フィーチャクラス → フィーチャクラス (Feature Class to Feature Class) (変換)

サマリー

フィーチャクラスまたはフィーチャ レイヤーをフィーチャクラスに変換します。

使用法

  • 出力データセット内のすべてのフィールドおよびそのフィールドの内容は、[フィールド マップ] を使用して制御できます。

    • フィールドの順序を変更するには、フィールド名を選択して、目的の位置にドラッグします。
    • 出力フィールドのデフォルトのデータ タイプは、最初に検出した (その名前の) 入力フィールドのデータ タイプと同じになります。データ タイプをいつでも手動で他の任意の有効なデータ タイプに変更できます。
    • 使用できるマージ ルールは、最初、最後、結合、合計値、平均値、中央値、最頻値、最小値、最大値、標準偏差、個数です。
    • [結合] マージ ルールを使用している場合、スペース、カンマ、ピリオド、ダッシュなど、区切り文字を指定できます。スペースを使用する場合は、入力ボックスの先頭にポインターを置き、Space キーを 1 回押してください。
    • 形式オプションを使用すると、テキスト フィールドの開始位置および終了位置を指定できます。
    • 1 個しかないデータの標準偏差を計算しないでください。ゼロによる除算が発生するからです。したがって、入力ソースがただ 1 つである場合には、[標準偏差] オプションを使用すべきではありません。

    スクリプトでフィールドをマッピングする方法の詳細

  • フィーチャのサブセットを選択するために、SQL 式を使用できます。 [式] パラメーターの構文の詳細については、「クエリ式に使用されるエレメントの SQL リファレンス」をご参照ください。

  • サブタイプあるいはドメインを持つジオデータベース データをシェープファイルに変換すると、サブタイプとドメインのコードと説明の両方を出力に含むことができます。 この振舞いを制御するため、フィールド ドメイン情報の転送ジオプロセシング環境を使用してください。 デフォルトでは、ドメインとサブタイプのみが出力に含まれ、説明には含まれません。

    注意:

    サブタイプの説明とドメインの説明を含めてシェープファイルに変換すると、説明を含めない場合に比べて時間がかかる (パフォーマンスが低下する) 場合があります。 シェープファイルの出力にサブタイプの説明とドメインの説明が必要ない場合、パフォーマンスを最適化するためにチェックボックスをオフにして[フィールド ドメイン情報の転送] 環境 (Python では False または NOT_TRANSFER_DOMAINS) をデフォルトの振舞いにすることをお勧めします。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

変換されるフィーチャクラスまたはフィーチャ レイヤー。

Feature Layer
出力場所

出力フィーチャクラスを作成する場所。 ジオデータベースまたはフォルダーを指定することができます。 [出力場所] がフォルダーの場合、出力はシェープファイルになります。

Workspace;Feature Dataset
出力名

出力フィーチャクラスの名前。

String
(オプション)

フィーチャのサブセットを選択するために使用する SQL 式。

SQL Expression
フィールド マップ
(オプション)

出力でどの属性フィールドを使用するかを制御します。デフォルトでは、入力のすべてのフィールドが含まれます。

フィールドの追加、削除、名前変更、並べ替えを行うことができ、フィールドのプロパティを変更することもできます。

マージ ルールによって、複数の入力フィールドの値を単一の出力値にマージまたは結合する方法を指定できます。出力フィールドの値を指定する方法を決定するために使用できるマージ ルールは複数あります。

  • 最初 - 入力フィールドの最初の値を使用します。
  • 最後 - 入力フィールドの最後の値を使用します。
  • 結合 - 入力フィールドの値を結合します。
  • 合計値 - 入力フィールドの値の合計を計算します。
  • 平均値 - 入力フィールドの値の平均を計算します。
  • 中央値 - 入力フィールドの値の中央値を計算します。
  • 最頻値 - 最頻値を使用します。
  • 最小値 - すべての入力フィールドの値のうちの最小値を使用します。
  • 最大値 - すべての入力フィールドの値のうちの最大値を使用します。
  • 標準偏差 - すべての入力フィールドの値に、標準偏差の分類法を使用します。
  • 個数 - 計算に含まれるレコード数を検出します。

Field Mappings
コンフィグレーション キーワード
(オプション)

リレーショナル データベース管理システム (RDBMS) 内のジオデータベース用のデフォルト ストレージ パラメーター (コンフィグレーション) を指定します。この設定は、エンタープライズ ジオデータベース テーブルを使用している場合にのみ適用可能です。

コンフィグレーション キーワードは、データベース管理者によって設定されます。

コンフィグレーション キーワードの詳細

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力フィーチャクラス

出力フィーチャクラス。

Feature Class

arcpy.conversion.FeatureClassToFeatureClass(in_features, out_path, out_name, {where_clause}, {field_mapping}, {config_keyword})
名前説明データ タイプ
in_features

変換されるフィーチャクラスまたはフィーチャ レイヤー。

Feature Layer
out_path

出力フィーチャクラスを作成する場所。 ジオデータベースまたはフォルダーを指定することができます。 [出力場所] がフォルダーの場合、出力はシェープファイルになります。

Workspace;Feature Dataset
out_name

出力フィーチャクラスの名前。

String
where_clause
(オプション)

フィーチャのサブセットを選択するために使用する SQL 式。SQL 構文の詳細については、「ArcGIS で使用される条件式の SQL リファレンス」をご参照ください。

SQL Expression
field_mapping
(オプション)

出力でどの属性フィールドを使用するかを制御します。デフォルトでは、入力のすべてのフィールドが含まれます。

フィールドの追加、削除、名前変更、並べ替えを行うことができ、フィールドのプロパティを変更することもできます。

マージ ルールによって、複数の入力フィールドの値を単一の出力値にマージまたは結合する方法を指定できます。出力フィールドの値を指定する方法を決定するために使用できるマージ ルールは複数あります。

  • 最初 - 入力フィールドの最初の値を使用します。
  • 最後 - 入力フィールドの最後の値を使用します。
  • 結合 - 入力フィールドの値を結合します。
  • 合計値 - 入力フィールドの値の合計を計算します。
  • 平均値 - 入力フィールドの値の平均を計算します。
  • 中央値 - 入力フィールドの値の中央値を計算します。
  • 最頻値 - 最頻値を使用します。
  • 最小値 - すべての入力フィールドの値のうちの最小値を使用します。
  • 最大値 - すべての入力フィールドの値のうちの最大値を使用します。
  • 標準偏差 - すべての入力フィールドの値に、標準偏差の分類法を使用します。
  • 個数 - 計算に含まれるレコード数を検出します。

Python では、このパラメーターを定義するには、FieldMappings クラスを使用します。

Field Mappings
config_keyword
(オプション)

リレーショナル データベース管理システム (RDBMS) 内のジオデータベース用のデフォルト ストレージ パラメーター (コンフィグレーション) を指定します。この設定は、エンタープライズ ジオデータベース テーブルを使用している場合にのみ適用可能です。

コンフィグレーション キーワードは、データベース管理者によって設定されます。

コンフィグレーション キーワードの詳細

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_feature_class

出力フィーチャクラス。

Feature Class

コードのサンプル

FeatureClassToFeatureClass (フィーチャクラス → フィーチャクラス) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで FeatureClassToFeatureClass 関数を使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/data/GreenvalleyDB.gdb/Public Buildings"
arcpy.FeatureClassToFeatureClass_conversion("buildings_point", 
                                            "C:/output/output.gdb", 
                                            "buildings_point")
FeatureClassToFeatureClass (フィーチャクラス → フィーチャクラス) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次のスタンドアロン スクリプトで、FeatureClassToFeatureClass 関数を使用する方法を示します。

# Name: FeatureClassToFeatureClass_Example2.py
# Description: Use FeatureClassToFeatureClass with an expression to create a subset
#  of the original feature class.  
 
# Import system modules
import arcpy
 
# Set environment settings
arcpy.env.workspace = "C:/data/GreenvalleyDB.gdb/Public Buildings"
 
# Set local variables
inFeatures = "buildings_point"
outLocation = "C:/output/output.gdb"
outFeatureClass = "postoffices"
delimitedField = arcpy.AddFieldDelimiters(arcpy.env.workspace, "NAME")
expression = delimitedField + " = 'Post Office'"
 
# Execute FeatureClassToFeatureClass
arcpy.FeatureClassToFeatureClass_conversion(inFeatures, outLocation, 
                                            outFeatureClass, expression)

関連トピック