適合性解析レイヤーの作成 (Make Suitability Analysis Layer) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

指定した入力サイトのポリゴン レイヤーの適合性解析レイヤーを作成します。

使用法

  • 適合性解析レイヤーを作成した後、条件および条件ごとのセットアップ ウェイトを追加します。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

適合性解析レイヤーの作成に使用されるフィーチャ レイヤー。

Feature Layer
レイヤー名

作成する適合性解析レイヤーの名前。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力適合性解析レイヤー

マップに追加される適合性解析レイヤーの名前。

フィーチャ レイヤー

arcpy.ba.MakeSuitabilityAnalysisLayer(in_features, layer_name)
名前説明データ タイプ
in_features

適合性解析レイヤーの作成に使用されるフィーチャ レイヤー。

Feature Layer
layer_name

作成する適合性解析レイヤーの名前。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_analysis_layer

マップに追加される適合性解析レイヤーの名前。

フィーチャ レイヤー

コードのサンプル

MakeSuitabilityAnalysisLayer (適合性解析レイヤーの作成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、MakeSuitabilityAnalysisLayerツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.MakeSuitabilityAnalysisLayer(r"Council_Disticts_Makeup.lyrx", "Site Suitability No 3")

関連トピック