オーバーラップの除去 (複数) (Remove Overlap (multiple)) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

複数の入力レイヤーに含まれているポリゴン間の重複を除去します。

使用法

  • [出力フィーチャクラス] パラメーターには、重複が除去された入力ポリゴンが含まれます。

  • 入力ポリゴン間に重複が存在しない場合、出力フィーチャクラスは入力のコピーになります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

重複するポリゴンを格納する入力フィーチャ。

Value Table
出力フィーチャクラス

新しい商圏フィーチャを格納するフィーチャクラス。

Feature Class
方法
(オプション)

商圏間の重複を除去する方法を指定します。

  • 中心線 —ポリゴン間に交差エリアを均等に配置する枠線を作成して重複を除去します。これがデフォルトです。
  • ティーセン —交差エリアを分割する直線を使用して重複を除去します。
  • グリッド —ポリゴン間の自然な分割を定義する平行線のグリッドを作成して重複を除去します。
String
結合する属性
(オプション)

入力レイヤーのどの属性を出力にコピーするかを指定します。

  • すべての属性 —入力フィーチャのすべての属性を出力フィーチャクラスへ渡します。これがデフォルトです。
  • フィーチャ ID を除くすべての属性 —FID フィールドを除く、入力フィーチャのすべての属性を出力フィーチャクラスへ渡します。
  • フィーチャ ID のみ —入力フィーチャの FID フィールドのみを出力フィーチャクラスへ渡します。
String

arcpy.ba.RemoveOverlapMultiple(in_features, out_feature_class, {method}, {join_attributes})
名前説明データ タイプ
in_features
[in_features,...]

重複するポリゴンを格納する入力フィーチャ。

Value Table
out_feature_class

新しい商圏フィーチャを格納するフィーチャクラス。

Feature Class
method
(オプション)

商圏間の重複を除去する方法を指定します。

  • CENTER_LINEポリゴン間に交差エリアを均等に配置する枠線を作成して重複を除去します。これがデフォルトです。
  • THIESSEN交差エリアを分割する直線を使用して重複を除去します。
  • GRIDポリゴン間の自然な分割を定義する平行線のグリッドを作成して重複を除去します。
String
join_attributes
(オプション)

入力レイヤーのどの属性を出力にコピーするかを指定します。

  • ALL入力フィーチャのすべての属性を出力フィーチャクラスへ渡します。これがデフォルトです。
  • NO_FIDFID フィールドを除く、入力フィーチャのすべての属性を出力フィーチャクラスへ渡します。
  • ONLY_FID入力フィーチャの FID フィールドのみを出力フィーチャクラスへ渡します。
String

コードのサンプル

RemoveOverlapMultiple (オーバーラップの除去 (複数)) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、RemoveOverlapMultiple ツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.RemoveOverlapMultiple("Ring_Trade_Areas", r"C:\Temp\MyProject.gdb\Ring_Trade_Areas_RemoveOverlapMultiple", "THIESSEN", "ALL")

関連トピック