ポイント レイヤーに基づく適合性条件の追加 (Add Point Layer Based Suitability Criteria) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

入力レイヤーと指定されたポイント レイヤーの間の空間リレーションシップに基づいて条件を追加します。

使用法

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力適合性解析レイヤー

解析に使う適合性解析レイヤー。

Feature Layer
サイト レイヤーの ID フィールド

適合性解析レイヤー内のレコードごとに一意の値を含むフィールド。

Field
ポイント フィーチャ

空間リレーションシップに基づいて条件として適合性解析レイヤーに追加されるポイント位置を含むレイヤー。

Feature Layer
条件タイプ

条件として使用される空間リレーションシップのタイプを定義します。

  • 個数 —各適合性解析レイヤー ポリゴン内にあるポイントの数。これがデフォルトです。
  • ウェイト —ユーザーが選択した統計情報タイプに基づいて各適合性解析ポリゴン内にあるポイントのフィールド加重条件を計算します。
  • 最小距離 —最も近いポイントから各適合性解析レイヤーの各重心への距離を条件として追加します。
String
距離タイプ
(オプション)

移動方法に基づいて最小距離の計算方法を定義します。

String
計測単位
(オプション)

最小距離の計算時に使用される距離計測単位のタイプを定義します。

String
サイト中心フィーチャ
(オプション)

サイトの中心として使用されるポイント レイヤー。このポイント レイヤーは、適合性解析レイヤーのデフォルトのポリゴン重心を置き換えます。

Feature Layer
サイト中心レイヤーの ID フィールド
(オプション)

各レコードを一意に識別する [サイト中心フィーチャ] パラメーター内に存在するフィールド。

Field
加重フィールド

重み付け用に選択されるポイント レイヤー内に存在する数値フィールド。

Field
統計の種類
(オプション)

加重フィールドに適用される統計演算の種類。

  • 合計値 —各ポイント フィーチャのフィールド値の合計を計算します。
  • 平均 —各ポイント フィーチャの平均のフィールド値を求めます。
  • 標準偏差 —各ポイント フィーチャのフィールド値の標準偏差を計算します。
  • 最小値 —各ポイント フィーチャの最小フィールド値を求めます。
  • 最大値 —各ポイント フィーチャの最大フィールド値を求めます。
String
カットオフ
(オプション)

これを超えると、ポイントが計算で考慮されなくなる距離。

Double

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力適合性解析レイヤー

出力レイヤーのコンテナー。

フィーチャ レイヤー
出力条件名

適合性解析レイヤーに追加する条件の名前。

文字列

arcpy.ba.AddPointLayerBasedSuitabilityCriteria(in_analysis_layer, site_layer_id_field, in_point_features, criteria_type, {distance_type}, {units}, {in_site_centers_features}, {site_centers_id_field}, weight_field, {statistics_type}, {cutoff_distance})
名前説明データ タイプ
in_analysis_layer

解析に使う適合性解析レイヤー。

Feature Layer
site_layer_id_field

適合性解析レイヤー内のレコードごとに一意の値を含むフィールド。

Field
in_point_features

空間リレーションシップに基づいて条件として適合性解析レイヤーに追加されるポイント位置を含むレイヤー。

Feature Layer
criteria_type

条件として使用される空間リレーションシップのタイプを定義します。

  • COUNT各適合性解析レイヤー ポリゴン内にあるポイントの数。これがデフォルトです。
  • WEIGHTユーザーが選択した統計情報タイプに基づいて各適合性解析ポリゴン内にあるポイントのフィールド加重条件を計算します。
  • MINIMAL_DISTANCE最も近いポイントから各適合性解析レイヤーの各重心への距離を条件として追加します。
String
distance_type
(オプション)

移動方法に基づいて最小距離の計算方法を定義します。

String
units
(オプション)

最小距離の計算時に使用される距離計測単位のタイプを定義します。

String
in_site_centers_features
(オプション)

サイトの中心として使用されるポイント レイヤー。このポイント レイヤーは、適合性解析レイヤーのデフォルトのポリゴン重心を置き換えます。

Feature Layer
site_centers_id_field
(オプション)

各レコードを一意に識別する in_site_centers_features パラメーター内に存在するフィールド。

Field
weight_field

重み付け用に選択されるポイント レイヤー内に存在する数値フィールド。

Field
statistics_type
(オプション)

加重フィールドに適用される統計演算の種類。

  • SUM各ポイント フィーチャのフィールド値の合計を計算します。
  • AVE各ポイント フィーチャの平均のフィールド値を求めます。
  • STD_DEV各ポイント フィーチャのフィールド値の標準偏差を計算します。
  • MIN各ポイント フィーチャの最小フィールド値を求めます。
  • MAX各ポイント フィーチャの最大フィールド値を求めます。
String
cutoff_distance
(オプション)

これを超えると、ポイントが計算で考慮されなくなる距離。

Double

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_analysis_layer

出力レイヤーのコンテナー。

フィーチャ レイヤー
out_criteria_name

適合性解析レイヤーに追加する条件の名前。

文字列

コードのサンプル

AddPointLayerBasedSuitabilityCriteria (ポイント レイヤーに基づく適合性条件の追加) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、AddPointLayerBasedSuitabilityCriteriaツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.AddPointLayerBasedSuitabilityCriteria("Suitability Analysis layer", "OBJECTID", r"Data\Business Data\USA_SHC_2018.gdb\us_shc", "WEIGHT", None, None, None, None, "GLA", "SUM", None)

関連トピック