JSON → フィーチャ (JSON To Features) (変換)

サマリー

Esri JSON (*.json) ファイルまたは GeoJSON (*.geojson) ファイル内のフィーチャ コレクションをフィーチャクラスに変換します。

使用法

  • 入力 JSON ファイルの hasZ プロパティまたは hasM プロパティが True に設定されている場合、出力フィーチャに Z 値と M 値が格納されます。

  • 入力が GeoJSON ファイルの場合、フィーチャクラスに変換するジオメトリ タイプを選択する必要があります。GeoJSON は、同じファイル内で複数のフィーチャ タイプをサポートしますが、フィーチャクラスは同じフィーチャ タイプのフィーチャで構成される必要があります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力 JSON または GeoJSON

フィーチャクラスに変換する入力 JSON または GeoJSON ファイル。

入力ファイルの拡張子により、ツールが使用する変換ルーチンが決定されます。Esri JSON フォーマットのファイルは *.json 拡張子を使用する必要があり、GeoJSON ファイルで適切な変換を行うには *.geojson 拡張子を使用する必要があります。

File
出力フィーチャクラス

入力 JSON または GeoJSON ファイルから変換されたフィーチャが含まれるように作成された出力フィーチャクラス。

Feature Class
ジオメトリ タイプ
(オプション)

GeoJSON からフィーチャに変換するジオメトリ タイプ。このオプションは、入力が GeoJSON ファイルの場合にのみ使用されます。GeoJSON ファイルに選択したジオメトリ タイプが含まれない場合、出力フィーチャクラスは空になります。

  • ポイントポイントをフィーチャに変換します。
  • マルチポイントマルチポイントをフィーチャに変換します。
  • ポリラインポリラインをフィーチャに変換します。
  • ポリゴンポリゴンをフィーチャに変換します。
String

arcpy.conversion.JSONToFeatures(in_json_file, out_features, {geometry_type})
名前説明データ タイプ
in_json_file

フィーチャクラスに変換する入力 JSON または GeoJSON ファイル。

入力ファイルの拡張子により、ツールが使用する変換ルーチンが決定されます。Esri JSON フォーマットのファイルは *.json 拡張子を使用する必要があり、GeoJSON ファイルで適切な変換を行うには *.geojson 拡張子を使用する必要があります。

File
out_features

入力 JSON または GeoJSON ファイルから変換されたフィーチャが含まれるように作成された出力フィーチャクラス。

Feature Class
geometry_type
(オプション)

GeoJSON からフィーチャに変換するジオメトリ タイプ。このオプションは、入力が GeoJSON ファイルの場合にのみ使用されます。GeoJSON ファイルに選択したジオメトリ タイプが含まれない場合、出力フィーチャクラスは空になります。

  • POINTポイントをフィーチャに変換します。
  • MULTIPOINTマルチポイントをフィーチャに変換します。
  • POLYLINEポリラインをフィーチャに変換します。
  • POLYGONポリゴンをフィーチャに変換します。
String

コードのサンプル

JSONToFeatures (JSON → フィーチャ) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python スクリプトは、JSONToFeatures 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
import os
arcpy.env.workspace = "c:/data"
arcpy.JSONToFeatures_conversion("myjsonfeatures.json", os.path.join("outgdb.gdb", "myfeatures"))

関連トピック