重複する区画ポリゴンの作成 (Generate Geographies From Overlay) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

入力レイヤーと指定された空間リレーションシップを持つ入力標準区画レベルのフィーチャから商圏を作成します。

使用法

  • このツールは、指定された入力レイヤーの構成区画を検出し、各構成区画について、入力フィーチャと交差する面積、人口、世帯数などを計算します。

  • [入力フィーチャ] レイヤーを使用して、[出力フィーチャクラス] に含める標準区画レベルのフィーチャを定義します。

  • [出力フィーチャクラス] は、ポリゴン対ポリゴンの選択に基づいており、ポリゴンベースの両方のレイヤーにおけるフィーチャのジオメトリック リレーションシップによって計算されます。

  • [すべての比率] の値は、オンライン データを使用する場合は使用できません。

  • このツールは、特定の状況でクレジットを消費します。たとえば 1 つ以上の [比率] 変数が選択され、ArcGIS Online に接続されている場合、[レイヤーへの情報付加 (Enrich Layer)] ツールと同様のクレジット消費があります。クレジットの消費は、[入力フィーチャ][区画レベル] の入力間における部分交差の数にも依存します。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
区画レベル

商圏の定義に使用される区画レベル。

String
入力フィーチャ

指定された空間リレーションシップによって標準区画レベルのフィーチャを抽出するために使用されるフィーチャ。これは、レイヤーのすべてのフィーチャや、選択したフィーチャのみ (選択ができる場合) を使用できます。

Feature Layer
ID フィールド

運転時間ポリゴンの ID など、[入力フィーチャ] パラメーターの識別に使用されるフィールド。

Field
出力フィーチャクラス

商圏を含む出力フィーチャ。

Feature Class
リレーションシップ
(オプション)

境界レイヤーから区画を選択する方法を指定します。

  • 交差する —境界レイヤーに触れたり交差したりしている区画フィーチャがある場合、これらが出力レイヤーに格納されます。これがデフォルトです。
  • 重心が含まれる —境界レイヤー内に重心が含まれる区画フィーチャがある場合、これらが出力レイヤーに格納されます。
  • 完全に含まれる —境界レイヤー内に完全に含まれる区画レイヤーのフィーチャのみが出力レイヤーに格納されます。
String
比率
(オプション)

計算する比率を指定します。

  • 比率なし —比率なしが実行されます。これがデフォルトです。
  • 面積比 —入力フィーチャと交差する標準区画レベルの部分 (エリア) 内の比率のみが実行されます。
  • すべての比率 —使用可能なすべての比率が実行されます。このオプションは、オンライン データを使用する場合は利用できません。
String

arcpy.ba.GenerateGeographiesFromOverlay(geography_level, in_features, id_field, out_feature_class, {overlap_type}, {ratios})
名前説明データ タイプ
geography_level

商圏の定義に使用される区画レベル。

String
in_features

指定された空間リレーションシップによって標準区画レベルのフィーチャを抽出するために使用されるフィーチャ。これは、レイヤーのすべてのフィーチャや、選択したフィーチャのみ (選択ができる場合) を使用できます。

Feature Layer
id_field

運転時間ポリゴンの ID など、input_features パラメーターの識別に使用されるフィールド。

Field
out_feature_class

商圏を含む出力フィーチャ。

Feature Class
overlap_type
(オプション)

境界レイヤーから区画を選択する方法を指定します。

  • INTERSECT境界レイヤーに触れたり交差したりしている区画フィーチャがある場合、これらが出力レイヤーに格納されます。これがデフォルトです。
  • CENTROID_WITHIN境界レイヤー内に重心が含まれる区画フィーチャがある場合、これらが出力レイヤーに格納されます。
  • COMPLETELY_WITHIN境界レイヤー内に完全に含まれる区画レイヤーのフィーチャのみが出力レイヤーに格納されます。
String
ratios
(オプション)

計算する比率を指定します。

  • NO_RATIOS比率なしが実行されます。これがデフォルトです。
  • AREA_ONLY入力フィーチャと交差する標準区画レベルの部分 (エリア) 内の比率のみが実行されます。
  • ALL_RATIOS使用可能なすべての比率が実行されます。このオプションは、オンライン データを使用する場合は利用できません。
String

コードのサンプル

GenerateGeographiesFromOverlay (重複エリアの区画ポリゴンを抽出) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、GenerateGeographiesFromOverlayツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.GenerateGeographiesFromOverlay("US.ZIP5", "TradeArea", "ID",
                                        r"C:\Temp\Output.gdb\OverlayTradeAreas")

関連トピック