モザイク データセットにラスターを追加 (Add Rasters To Mosaic Dataset) (データ管理)

サマリー

ファイル、フォルダー、テーブル、または Web サービスなど多数のソースからモザイク データセットにラスター データセットを追加します。

使用法

  • 追加されたラスター データは管理されません。ラスター データを削除または移動すると、モザイク データセットが影響を受けます。

  • ラスターを追加できる対象は、ジオデータベース内に格納されているモザイク データセットのみです。 ジオデータベースの外部で作成されたモザイク データセットには、コンテンツまたは以前に作成したモザイク データセットしか格納できません。

  • [ラスター タイプ] パラメーターは、データをモザイク データセットに読み込むために必要なメタデータを識別します。

    ラスター タイプの詳細

    ラスター タイプは画像プロダクトに固有のタイプです。 ラスター タイプにより、ジオリファレンス、取得日、センサー タイプなどのメタデータが、ラスター フォーマットとともに識別されます。

  • [処理テンプレート] オプションには、モザイク データセットに追加されるアイテムに適用する関数と、これらの関数の適用方法および適用順序が含まれています。

  • 表示速度と処理速度を上げるために、[ピクセル キャッシュの有効化] オプションを選択した場合にモザイク データセットのピクセル キャッシュを生成できます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
モザイク データセット

ラスター データを追加する対象となるモザイク データセットのパスと名前。

Mosaic Layer
ラスター タイプ

追加されるラスターのタイプ。 ラスター タイプは画像プロダクトに固有のタイプです。 ラスター タイプにより、ジオリファレンス、取得日、センサー タイプなどのメタデータが、ラスター フォーマットとともに識別されます。

ラスター タイプとして LAS、LAS データセット、またはテレインを使用している場合は、[ラスター タイプ] プロパティ ページでセル サイズを指定する必要があります。

[処理テンプレート] ドロップダウン リストには、モザイク データセットに追加されるアイテムに適用する関数と、これらの関数の適用方法および適用順序が表示されます。 ストレッチ関数のような単独の関数も使用できますが、より高度なプロダクトを作成するために関数を複数組み合わせることもできます。 ほとんどのラスター タイプには、既存の関数がいくつか関連付けられています。 このドロップダウン リストを使用すると、既存の関数を編集したり、モザイク データセットに追加されるアイテムに新しい関数を追加したりできます。

  • テンプレートを編集するには、[処理テンプレート] ドロップダウン リストでそのテンプレートを選択して [編集] ラスター関数の編集 をクリックします。 テンプレートの編集が完了したら、[保存] 名前を付けて保存 をクリックしてテンプレートを更新するか、[名前を付けて保存] SaveAs_Generic をクリックして、そのテンプレートをドロップダウン リストの新しい項目として保存します。 他のモザイク データセットで使用するためにテンプレートをディスクにエクスポートするには、[エクスポート] ボタン Export_Generic をクリックします。
  • テンプレートを作成するには、[処理テンプレート] ドロップダウン リストで [新しいテンプレートの作成] 新しいラスター関数テンプレートの作成 をクリックします。 詳細については、「ラスター関数テンプレート」をご参照ください。
  • ディスクまたは [ラスター関数] ウィンドウから関数チェーンをインポートするには、[処理テンプレート] ドロップダウン リストで [インポート] Import_Generic をクリックします。 ラスター タイプ テンプレート エディターを使用せずにテンプレートを作成した場合は、初期入力ラスター変数の名前を [データセット] に変更する必要があります。 これには、チェーン内の最初の関数をダブルクリックし、[変数] タブをクリックします。 ラスター パラメーターの [Name] フィールドの値を [データセット] に変更します。
Raster Type
入力データ

入力ファイル、フォルダー、ラスター データセット、モザイク データセット、テーブル、またはサービスのパスと名前を指定します。

すべての入力オプションを選択できるとは限りません。 利用可能なオプションは選択されたラスター タイプによって決まります。

  • データセットArcGIS 地理データセット (ジオデータベース内のラスター、モザイク データセットなど) またはテーブルを入力として使用します。
  • ワークスペース複数のラスター データセットを含んでいるフォルダーを入力として使用します。 フォルダーにサブフォルダーを含めることができます。このオプションは、[サブフォルダーも含む] パラメーターと [入力データ フィルター] パラメーターの設定によって異なります。
  • ファイルディスク上のフォルダー、イメージ サービス定義ファイル (*.ISDef)、ラスター プロセス定義ファイル (*.RPDef) に保存されている 1 つ以上のラスター データセットを入力として使用します。ファイル リストは、追加されているラスター タイプに対応していないファイルを無視します。このオプションは、TIFF ファイルや MrSID ファイルなど、ラスター データセットのファイル形式で使用しないでください。代わりに、[データセット] 入力タイプを使用してください。
  • サービスWCS、マップ、イメージ サービス、または Web サービスのレイヤー ファイルを入力として使用します。
File; Image Service; LAS Dataset Layer; Layer File; Map Server; Mosaic Layer; Raster Layer; Table View; Terrain Layer; WCS Coverage; WMS Map; Workspace
セル サイズ範囲の更新
(オプション)

モザイク データセット内の各ラスターのセル サイズ範囲を計算するかどうかを指定します。 この値は、属性テーブルの minPS フィールドと maxPS フィールドに書き込まれます。

  • オン - モザイク データセット内のすべてのラスターについてセル サイズ範囲を計算します。 これがデフォルトです。
  • オフ - セル サイズ範囲を計算しません。
Boolean
境界線の更新
(オプション)

モザイク データセットの境界ポリゴンを生成または更新するかどうかを指定します。 デフォルトで、すべてのフットプリント ポリゴンが結合され、有効なピクセル範囲を表す単一の境界線が形成されます。

  • オン - 境界線を作成または更新します。 これがデフォルトです。
  • オフ - 境界線を作成または更新しません。
Boolean
オーバービューの更新
(オプション)

モザイク データセットのオーバービューを定義して生成するかどうかを指定します。

  • オン - オーバービューの定義および作成を行います。
  • オフ - オーバービューの定義および作成は行いません。 これがデフォルトです。
Boolean
最大レベル
(オプション)

モザイク データセットで使用するピラミッド レベルの最大数。 たとえば、値 2 を入力すると、ソース ラスターの最初の 2 つのピラミッド レベルのみが使用されます。 このパラメーターを空白のままにするか、値 -1 を入力すると、すべてのレベルのピラミッドが構築されます。

この値によって、表示だけでなく、生成されるオーバービューの数も影響を受けることがあります。

Long
最大セル サイズ
(オプション)

モザイク データセットで使用するピラミッド セルの最大サイズ。

Double
最小行数または列数
(オプション)

モザイク データセットで使用するラスター ピラミッドの最小ディメンション。

Long
入力データの座標系
(オプション)

入力データの空間参照系。

データに座標系が含まれていない場合は指定する必要があります。指定がない場合は、モザイク データセットの座標系が使用されます。 入力データの座標系を上書きする目的でも使用できます。

Spatial Reference
入力データ フィルター
(オプション)

モザイク データセットに追加するデータのフィルター。 SQL 式を使用して、データ フィルターを作成できます。 フィルターのワイルドカードは、入力データの絶対パスに対して機能します。

次の SQL ステートメントは、次のオブジェクト ID に一致する行を選択します。

  • OBJECTID IN (19745, 19680, 19681, 19744, 5932, 5931, 5889, 5890, 14551, 14552, 14590, 14591)

TIFF 画像のみを追加するには、ファイル拡張子の前にアスタリスクを追加します。

  • *.TIF

ファイル パスまたはファイル名に「sensor」という語を含む画像を追加するには、「sensor」という語の前後にアスタリスクを付けます。

  • *sensor2009*

PERL 構文を使用してデータ フィルターを作成することもできます。

  • REGEX:.*1923.*|.*1922.*

  • REGEX:.*192[34567].*|.*194.*|.*195.*

複数の語彙グループを持つ次のような PERL 構文は、式の一部としてサポートされていません。

  • REGEX:.* map_mean_.*(?:(?:[a-z0-9]*)_pptPct_(?:[0-9]|1[0-2]*?)_2[0-9]_*\w*).img

代わりに、次のような構文を使用できます。

  • REGEX:.*map_mean_*[a-z0-9]*_pptPct_([0-9]|1[0-2])_2[0-9]*_\w*.img

String
サブフォルダーを含める
(オプション)

サブフォルダーを再帰的に検索するかどうかを指定します。

  • オン - すべてのサブフォルダーでデータを探します。 これがデフォルトです。
  • オフ - トップレベル フォルダーのみでデータを探します。
Boolean
新規データセットのみ追加
(オプション)

重複するラスターの処理方法を指定します。 本来のパスとファイル名を使用して、各ラスターがすでに追加されていないかを確認するチェックを実行します。 パスやファイル名の重複が見つかった場合に実行するアクションを選択します。

  • 重複を許可モザイク データセットにすでに存在する場合でも、すべてのラスターを追加します。 これがデフォルトです。
  • 重複を除外重複するラスターは追加されません。
  • 重複を上書き重複するラスターで既存のラスターを上書きします。
String
ラスター ピラミッドの構築
(オプション)

ソース ラスターごとにピラミッドを構築するかどうかを指定します。

  • オフ - ピラミッドを構築しません。 これがデフォルトです。
  • オン - ピラミッドを構築します。
Boolean
統計情報の計算
(オプション)

ソース ラスターごとに統計情報を計算するかどうかを指定します。

  • オフ - 統計情報は計算されません。 これがデフォルトです。
  • オン - 統計情報を計算します。
Boolean
サムネイルの構築
(オプション)

ソース ラスターごとにサムネイルを構築するかどうかを指定します。

  • オフ - サムネイルを構築しません。 これがデフォルトです。
  • オン - サムネイルを構築します。
Boolean
操作の説明
(オプション)

ラスター データを追加する操作を表す説明。 説明はラスター タイプのテーブルに追加され、後で検索や参照を行うときに利用できます。

String
入力データをこの座標系にする
(オプション)

データをモザイク データセットに読み込むときに、すべてのラスターに対して [入力データの座標系] パラメーター値を使用するかどうかを指定します。 このオプションは、データの投影変換を行わず、ツールで定義された座標系を使用してモザイク データセット内にアイテムを構築します。 画像の範囲が使用されますが、投影法は上書きされます。

  • オフ - データを読み込むときに、各ラスター データの座標系を使用します。 これがデフォルトです。 オフで入力画像が座標系を持たない (座標系が不明である) 場合、モザイク データセット アイテムの構築にモザイク データセットの座標系が使用されます。 画像が座標系を持つ場合、その座標系が使用されます。
  • オン - データを読み込むときに、各ラスター データセットに対して、[入力データの座標系] パラメーターで指定された座標系を使用します。
Boolean
モザイク データセット統計情報の推定
(オプション)

モザイク データセット レベルでレンダリング速度と処理速度を上げるために、モザイク データセットの統計情報を推定するかどうかを指定します。

  • オフ - 統計情報は推定されません。 表示と処理に、モザイク データセット内の各アイテムから生成された統計情報を使用します。 これがデフォルトです。
  • オン - モザイク データセット レベルの統計情報を推定します。 モザイク データセット内のソース アイテムの分布ではなく、モザイク データセットの表示に使用されるピクセルの分布が使用されます。
Boolean
補助入力
(オプション)

[ラスター タイプ プロパティ] ページで定義するラスター タイプ設定。 このパラメーターで定義された設定は、[ラスター タイプ プロパティ] ページで定義された設定に優先します。

Value Table
ピクセル キャッシュの有効化
(オプション)

モザイク データセットの表示速度と処理速度を上げるために、ピクセル キャッシュを生成するかどうかを指定します。

  • オフ - ピクセル キャッシュを生成しません。 これがデフォルトです。
  • オン - ピクセル キャッシュを生成します。
Boolean
ピクセル キャッシュの格納先
(オプション)

ピクセル キャッシュが格納される場所。 格納先を定義しないと、キャッシュが C:\Users\<Username>\AppData\Local\ESRI\rasterproxies\ に書き込まれます。

格納先を定義しておくと、新しいラスターをモザイク データセットに追加する際にパスを再定義する必要がなくなります。 新しいデータを追加する際に [ピクセル キャッシュの有効化] パラメーター (Python では enable_pixel_cache = "USE_PIXEL_CACHE") を確認するだけで済みます。

Folder; String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
更新されたモザイク データセット

更新されたモザイク データセット。

Mosaic Layer

arcpy.management.AddRastersToMosaicDataset(in_mosaic_dataset, raster_type, input_path, {update_cellsize_ranges}, {update_boundary}, {update_overviews}, {maximum_pyramid_levels}, {maximum_cell_size}, {minimum_dimension}, {spatial_reference}, {filter}, {sub_folder}, {duplicate_items_action}, {build_pyramids}, {calculate_statistics}, {build_thumbnails}, {operation_description}, {force_spatial_reference}, {estimate_statistics}, {aux_inputs}, {enable_pixel_cache}, {cache_location})
名前説明データ タイプ
in_mosaic_dataset

ラスター データを追加する対象となるモザイク データセットのパスと名前。

Mosaic Layer
raster_type

ラスター タイプは画像プロダクトに固有のタイプです。 ラスター タイプにより、ジオリファレンス、取得日、センサー タイプなどのメタデータが、ラスター フォーマットとともに識別されます。

LAS、LAS データセット、またはテレインのラスター タイプを使用している場合は、セル サイズを指定するときに *.art ファイルを使用する必要があります。

サポートされるセンサーとラスター タイプのリストについては、「サポートされているセンサーのリスト」をご参照ください。

Raster Type
input_path
[input_path,...]

入力ファイル、フォルダー、ラスター データセット、モザイク データセット、テーブル、またはサービスのパスと名前を指定します。

すべての入力オプションを選択できるとは限りません。 利用可能なオプションは選択されたラスター タイプによって決まります。

  • DatasetArcGIS 地理データセット (ジオデータベース内のラスター、モザイク データセットなど) またはテーブルを入力として使用します。
  • Folder複数のラスター データセットを含んでいるフォルダーを入力として使用します。 フォルダーにサブフォルダーを含めることができます。このオプションは、[サブフォルダーも含む] パラメーターと [入力データ フィルター] パラメーターの設定によって異なります。
  • Fileディスク上のフォルダー、イメージ サービス定義ファイル (*.ISDef)、ラスター プロセス定義ファイル (*.RPDef) に保存されている 1 つ以上のラスター データセットを入力として使用します。ファイル リストは、追加されているラスター タイプに対応していないファイルを無視します。このオプションは、TIFF ファイルや MrSID ファイルなど、ラスター データセットのファイル形式で使用しないでください。代わりに、[データセット] 入力タイプを使用してください。
  • ServiceWCS、マップ、イメージ サービス、または Web サービスのレイヤー ファイルを入力として使用します。
File; Image Service; LAS Dataset Layer; Layer File; Map Server; Mosaic Layer; Raster Layer; Table View; Terrain Layer; WCS Coverage; WMS Map; Workspace
update_cellsize_ranges
(オプション)

モザイク データセット内の各ラスターのセル サイズ範囲を計算するかどうかを指定します。 この値は、属性テーブルの minPS フィールドと maxPS フィールドに書き込まれます。

  • UPDATE_CELL_SIZESモザイク データセット内のすべてのラスターについてセル サイズ範囲を計算します。 これがデフォルトです。
  • NO_CELL_SIZESセル サイズ範囲を計算しません。
Boolean
update_boundary
(オプション)

モザイク データセットの境界ポリゴンを生成または更新するかどうかを指定します。 デフォルトで、すべてのフットプリント ポリゴンが結合され、有効なピクセル範囲を表す単一の境界線が形成されます。

  • UPDATE_BOUNDARY境界線が生成されるか、更新されます。 これがデフォルトです。
  • NO_BOUNDARY境界線を作成または更新しません。
Boolean
update_overviews
(オプション)

モザイク データセットのオーバービューを定義して生成するかどうかを指定します。

  • UPDATE_OVERVIEWSオーバービューの定義および作成を行います。
  • NO_OVERVIEWSオーバービューの定義および作成を行いません。 これがデフォルトです。
Boolean
maximum_pyramid_levels
(オプション)

モザイク データセットで使用するピラミッド レベルの最大数。 たとえば、値 2 を入力すると、ソース ラスターの最初の 2 つのピラミッド レベルのみが使用されます。 このパラメーターを空白のままにするか、値 -1 を入力すると、すべてのレベルのピラミッドが構築されます。

この値によって、表示だけでなく、生成されるオーバービューの数も影響を受けることがあります。

Long
maximum_cell_size
(オプション)

モザイク データセットで使用するピラミッド セルの最大サイズ。

Double
minimum_dimension
(オプション)

モザイク データセットで使用するラスター ピラミッドの最小ディメンション。

Long
spatial_reference
(オプション)

入力データの空間参照系。

データに座標系が含まれていない場合は指定する必要があります。指定がない場合は、モザイク データセットの座標系が使用されます。 入力データの座標系を上書きする目的でも使用できます。

Spatial Reference
filter
(オプション)

モザイク データセットに追加するデータのフィルター。 SQL 式を使用して、データ フィルターを作成できます。 フィルターのワイルドカードは、入力データの絶対パスに対して機能します。

次の SQL ステートメントは、次のオブジェクト ID に一致する行を選択します。

  • OBJECTID IN (19745, 19680, 19681, 19744, 5932, 5931, 5889, 5890, 14551, 14552, 14590, 14591)

TIFF 画像のみを追加するには、ファイル拡張子の前にアスタリスクを追加します。

  • *.TIF

ファイル パスまたはファイル名に「sensor」という語を含む画像を追加するには、「sensor」という語の前後にアスタリスクを付けます。

  • *sensor2009*

PERL 構文を使用してデータ フィルターを作成することもできます。

  • REGEX:.*1923.*|.*1922.*

  • REGEX:.*192[34567].*|.*194.*|.*195.*

複数の語彙グループを持つ次のような PERL 構文は、式の一部としてサポートされていません。

  • REGEX:.* map_mean_.*(?:(?:[a-z0-9]*)_pptPct_(?:[0-9]|1[0-2]*?)_2[0-9]_*\w*).img

代わりに、次のような構文を使用できます。

  • REGEX:.*map_mean_*[a-z0-9]*_pptPct_([0-9]|1[0-2])_2[0-9]*_\w*.img

String
sub_folder
(オプション)

サブフォルダーを再帰的に検索するかどうかを指定します。

  • SUBFOLDERSすべてのサブフォルダーでデータを探します。 これがデフォルトです。
  • NO_SUBFOLDERSトップレベル フォルダーのみでデータを探します。
Boolean
duplicate_items_action
(オプション)

重複するラスターの処理方法を指定します。 本来のパスとファイル名を使用して、各ラスターがすでに追加されていないかを確認するチェックを実行します。 パスやファイル名の重複が見つかった場合に実行するアクションを選択します。

  • ALLOW_DUPLICATESモザイク データセットにすでに存在する場合でも、すべてのラスターを追加します。 これがデフォルトです。
  • EXCLUDE_DUPLICATES重複するラスターは追加されません。
  • OVERWRITE_DUPLICATES重複するラスターで既存のラスターを上書きします。
String
build_pyramids
(オプション)

各ソース ラスターのピラミッドを構築します。

  • NO_PYRAMIDSピラミッドを構築しません。 これがデフォルトです。
  • BUILD_PYRAMIDSピラミッドを構築します。
Boolean
calculate_statistics
(オプション)

ソース ラスターごとに統計情報を計算するかどうかを指定します。

  • NO_STATISTICS統計情報は計算されません。 これがデフォルトです。
  • CALCULATE_STATISTICS統計情報を計算します。
Boolean
build_thumbnails
(オプション)

ソース ラスターごとにサムネイルを構築するかどうかを指定します。

  • NO_THUMBNAILSサムネイルを構築しません。 これがデフォルトです。
  • BUILD_THUMBNAILSサムネイルを構築します。
Boolean
operation_description
(オプション)

ラスター データを追加する操作を表す説明。 説明はラスター タイプのテーブルに追加され、後で検索や参照を行うときに利用できます。

String
force_spatial_reference
(オプション)

座標系を指定します。 データをモザイク データセットに読み込むときに、すべてのラスターに対して、spatial_reference パラメーターで指定された座標系を使用します。

  • NO_FORCE_SPATIAL_REFERENCEデータを読み込むときに、各ラスター データの座標系を使用します。 これがデフォルトです。
  • FORCE_SPATIAL_REFERENCEデータを読み込むときに、各ラスターに対して、spatial_reference パラメーターで指定された座標系を使用します。
Boolean
estimate_statistics
(オプション)

モザイク データセット レベルでレンダリング速度と処理速度を上げるために、モザイク データセットの統計情報を推定するかどうかを指定します。

  • NO_STATISTICS統計情報は推定されません。 表示と処理に、モザイク データセット内の各アイテムから生成された統計情報を使用します。 これがデフォルトです。
  • ESTIMATE_STATISTICSモザイク データセット レベルの統計情報を推定します。 モザイク データセット内のソース アイテムの分布ではなく、モザイク データセットの表示に使用されるピクセルの分布が使用されます。
Boolean
aux_inputs
[aux_inputs,...]
(オプション)

[ラスター タイプ プロパティ] ページで定義するラスター タイプ設定。 このパラメーターで定義された設定は、[ラスター タイプ プロパティ] ページで定義された設定に優先します。

Value Table
enable_pixel_cache
(オプション)

モザイク データセットの表示速度と処理速度を上げるために、ピクセル キャッシュを生成するかどうかを指定します。

  • NO_PIXEL_CACHEピクセル キャッシュを生成しません。 これがデフォルトです。
  • USE_PIXEL_CACHEピクセル キャッシュを生成します。
Boolean
cache_location
(オプション)

ピクセル キャッシュが格納される場所。 格納先を定義しないと、キャッシュが C:\Users\<Username>\AppData\Local\ESRI\rasterproxies\ に書き込まれます。

格納先を定義しておくと、新しいラスターをモザイク データセットに追加する際にパスを再定義する必要がなくなります。 新しいデータを追加する際に [ピクセル キャッシュの有効化] パラメーター (Python では enable_pixel_cache = "USE_PIXEL_CACHE") を確認するだけで済みます。

Folder; String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_mosaic_dataset

更新されたモザイク データセット。

Mosaic Layer

コードのサンプル

AddRastersToMosaicDataset (モザイク データセットにラスターを追加) の例 1 (Python ウィンドウ)

以下は、AddRastersToMosaicDataset 関数を実行する Python サンプルです。

import arcpy
arcpy.AddRastersToMosaicDataset_management(
     "c:/data/AddMD.gdb/md_landsat", "Landsat 7 ETM+", 
     "c:/data/landsat7etm", "UPDATE_CELL_SIZES", "UPDATE_BOUNDARY",
     "UPDATE_OVERVIEWS", "2", "#", "#", "GCS_WGS_1984.prj",
     "*.tif", "SUBFOLDERS", "EXCLUDE_DUPLICATES",
     "NO_PYRAMIDS", "NO_STATISTICS", "BUILD_THUMBNAILS", 
     "Add Landsat L1G", "FORCE_SPATIAL_REFERENCE",
     "NO_STATISTICS", "", "USE_PIXEL_CACHE", 
r"C:\test\cachelocation")
AddRastersToMosaicDataset (モザイク データセットにラスターを追加) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

以下は、AddRastersToMosaicDataset 関数を実行する Python スクリプト サンプルです。

#Add Raster Dataset type Raster to FGDB Mosaic Dataset
#Calculate Cell Size Ranges and Build Boundary
#Build Overviews for Mosaic Dataset upon the 3rd level Raster Dataset pyramid
#Apply TIFF file filter
#Build Pyramids for the source datasets

import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/Workspace"

    
mdname = "AddMD.gdb/md_rasds"
rastype = "Raster Dataset"
inpath = "c:/data/rasds"
updatecs = "UPDATE_CELL_SIZES"
updatebnd = "UPDATE_BOUNDARY"
updateovr = "UPDATE_OVERVIEWS"
maxlevel = "2"
maxcs = "#"
maxdim = "#"
spatialref = "#"
inputdatafilter = "*.tif"
subfolder = "NO_SUBFOLDERS"
duplicate = "EXCLUDE_DUPLICATES"
buildpy = "BUILD_PYRAMIDS"
calcstats = "CALCULATE_STATISTICS"
buildthumb = "NO_THUMBNAILS"
comments = "Add Raster Datasets"
forcesr = "#"
estimatestats = "ESTIMATE_STATISTICS"
auxilaryinput = ""
enablepixcache = "USE_PIXEL_CACHE"
cachelocation = "c:\\test\\cachelocation"

arcpy.AddRastersToMosaicDataset_management(
     mdname,  rastype, inpath, updatecs, updatebnd, updateovr,
     maxlevel, maxcs, maxdim, spatialref, inputdatafilter,
     subfolder, duplicate, buildpy, calcstats, 
     buildthumb, comments, forcesr, estimatestats
auxilaryinput, enablepixcache, cachelocation)

ライセンス情報

  • Basic: No
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック