GPX → フィーチャ (GPX To Features) (変換)

サマリー

GPX ファイル内部のポイント情報をフィーチャに変換します。

使用法

  • このツールは、GPX ファイル内部のポイント情報をフィーチャに変換します。出力フィーチャには、ジオメトリ (標高または Z 値を含む) と次の属性フィールドが含まれます。

    • Name
    • Descript
    • Type
    • Comment
    • Symbol
    • Elevation
    • DateTimeS - 文字列データ タイプ
    • DateTime - 日付データ タイプ シェープファイルでは、日付フィールドのタイプに日付と時間を両方含めることはできません。サポートされているのは (時間のない) 日付だけです。出力シェープファイルには、DateTimeS フィールドのみが作成されます。その他のすべての出力形式タイプでは、日付形式が XML 時間標準に従っている限り、DateTime フィールドが作成されます。ほとんどの GPX ファイルは XML 時間標準に従っています。シェープファイルとその制限事項の詳細については、「ジオプロセシングでのシェープファイル出力の注意事項」をご参照ください。

  • GPX ファイルは、ウェイポイントとトラックの 2 つの方法でポイントを収集します。ウェイポイントは、一般的に関連のない単一のポイントです。トラックは、ルートや始点と終点を持つ関連ポイントのコレクションを構成します。収集されるポイントのタイプは、WPT (ウェイポイント) または TRKPT (トラック ポイント) のコードを使用して、出力 Type フィールドで指定します。ウェイポイントでは、ポイントごとに名前と説明を指定できます。トラックでは、ポイントごとではなく、トラック自身に名前と説明を関連付けます。

    [ポイント → ライン (Points To Line)] ツールを使用して、トラックごとにラインを作成できます。

    • TYPE = "TRKPT" の条件式を使用してトラック ポイントを選択するには、[属性検索 (Select Layer By Attribute)] ツールを使用します。
    • 選択したフィーチャを [ポイント → ライン (Points To Line)] ツールの入力として使用します。[ポイント → ライン (Points To Line)] ツールの [ライン フィールド] パラメーターで、Name フィールドを選択して一意のトラックを作成します。

    以下の Python コードは、スクリプトを使用してこのワークフローを実行する方法を示しています。

  • 出力は、WGS84 座標系で生成されます。出力フィーチャは、[投影変換 (Project)] ツールを使用して、別の座標系に再投影できます。

  • 1.0 および 1.1 Topografix GPX スキーマの両方がサポートされます。これらのスキーマのどちらにも従っていないファイルは変換されません。

  • [フィーチャ → GPX (Features To GPX)] ツールを使用すると、フィーチャクラスを GPX ファイルに変換できます。または、Data Interoperability エクステンションで GPX 出力を作成することもできます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力 GPX ファイル

変換される GPX ファイル。

File
出力フィーチャクラス

作成するフィーチャクラス。

Feature Class

arcpy.conversion.GPXtoFeatures(Input_GPX_File, Output_Feature_class)
名前説明データ タイプ
Input_GPX_File

変換される GPX ファイル。

File
Output_Feature_class

作成するフィーチャクラス。

Feature Class

コードのサンプル

GPXToFeatures (GPX → フィーチャ) の例 1 (Python ウィンドウ)

以下の Python スニペットは、Python ウィンドウから GPX ファイルをフィーチャに変換します。

import arcpy

arcpy.GPXtoFeatures_conversion('c:\\GPX_Files\\Hike.gpx', 'c:\\gisData\\Hike.shp')
GPXToFeatures (GPX → フィーチャ) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python スニペットは GPX ファイルをフィーチャに変換し、トラックを選択して、これらの一意のトラックのポリライン フィーチャクラスを作成します。

# Name: ConvertMultiTracks.py
# Description: Converts multiple tracks within a single GPX file into
#              individual line segments

# Import system models
import arcpy

# Convert the GPX file into in_memory features
arcpy.GPXtoFeatures_conversion('c:\\GPX_Files\\MultiHike.gpx', 'in_memory\hikes')

# Select only the track points
arcpy.SelectLayerByAttribute_management('in_memory\hikes', 'NEW_SELECTION', "\"Type\" = 'TRKPT'")

# Convert the tracks into lines. The 'Name' field creates unique tracks.
arcpy.PointsToLine_management('in_memory\hikes', 'c:\\output\HikeTracks.shp', 'Name', '#', 'NO_CLOSE')

関連トピック