プロファイルの調査レポートの生成 (Generate Survey Report For Profile) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

ターゲット プロファイルの顧客調査データの特性を表示し、顧客の生活習慣と好みを判定します。

使用法

  • 選択した [調査カテゴリ] パラメーターの値から、すべての特性についてのレポートを生成します。

  • 生成されるレポートは、[ターゲット プロファイル] 入力と参照プロファイルとの比較に基づくものです。

  • レポートは、[列の並べ替え] パラメーターの [期待値] または [インデックス] オプションを使用して並べ替えできます。[期待値] は数、たとえば成人の人数に基づくものです。これに対して [インデックス] はランクに基づくものです。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
ターゲット プロファイル

分析対象のセグメントを表すセグメンテーション プロファイル。ターゲット プロファイルは通常、顧客セグメンテーション プロファイルを表します。

File
参照プロファイル

参照プロファイル セグメントを表すセグメンテーション プロファイル。これは比較に使用されるセグメンテーションです。参照プロファイルは通常、市場エリア セグメンテーション プロファイルを表します。

File
調査カテゴリ

顧客調査から得られた特性を含むカテゴリ。

String
出力レポート フォルダー

レポートが保存される出力位置。

Folder
列の並べ替え
(オプション)

レポートの並べ替えに使用する列を指定します。

  • 期待値 —並べ替えは数、たとえば成人の人数に基づいて行われます。これがデフォルトです。
  • インデックス —並べ替えはランクに基づいて行われます。
String
並べ替え順
(オプション)

レポートの順序を、列の並べ替えに基づいて昇順または降順に指定します。

  • 昇順 —昇順に並べ替えます。
  • 降順 —降順に並べ替えます。これがデフォルトです。
String
レポート タイトル
(オプション)

レポートのタイトル。

String
レポート形式
(オプション)

レポート出力形式。デフォルト値は PDF です。その他の形式として、XLSX、HTML、CSV、PAGX を選択できます。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力レポート

出力レポート ファイル。

ファイル

arcpy.ba.GenerateSurveyReportForProfile(target_profile, base_profile, survey_category, report_folder, {sort_column}, {sort_order}, {report_title}, {report_format})
名前説明データ タイプ
target_profile

分析対象のセグメントを表すセグメンテーション プロファイル。ターゲット プロファイルは通常、顧客セグメンテーション プロファイルを表します。

File
base_profile

参照プロファイル セグメントを表すセグメンテーション プロファイル。これは比較に使用されるセグメンテーションです。参照プロファイルは通常、市場エリア セグメンテーション プロファイルを表します。

File
survey_category

顧客調査から得られた特性を含むカテゴリ。

String
report_folder

レポートが保存される出力位置。

Folder
sort_column
(オプション)

レポートの並べ替えに使用する列を指定します。

  • EXPECTED_NUMBER並べ替えは数、たとえば成人の人数に基づいて行われます。これがデフォルトです。
  • INDEX並べ替えはランクに基づいて行われます。
String
sort_order
(オプション)

レポートの順序を、列の並べ替えに基づいて昇順または降順に指定します。

  • ASCENDING昇順に並べ替えます。
  • DESCENDING降順に並べ替えます。これがデフォルトです。
String
report_title
(オプション)

レポートのタイトル。

String
report_format
[report_format,...]
(オプション)

レポート出力形式。デフォルト値は PDF です。その他の形式として、XLSX、HTML、CSV、PAGX を選択できます。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
output_report

出力レポート ファイル。

ファイル

コードのサンプル

GenerateSurveyReportForProfile (プロファイルの調査レポートの生成) の例 (スタンドアロン スクリプト)

次のスタンドアロン スクリプトで、GenerateSurveyReportForProfile 関数を使用する方法を示します。

import arcpy
arcpy.ba.GenerateSurveyReportForProfile(r"C:\Users\MyProject\customerprofile.sgprofile", r"C:\Users\MyProject\MarketAreaprofile.sgprofile", "Automobiles and Automotive Products", r"C:\Users\MyProject\Reports_Output", "EXPECTED_NUMBER", "DESCENDING", "Auto Survey Profile Report", "PDF")

関連トピック