定義したパラメーター ファイルから、水文学的に正しい GRID サーフェス ラスターを作成します。

# Name: TopoToRasterByFile_3d_Ex_02.py
# Description: Interpolates a hydrologically correct surface from 
#    point, line, and polygon data using parameters specified in a file.
# Requirements: 3D Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
env.workspace = "C:/data"

# Set local variables
inParameterFile = "topotorasterbyfile.txt"
outRaster =  "C:/output/ttrbyfout02"

# Execute TopoToRasterByFile
arcpy.TopoToRasterByFile_3d(inParameterFile, outRaster)

関連トピック