フィーチャ → ラスター (Feature to Raster) (変換)

サマリー

フィーチャをラスター データセットに変換します。

使用法

  • ポイント フィーチャ、ライン フィーチャまたはポリゴン フィーチャが格納されているフィーチャクラス (ジオデータベース、シェープファイル、カバレッジ) は、ラスター データセットに変換することが可能です。

  • 入力フィールドのタイプによって、出力ラスターのタイプが決まります。フィールドが整数の場合、出力ラスターは整数になり、フィールドが浮動小数点の場合、出力は浮動小数点になります。

  • [出力セル サイズ] は、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定済みであれば [セル サイズ] 環境から取得されます。パラメーター セル サイズも環境セル サイズも指定されていないが、[スナップ ラスター] 環境が設定されている場合は、スナップ ラスターのセル サイズが使用されます。何も指定されていない場合、セル サイズは範囲の幅または高さ (どちらか短い方) を 250 で割って求められます。この範囲は環境で指定された [出力座標系] にあります。

  • セル サイズが数値によって指定されている場合、このツールは出力ラスターに対してこの値を直接使用します。

    セル サイズがラスター データセットを使用して指定されている場合、パラメーターはセル サイズの値ではなくラスター データセットのパスを示します。データセットの空間参照が出力空間参照と同じである場合、解析ではラスター データセットのセル サイズが直接使用されます。データセットの空間参照が異なる場合は、選択された [セル サイズ投影法] に基づいて投影されます。

  • このツールは常にセルの中心を使用して、ラスター ピクセルの値を決定します。いくつかの種類の入力フィーチャ ジオメトリの変換方法をより細かく制御する必要がある場合は、専用の各変換ツール ([ポイント → ラスター (Point to Raster)][ポリライン → ラスター (Polyline To Raster)]、および [ポリゴン → ラスター (Polygon to Raster)]) をご参照ください。

  • この [フィーチャ → ラスター (Feature to Raster)] ツールは、ラスターをさまざまな種類のフィーチャ データセット ジオメトリに変換する [ラスター → ポイント (Raster to Point)] ツール、[ラスター → ポリライン (Raster to Polyline)] ツール、および [ラスター → ポリゴン (Raster to Polygon)] ツールを補完するツールです。

  • 入力フィーチャ データの選択時には、デフォルトのフィールドが利用可能な最初の有効なフィールドになります。他に有効なフィールドが存在しないとき、ObjectID フィールド (たとえば、OID または FID) がデフォルトになります。

  • NULL 値をサポートするデータ形式 (ファイル ジオデータベース フィーチャクラスなど) では、入力として使用すると、NULL 値は無視されます。

  • このツールには、特定のラスター格納環境が適用されます。

    • ピラミッド環境では、[ピラミッド構築] の設定のみが使用されます。その他のピラミッド環境の設定は無視されます。以降の手順で [ピラミッド構築 (Build Pyramids)] ツールを使用して、ピラミッドの性質をさらに制御できます。

    • 圧縮環境では、圧縮のタイプのみが使用されます。これは、Esri Grid 以外のラスター形式に該当します。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

ラスター データセットに変換する入力フィーチャ データセット。

Feature Layer
フィールド

出力ラスターに値を割り当てるために使用するフィールド。

これは、入力フィーチャ データセットの属性テーブルの任意のフィールドになります。

ポイントまたはマルチポイント データセットの Shape フィールドに Z 値または M 値が含まれている場合は、どちらでも使用できます。

Field
出力ラスター

作成する出力ラスター データセット。

出力ラスターをジオデータベースに保存しない場合、TIFF ファイル形式には *.tif、CRF ファイル形式には *.CRF、ERDAS IMAGINE ファイル形式には *.img を指定します。Esri Grid ラスター形式には拡張子を指定しません。

Raster Dataset
出力セル サイズ
(オプション)

作成する出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加ルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size

arcpy.conversion.FeatureToRaster(in_features, field, out_raster, {cell_size})
名前説明データ タイプ
in_features

ラスター データセットに変換する入力フィーチャ データセット。

Feature Layer
field

出力ラスターに値を割り当てるために使用するフィールド。

これは、入力フィーチャ データセットの属性テーブルの任意のフィールドになります。

ポイントまたはマルチポイント データセットの Shape フィールドに Z 値または M 値が含まれている場合は、どちらでも使用できます。

Field
out_raster

作成する出力ラスター データセット。

出力ラスターをジオデータベースに保存しない場合、TIFF ファイル形式には *.tif、CRF ファイル形式には *.CRF、ERDAS IMAGINE ファイル形式には *.img を指定します。Esri Grid ラスター形式には拡張子を指定しません。

Raster Dataset
cell_size
(オプション)

作成する出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加ルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size

コードのサンプル

FeatureToRaster (フィーチャ → ラスター) の例 1 (Python ウィンドウ)

フィーチャをラスター データセットに変換します。

import arcpy
from arcpy import env
env.workspace = "c:/data"
arcpy.FeatureToRaster_conversion("roads.shp", "CLASS", "c:/output/roadsgrid", 25)
FeatureToRaster (フィーチャ → ラスター) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

フィーチャをラスター データセットに変換します。

# Name: FeatureToRaster_Ex_02.py
# Description: Converts features to a raster dataset.

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
env.workspace = "C:/data"

# Set local variables
inFeature = "roads.shp"
outRaster = "c:/output/roadsgrd"
cellSize = 25
field = "CLASS"

# Execute FeatureToRaster
arcpy.FeatureToRaster_conversion(inFeature, field, outRaster, cellSize)

関連トピック