リング商圏の生成 (Generate Trade Area Rings) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

ポイント位置の周囲にリングを作成します。

リング商圏の生成 (Generate Trade Area Rings)

使用法

  • 距離の値を定義するときは、有効な数値距離を使用する必要があります。リングとして負の距離を使用することはできません。

  • [重複の削除] パラメーターはティーセン ポリゴンを使用して、複数の出力リング ポリゴン間のオーバーラップを削除します。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

リングの中心点を格納する入力フィーチャ。

Feature Layer
出力フィーチャクラス

出力リング フィーチャが含まれるフィーチャクラス。

Feature Class
距離
(オプション)

入力フィーチャの周囲にリングを作成するために使用する、昇順のサイズの距離。

Double
距離単位
(オプション)

距離の値とともに使用される距離単位。

String
ID フィールド
(オプション)

リング中心レイヤーの個別値フィールド。

Field
オーバーラップの除去
(オプション)

重なり合うリングを作成するか、オーバーラップを除去します。

  • オン - ティーセン ポリゴンを使用して、出力リング ポリゴン間のオーバーラップが除去されます。
  • オフ - オーバーラップするリング フィーチャを作成します。これがデフォルトです。
Boolean
ディゾルブ オプション
(オプション)

複数の距離を指定した場合に、単一の場所に対して重複する到達圏を使用するのか、それとも重複しない到達圏を使用するのかを指定します。

  • オーバーラップ —各ポリゴンは、施設から距離値までの到達可能な領域を含みます。これがデフォルトです。
  • スプリット (Split) —各ポリゴンは、連続する距離値の間にある領域のみを含みます。
String
入力方法
(オプション)

各到達圏で使用される値のタイプを指定します。

  • 値 —定数値を使用 (すべての商圏は同じサイズ)。これがデフォルトです。
  • 式 —フィールドまたは式の値 (商圏はサイズが異なる場合があります)。
String
距離条件式
(オプション)

半径を計算するフィールド ベースの式。

SQL Expression

arcpy.ba.GenerateTradeAreaRings(in_features, out_feature_class, {radii}, {units}, {id_field}, {remove_overlap}, {dissolve_option}, {input_method}, {expression})
名前説明データ タイプ
in_features

リングの中心点を格納する入力フィーチャ。

Feature Layer
out_feature_class

出力リング フィーチャが含まれるフィーチャクラス。

Feature Class
radii
[radii,...]
(オプション)

入力フィーチャの周囲にリングを作成するために使用する、昇順のサイズの距離。

Double
units
(オプション)

距離の値とともに使用される距離単位。

String
id_field
(オプション)

リング中心レイヤーの個別値フィールド。

Field
remove_overlap
(オプション)

重なり合うリングを作成するか、オーバーラップを除去します。

  • REMOVE_OVERLAPティーセン ポリゴンを使用して、出力リング ポリゴン間のオーバーラップが除去されます。
  • KEEP_OVERLAPオーバーラップするリングフィーチャを作成します。これがデフォルトです。
Boolean
dissolve_option
(オプション)

複数の距離を指定した場合に、単一の場所に対して重複する到達圏を使用するのか、それとも重複しない到達圏を使用するのかを指定します。

  • OVERLAP各ポリゴンは、施設から距離値までの到達可能な領域を含みます。これがデフォルトです。
  • SPLIT各ポリゴンは、連続する距離値の間にある領域のみを含みます。
String
input_method
(オプション)

各到達圏で使用される値のタイプを指定します。

  • VALUES定数値を使用 (すべての商圏は同じサイズ)。これがデフォルトです。
  • EXPRESSIONフィールドまたは式の値 (商圏はサイズが異なる場合があります)。
String
expression
(オプション)

半径を計算するフィールド ベースの式。

SQL Expression

コードのサンプル

GenerateTradeAreaRings (リング商圏の生成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、GenerateTradeAreaRingsツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.GenerateTradeAreaRings("sales_locations.shp",r"sales_locations_GenerateTrad.shp", [1, 3, 5],"MILES", "ID", "KEEP_OVERLAP", Values, None)

関連トピック