近傍の位置の検索 (Find Nearby Locations) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

選択した距離タイプに基づいて入力フィーチャに最も近い位置を識別します。 出力内のポイント数は、返される位置のポイントの数または割合を制限するか、入力ポイントからの距離を制限することで定義します。

使用法

  • [入力フィーチャ] パラメーター値は、ポイント フィーチャクラスである必要があります。 入力フィーチャは分析しているサイト (店舗や施設など) です。

  • [位置ポイント] パラメーター値は、ポイント フィーチャクラスである必要があります。 位置ポイントは、ツールの計算で使用されるすべての近傍の位置です。

  • [出力フィーチャクラス] パラメーターには、[入力フィーチャ] および [位置ポイント] パラメーターのすべての属性と、距離と方向の値を含む計算済みフィールドが含まれます。

  • レポートを作成するには、[レポートの作成] パラメーターをオンにします。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

[位置ポイント] との間で測定されるポイント レイヤー。

Feature Layer
ID フィールド

各入力フィーチャの一意の識別子を含むフィールド。

Field
位置ポイント

[入力フィーチャ] との間の距離と方向の属性で出力を生成するために使用されるレイヤー。

Feature Layer
出力フィーチャクラス

出力位置のポイント フィーチャ。

Feature Class
距離タイプ
(オプション)

移動方法に基づいて計算される距離。 [直線] がデフォルト値です。

String
距離単位
(オプション)

近傍の位置を計算するときに使用される計測単位 (距離または時間)。

String
距離制限
(オプション)

距離単位または時間単位で測定される分析範囲。

Double
位置の数の制限

[位置ポイント] 値の数の制限。

Long
位置の割合の制限

[位置ポイント] 値の割合としての最近接ポイント。

Double
レポートの作成
(オプション)

出力レポートを作成するかどうか指定します。

  • オン - レポートが作成されます。
  • オフ - レポートは作成されません。 これがデフォルトです。
Boolean
レポート タイトル
(オプション)

出力レポートのタイトル。

String
出力レポート フォルダー
(オプション)

出力レポートが格納されるディレクトリ。

Folder
レポート出力形式
(オプション)

出力レポートの形式。 デフォルト値は InfographicHTML です。 その他の形式として、PDF、XLSX、S.XLSX、HTML、S.XML、ZIP、CVS、PAGX、InfographicPDF を選択できます。

String
レポート フィールド
(オプション)

レポートに追加される他のフィールド。

Field
移動方向
(オプション)

移動時間または移動距離を位置ポイントから入力フィーチャへの方向で計測するか、入力フィーチャから位置ポイントへの方向で計測するかを指定します。

  • 入力フィーチャへ —移動する方向は、位置ポイントから入力フィーチャへの方向になります。 これがデフォルトです。
  • 入力フィーチャから —移動する方向は、入力フィーチャから位置ポイントへの方向になります。
String
時刻
(オプション)

移動を開始する時刻。

Date
タイム ゾーン
(オプション)

time_of_day パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。 特定の時刻 (たとえば今) に最適の位置を必要としているが、in_location_points 値が配置されるタイム ゾーンがわからない場合は、このオプションを選択します。
  • 場所のローカル タイム —in_location_points 値が配置されるタイム ゾーンが使用されます。 移動方向が入力フィーチャから位置ポイントへの方向の場合、これは入力フィーチャのタイム ゾーンになります。 移動方向が位置ポイントから入力フィーチャへの方向の場合、これは位置ポイントのタイム ゾーンになります。 これがデフォルトです。
  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。 特定の時刻 (たとえば今) に最適の位置を必要としているが、[位置ポイント] 値が配置されるタイム ゾーンがわからない場合は、このオプションを選択します。
  • 場所のローカル タイム —[位置ポイント] 値が配置されるタイム ゾーンが使用されます。 移動方向が入力フィーチャから位置ポイントへの方向の場合、これは入力フィーチャのタイム ゾーンになります。 移動方向が位置ポイントから入力フィーチャへの方向の場合、これは位置ポイントのタイム ゾーンになります。 これがデフォルトです。
String
検索許容値
(オプション)

入力ポイントが存在する可能性があるネットワークからの最大距離。 検索許容値を超える位置にあるポイントは、処理から除外されます。

Linear Unit

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力レポート

出力レポート ファイル。

File

arcpy.ba.FindNearbyLocations(in_features, id_field, in_location_points, out_feature_class, {distance_type}, {units}, {distance_limit}, number_limit, percent_limit, {create_report}, {report_title}, {report_folder}, {report_format}, {report_fields}, {travel_direction}, {time_of_day}, {time_zone}, {search_tolerance})
名前説明データ タイプ
in_features

in_location_points との間で測定されるポイント レイヤー。

Feature Layer
id_field

各入力フィーチャの一意の識別子を含むフィールド。

Field
in_location_points

in_features との間の距離と方向の属性で出力を生成するために使用されるレイヤー。

Feature Layer
out_feature_class

出力位置のポイント フィーチャ。

Feature Class
distance_type
(オプション)

移動方法に基づいて計算される距離。 Straight Line がデフォルト値です。

String
units
(オプション)

近傍の位置を計算するときに使用される計測単位 (距離または時間)。

String
distance_limit
(オプション)

距離単位または時間単位で測定される分析範囲。

Double
number_limit

in_location_points 値の数の制限。

Long
percent_limit

in_location_points 値の割合としての最近接ポイント。

Double
create_report
(オプション)

出力レポートを作成するかどうか指定します。

  • CREATE_REPORTレポートが作成されます。
  • DO_NOT_CREATE_REPORTレポートは作成されません。 これがデフォルトです。
Boolean
report_title
(オプション)

出力レポートのタイトル。

String
report_folder
(オプション)

出力レポートが格納されるディレクトリ。

Folder
report_format
[report_format,...]
(オプション)

出力レポートの形式。 デフォルト値は InfographicHTML です。 その他の形式として、PDF、XLSX、S.XLSX、HTML、S.XML、ZIP、CVS、PAGX、InfographicPDF を選択できます。

String
report_fields
[report_fields,...]
(オプション)

レポートに追加される他のフィールド。

Field
travel_direction
(オプション)

移動時間または移動距離を位置ポイントから入力フィーチャへの方向で計測するか、入力フィーチャから位置ポイントへの方向で計測するかを指定します。

  • TOWARD_STORES移動する方向は、位置ポイントから入力フィーチャへの方向になります。 これがデフォルトです。
  • AWAY_FROM_STORES移動する方向は、入力フィーチャから位置ポイントへの方向になります。
String
time_of_day
(オプション)

移動を開始する時刻。

Date
time_zone
(オプション)

time_of_day パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • UTC協定世界時 (UTC) が使用されます。 特定の時刻 (たとえば今) に最適の位置を必要としているが、in_location_points 値が配置されるタイム ゾーンがわからない場合は、このオプションを選択します。
  • TIME_ZONE_AT_LOCATIONin_location_points 値が配置されるタイム ゾーンが使用されます。 移動方向が入力フィーチャから位置ポイントへの方向の場合、これは入力フィーチャのタイム ゾーンになります。 移動方向が位置ポイントから入力フィーチャへの方向の場合、これは位置ポイントのタイム ゾーンになります。 これがデフォルトです。
String
search_tolerance
(オプション)

入力ポイントが存在する可能性があるネットワークからの最大距離。 検索許容値を超える位置にあるポイントは、処理から除外されます。

Linear Unit

派生した出力

名前説明データ タイプ
output_report

出力レポート ファイル。

File

コードのサンプル

FindNearbyLocations (近傍の位置の検索) の例 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、FindNearbyLocations 関数の使用方法を示しています。

import arcpy

# Access data locally.
arcpy.env.baDataSource = "LOCAL;;USA_ESRI_2020"
arcpy.ba.FindNearbyLocations("FindNearby.gdb/stores", "STORE_ID", "FindNearby.gdb/coffee", "FindNearby.gdb/Nearby_coffee_competitors", "STRAIGHT_LINE_DISTANCE", "MILES", None, "10", None, "DO_NOT_CREATE_REPORT", None, "#", None, None, "TOWARD_STORES", None, "TIME_ZONE_AT_LOCATION", None")

関連トピック