市場占有率の計算 (Calculate Market Penetration) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

エリア内の人口統計変数 (総人口など) に対する顧客の数に基づいて、市場占有率を計算します。

市場占有率を詳しく記載したレポートを必要に応じて生成できます。

使用法

  • 市場占有率の計算に使用されるレイヤーは、Business Analyst の標準区画レイヤーや商圏などのポリゴン レイヤーである必要があります。

  • ポリゴン レイヤーには、総世帯数などの市場情報を格納した数値フィールドが必要です。

  • 顧客レイヤーをポイント フィーチャクラスにする必要があります。

  • 商圏を使用して、ポリゴン レイヤーと顧客レイヤーの両方の店舗 ID を指定することで、店舗商圏のパフォーマンスを計算します。

  • 解析には、入力ポリゴン レイヤーのすべてのフィーチャが使用されます。パフォーマンスを向上するには、フィーチャを解析範囲に制限します。

  • 顧客の数ではなく顧客レイヤーのウェイト フィールドに基づいて市場占有率を計算することもできます。たとえば、郵便番号ごとに世帯あたりの売上合計に基づいて占有率を計算できます。

  • [市場占有率の計算 (Calculate Market Penetration)] ツールにより、次のフィールドが作成されます。

    • BA_CUST - 各商圏または境界内の顧客数。
    • BA_TCUST - 解析における顧客総数。
    • BA_PCUST - 各商圏の境界内の顧客割合 (パーセンテージ)。使用する式は次のとおりです。(BA_CUST/BA_TCUST) * 100
    • BA_CUSTWBA_TCUSTWBA_PCUSTW - これらのフィールドは、ウェイトに基づく場合を除き、顧客フィールド (CUSTTCUSTPCUST) と同じです。これは多くの場合、顧客 1 人あたりの売上高または消費額の値です。
    • BA_BASEVAL - 占有率の算出に必要な基本的な市場の値 (市場総数)。これは多くの場合、総世帯数または総人口として表示されます。市場の値は分母として使用されます。
    • BA_MKT_P - 市場占有率。使用する式は次のとおりです。(BA_CUSTW/BA_BASEVAL) * 100 加重値の代わりに顧客数が使用される場合、式は (BA_CUST/BASEVAL) * 100 となります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

市場占有率の計算に使用される入力フィーチャクラス。

Feature Layer
出力フィーチャクラス

計算された市場占有率フィーチャが格納される出力フィーチャクラス。

Feature Class
ID フィールド

市場占有率レイヤー内の一意の ID フィールド。

Field
市場占有率の分母フィールド

市場占有率の計算に使用される値を含むフィールド。このフィールドは分母として使用され、市場を表します (例: Total Population または Total Households)。

Field
入力顧客フィーチャ

顧客レイヤーに使用されるポイントを含む入力フィーチャクラス。

Feature Layer
エリア説明フィールド
(オプション)

市場占有率レイヤー内の各フィーチャの説明に使用するフィールド。

Field
顧客ウェイト フィールド
(オプション)

顧客数ではなく市場占有率の計算のために重み付けとして使用される顧客レイヤー内のフィールド。

Field
レポートの作成
(オプション)

サマリー レポートを作成するかどうか指定します。

  • オン - サマリー レポートが作成されます。
  • オフ - サマリー レポートは作成されません。これがデフォルトです。
Boolean
入力フィーチャの店舗 ID フィールド
(オプション)

各商圏の店舗ごとに関連付けられる一意の識別子。

Field
顧客フィーチャの店舗 ID フィールド
(オプション)

商圏を顧客に割り当てる ID。

Field
レポート タイトル
(オプション)

レポートのタイトル。

String
出力レポート フォルダー
(オプション)

レポートが格納される出力ディレクトリ。

Folder
レポート形式
(オプション)

1 つ以上の出力レポート形式を指定します。デフォルト値は PDF です。その他の形式として、XLSX、HTML、CSV、PAGX を選択できます。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力レポート

出力レポート ファイル。

ファイル

arcpy.ba.CalculateMarketPenetration(in_features, out_feature_class, id_field, market_penetration_base_field, in_customer_features, {area_description_field}, {weight_field}, {create_report}, {store_id}, {link_field}, {report_title}, {report_folder}, {report_format})
名前説明データ タイプ
in_features

市場占有率の計算に使用される入力フィーチャクラス。

Feature Layer
out_feature_class

計算された市場占有率フィーチャが格納される出力フィーチャクラス。

Feature Class
id_field

市場占有率レイヤー内の一意の ID フィールド。

Field
market_penetration_base_field

市場占有率の計算に使用される値を含むフィールド。このフィールドは分母として使用され、市場を表します (例: Total Population または Total Households)。

Field
in_customer_features

顧客レイヤーに使用されるポイントを含む入力フィーチャクラス。

Feature Layer
area_description_field
(オプション)

市場占有率レイヤー内の各フィーチャの説明に使用するフィールド。

Field
weight_field
(オプション)

顧客数ではなく市場占有率の計算のために重み付けとして使用される顧客レイヤー内のフィールド。

Field
create_report
(オプション)

サマリー レポートを境界ごとに作成するのか、レポートを組み合わせて 1 つのレポート ファイルにするのか指定します。

  • CREATE_REPORTサマリー レポートが作成されます。
  • DO_NOT_CREATE_REPORTサマリー レポートは作成されません。これがデフォルトです。
Boolean
store_id
(オプション)

各商圏の店舗ごとに関連付けられる一意の識別子。

Field
link_field
(オプション)

商圏を顧客に割り当てる ID。

Field
report_title
(オプション)

レポートのタイトル。

String
report_folder
(オプション)

レポートが格納される出力ディレクトリ。

Folder
report_format
[report_format,...]
(オプション)

1 つ以上の出力レポート形式を指定します。デフォルト値は PDF です。その他の形式として、XLSX、HTML、CSV、PAGX を選択できます。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
output_report

出力レポート ファイル。

ファイル

コードのサンプル

CalculateMarketPenetration (市場占有率の計算) の例 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、CalculateMarketPenetrationツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.CalculateMarketPenetration("UC_West", r"MyProject.gdb\UC_West", "id", "TOTHH_CY", "Cust_Points", "name", "Sales", "DO_NOT_CREATE_REPORT", None, None, None, None, None)

関連トピック