距離による顧客の割り当て (Assign Customers By Distance) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

選択した距離タイプに基づいて最寄りの店舗に顧客を割り当てます。

使用法

  • 各顧客に、最寄りの店舗の ID を割り当てます。店舗の割り当ては、[距離タイプ] に指定された値の影響を受けます。

  • OD マトリックスは、Business Analyst ネットワーク データセットおよびルート検索サービスを使用して、顧客と店舗の間の最小コスト パスを計算します。

  • ネットワーク距離タイプを使用している場合は、[検索許容値] パラメーターの値を調整して、入力顧客フィーチャの道路からの最大距離を定義します。この距離を越えた顧客ポイントには、店舗は割り当てられません。

  • 店舗が顧客ポイントに割り当てられない場合は、新しい Store ID の値が Null になり、Distance の値は -1 になります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力顧客フィーチャ

顧客を表す入力ポイント フィーチャ レイヤー。

Feature Layer
入力店舗フィーチャ

店舗または施設を表す入力ポイント フィーチャ レイヤー。

Feature Layer
店舗 ID フィールド

[入力店舗フィーチャ] の一意の ID フィールド。

Field
出力フィーチャクラス

割り当てられた店舗または施設、および距離を持つ顧客を含むポイント レイヤー。

Feature Class
フィールド名
(オプション)

割り当てられた店舗または施設の ID を含む新しいフィールド。

String
距離タイプ
(オプション)

顧客と店舗の間の距離を計算するために使用される移動方法。

String
距離単位
(オプション)

選択した距離タイプを計測するために使用される単位。

String
移動方向
(オプション)

店舗または施設と顧客の間で使用される移動方法を指定します。

  • 店舗へ —移動方向は、顧客から店舗に向けられます。これがデフォルトです。
  • 店舗から —移動方向は、店舗から顧客に向けられます。
String
時刻
(オプション)

距離を計算するときに使用される日時。

Date
タイム ゾーン
(オプション)

[時刻] パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • 場所のタイム ゾーン —テリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。これがデフォルトです。
  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。
  • 場所のタイム ゾーン —テリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。これがデフォルトです。
  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。
String
検索許容値
(オプション)

入力ポイントが存在する可能性があるネットワークからの最大距離。検索許容値を超える位置にあるポイントは、処理から除外されます。

このパラメーターには、許容値の距離値と単位が必要です。デフォルト値は 5000 メートルです。

Linear Unit

arcpy.ba.AssignCustomersByDistance(in_features, in_store_features, store_id_field, out_feature_class, {link_field}, {distance_type}, {distance_units}, {travel_direction}, {time_of_day}, {time_zone}, {search_tolerance})
名前説明データ タイプ
in_features

顧客を表す入力ポイント フィーチャ レイヤー。

Feature Layer
in_store_features

店舗または施設を表す入力ポイント フィーチャ レイヤー。

Feature Layer
store_id_field

in_store_features の一意の ID フィールド。

Field
out_feature_class

割り当てられた店舗または施設、および距離を持つ顧客を含むポイント レイヤー。

Feature Class
link_field
(オプション)

割り当てられた店舗または施設の ID を含む新しいフィールド。

String
distance_type
(オプション)

顧客と店舗の間の距離を計算するために使用される移動方法。

String
distance_units
(オプション)

選択した距離タイプを計測するために使用される単位。

String
travel_direction
(オプション)

店舗または施設と顧客の間で使用される移動方法を指定します。

  • TOWARD_STORES移動方向は、顧客から店舗に向けられます。これがデフォルトです。
  • AWAY_FROM_STORES移動方向は、店舗から顧客に向けられます。
String
time_of_day
(オプション)

距離を計算するときに使用される日時。

Date
time_zone
(オプション)

time_of_day パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • TIME_ZONE_AT_LOCATIONテリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。これがデフォルトです。
  • UTC協定世界時 (UTC) が使用されます。
String
search_tolerance
(オプション)

入力ポイントが存在する可能性があるネットワークからの最大距離。検索許容値を超える位置にあるポイントは、処理から除外されます。

このパラメーターには、許容値の距離値と単位が必要です。デフォルト値は 5000 メートルです。

Linear Unit

コードのサンプル

AssignCustomersByDistance (距離による顧客の割り当て) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、AssignCustomersByDistance 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.AssignCustomersByDistance("SF_Custs", "SF_Stores", "STORE_ID",
                                   r"C:\ArcGIS\Projects\MyProject.gdb\SF_Custs_AssignCustomersByDistance",
                                   "STORE_ID_1", "Driving Time", "MINUTES",
                                   "TOWARD_STORES", None,
                                   "TIME_ZONE_AT_LOCATION")

関連トピック