ポリゴン → ラスター (Polygon to Raster) (変換)

Advanced のライセンスで利用可能。

サマリー

ポリゴン フィーチャをラスター データセットに変換します。

[ポリゴン → ラスター (Polygon to Raster)] ツールの機能の詳細

使用法

  • ポリゴン フィーチャが格納されているフィーチャクラス (ジオデータベース、シェープファイル、カバレッジ) は、ラスター データセットに変換することが可能です。

  • 入力フィールドのタイプによって、出力ラスターのタイプが決まります。フィールドが整数の場合、出力ラスターは整数になり、フィールドが浮動小数点の場合、出力は浮動小数点になります。

    入力フィールドに文字列値が含まれている場合、出力ラスターには整数値フィールドと文字列フィールドが含まれます。

    ただし、フィールドのタイプが浮動小数で、値が整数として表現されている場合、出力ラスターは整数になります。

  • [セル サイズ] は、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定済みであれば [セル サイズ] 環境から取得されます。パラメーター セル サイズも環境セル サイズも指定されていないが、[スナップ ラスター] 環境が設定されている場合は、スナップ ラスターのセル サイズが使用されます。何も指定されていない場合、セル サイズは範囲の幅または高さ (どちらか短い方) を 250 で割って求められます。この範囲は環境で指定された [出力座標系] にあります。

  • セル サイズが数値によって指定されている場合、このツールは出力ラスターに対してこの値を直接使用します。

    セル サイズがラスター データセットを使用して指定されている場合、パラメーターはセル サイズの値ではなくラスター データセットのパスを示します。データセットの空間参照が出力空間参照と同じである場合、解析ではラスター データセットのセル サイズが直接使用されます。データセットの空間参照が異なる場合は、選択された [セル サイズ投影法] に基づいて投影されます。

  • [ポリゴン → ラスター (Polygon to Raster)] ツールは、ラスターをポリゴン フィーチャクラスに変換する [ラスター → ポリゴン (Raster to Polygon)] ツールと相補関係にあります。

  • このツールは、[フィーチャ → ラスター (Feature to Raster)] ツールと比べて、出力セル内に複数のフィーチャが存在するときのセル値の割り当てをより厳密に制御できます。

  • 出力ラスター内にストライプまたはブリーディングが生じた場合は、[ジオメトリのチェック (Check Geometry)] ツールおよび [ジオメトリの修正 (Repair Geometry)] ツールを使用して、入力フィーチャ データを修正してください。

  • 重複するポリゴンを変換する場合は、セルに割り当てられる領域が最も小さいポリゴンを使用したいこともあるでしょう。このための簡単な方法は、入力フィーチャクラスに別途のフィールドを追加し、ポリゴンの反転領域に対して計算した後、このツールの実行時にこのフィールドを [優先フィールド] として使用することです。

  • NULL 値をサポートするデータ形式 (ファイル ジオデータベース フィーチャクラスなど) では、入力として使用すると、NULL 値は無視されます。

  • このツールには、特定のラスター格納環境が適用されます。

    • ピラミッド環境では、[ピラミッド構築] の設定のみが使用されます。その他のピラミッド環境の設定は無視されます。以降の手順で [ピラミッド構築 (Build Pyramids)] ツールを使用して、ピラミッドの性質をさらに制御できます。

    • 圧縮環境では、圧縮のタイプのみが使用されます。これは、Esri Grid 以外のラスター形式に該当します。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

ラスターに変換するポリゴン入力フィーチャ データセット。

Feature Layer
値フィールド

出力ラスターに値を割り当てるために使用するフィールド。

これは、入力フィーチャ データセットの属性テーブルの任意のフィールドになります。

Field
出力ラスター データセット

作成する出力ラスター データセット。

出力ラスターをジオデータベースに保存しない場合、TIFF ファイル形式には *.tif、CRF ファイル形式には *.CRF、ERDAS IMAGINE ファイル形式には *.img を指定します。Esri Grid ラスター形式には拡張子を指定しません。

Raster Dataset
集約タイプ
(オプション)

セル内に複数のフィーチャが存在するときのセル値の割り当て方法を決定する手法。

  • セルの中心セルの中心に重なったポリゴンに基づいて、セルに割り当てられる属性を生成します。
  • 最大領域セル内の領域が最も大きい単一フィーチャに基づいて、セルに割り当てられる属性を生成します。
  • 結合された最大領域セル内に同じ値のフィーチャが複数ある場合は、それらのフィーチャの領域を結合します。セル内の最大領域と結合されているフィーチャに基づいて、セルに割り当てる値を特定します。
String
優先フィールド
(オプション)

このフィールドに基づいて、セル上にある他のフィーチャよりも優先すべきフィーチャが決定されます。このフィールドを使用すると、[集約タイプ] の選択にかかわらず、変換には最大の優先度を持つフィーチャが必ず選択されます。

Field
セル サイズ
(オプション)

作成する出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加ルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size
ラスター属性テーブルの構築
(オプション)

出力ラスターに、ラスター属性テーブルが含まれるかどうかを指定します。

このパラメーターの適用対象となるのは、整数ラスターだけです。

  • オン - 出力ラスターには、ラスター属性テーブルが含まれます。これがデフォルトです。
  • オフ - 出力ラスターには、ラスター属性テーブルが含まれません。
Boolean

arcpy.conversion.PolygonToRaster(in_features, value_field, out_rasterdataset, {cell_assignment}, {priority_field}, {cellsize}, {build_rat})
名前説明データ タイプ
in_features

ラスターに変換するポリゴン入力フィーチャ データセット。

Feature Layer
value_field

出力ラスターに値を割り当てるために使用するフィールド。

これは、入力フィーチャ データセットの属性テーブルの任意のフィールドになります。

Field
out_rasterdataset

作成する出力ラスター データセット。

出力ラスターをジオデータベースに保存しない場合、TIFF ファイル形式には *.tif、CRF ファイル形式には *.CRF、ERDAS IMAGINE ファイル形式には *.img を指定します。Esri Grid ラスター形式には拡張子を指定しません。

Raster Dataset
cell_assignment
(オプション)

セル内に複数のフィーチャが存在するときのセル値の割り当て方法を決定する手法。

  • CELL_CENTERセルの中心に重なったポリゴンに基づいて、セルに割り当てられる属性を生成します。
  • MAXIMUM_AREAセル内の領域が最も大きい単一フィーチャに基づいて、セルに割り当てられる属性を生成します。
  • MAXIMUM_COMBINED_AREAセル内に同じ値のフィーチャが複数ある場合は、それらのフィーチャの領域を結合します。セル内の最大領域と結合されているフィーチャに基づいて、セルに割り当てる値を特定します。
String
priority_field
(オプション)

このフィールドに基づいて、セル上にある他のフィーチャよりも優先すべきフィーチャが決定されます。このフィールドを使用すると、[集約タイプ] の選択にかかわらず、変換には最大の優先度を持つフィーチャが必ず選択されます。

Field
cellsize
(オプション)

作成する出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加ルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size
build_rat
(オプション)

出力ラスターに、ラスター属性テーブルが含まれるかどうかを指定します。

このパラメーターの適用対象となるのは、整数ラスターだけです。

  • BUILD出力ラスターには、ラスター属性テーブルが含まれます。これがデフォルトです。
  • DO_NOT_BUILD出力ラスターには、ラスター属性テーブルが含まれません。
Boolean

コードのサンプル

PolygonToRaster (ポリゴン → ラスター) の例 1 (Python ウィンドウ)

ポリゴン フィーチャをラスター データセットに変換します。

import arcpy
from arcpy import env
env.workspace = "c:/data"
arcpy.PolygonToRaster_conversion("ca_counties.shp", "NAME", 
                                 "c:/output/ca_counties.img", 
                                 "MAXIMUM_AREA", "MALES", 0.25)
PolygonToRaster (ポリゴン → ラスター) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

ポリゴン フィーチャをラスター データセットに変換します。

# Name: PolygonToRaster_Ex_02.py
# Description: Converts polygon features to a raster dataset.

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
env.workspace = "C:/data"

# Set local variables
inFeatures = "ca_counties.shp"
valField = "NAME"
outRaster = "c:/output/ca_counties"
assignmentType = "MAXIMUM_AREA"
priorityField = "MALES"
cellSize = 0.5

# Execute PolygonToRaster
arcpy.PolygonToRaster_conversion(inFeatures, valField, outRaster, 
                                 assignmentType, priorityField, cellSize)

関連トピック