時間フィールドの変換 (Convert Time Field) (データ管理)

サマリー

文字列または数値フィールドに格納されている時間値を日付フィールドへ変換します。このツールを使用して、文字列、数値、または日付フィールドに格納された時間値を、曜日や月などのカスタム形式に変換することもできます。

使用法

  • 選択された入力時間フィールドが文字列またはテキスト フィールドである場合は、サポートされている時間フィールド形式のリストから入力時間形式を選択するか、文字列フィールド内の日時を示すカスタム値が解釈されるようにカスタム時間フィールド形式を定義できます。文字列フィールドのカスタム形式の詳細については、「日付形式への文字列時間値の変換」をご参照ください。

  • 選択された入力時間フィールドが数値 (Short、Long、Float、または Double) である場合は、サポートされている標準時間フィールド形式のリストから入力時間形式を選択できます。数値フィールドについてカスタム時間形式はサポートされていません。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力テーブル

変換が必要な時間値を格納しているフィールドを含むレイヤーまたはテーブル。

Table View
入力時間フィールド

時間値が格納されているフィールド。Short、Long、Float、Double、Text、または Date のいずれかのタイプになります。

Field
入力時間形式
(オプション)

時間値が入力時間フィールドに格納されている形式。標準時間形式をドロップダウン リストから選択するか、カスタム形式を入力できます。

注意:

この形式の文字列では、大文字と小文字が区別されます。

  • 時間フィールドのデータ タイプが Date の場合、時間形式は必要ありません。
  • 時間フィールドのデータ タイプが数値 (Short、Long、Float、または Double) の場合は、標準の数値時間形式のリストがドロップダウン リストに表示されます。
  • 時間フィールドのデータ タイプが文字列の場合は、標準の文字列時間形式のリストがドロップダウン リストに表示されます。文字列フィールドの場合は、カスタム時間形式を指定することもできます。たとえば、文字列フィールドに格納されている時間値は、yyyy/MM/dd HH:mm:ss などの標準形式である場合もあれば、dd/MM/yyyy HH:mm:ss などのカスタム形式である場合もあります。カスタム形式では、午前または午後の指定子を指定することもできます。一般に使用されている形式は次のとおりです。
    • yyyy - 4 桁で表された年。
    • MM - 月が示され、それが 1 桁の場合はその先頭に 0 が付きます。
    • MMM - 月が略称で示されます。
    • dd - 日が示され、それが 1 桁の場合はその先頭に 0 が付きます。
    • ddd - 曜日が略称で示されます。
    • hh - 12 時間制で「時」を表します。時間が 1 桁の場合、先頭にゼロが付きます。
    • HH - 24 時間制で「時」を表します。時間が 1 桁の場合、先頭にゼロが付きます。
    • mm - 「分」を表します。分が 1 桁の場合、数字の先頭にゼロが付きます。
    • ss - 「秒」を表します。秒が 1 桁の場合、数字の先頭にゼロが付きます。
    • t - 午前または午後を表す 1 文字の文字列です (A または P)。
    • tt - 午前または午後を表す 2 文字の文字列です (AM または PM)。
    • unix_us - マイクロ秒単位の Unix 時間です。
    • unix_ms - ミリ秒単位の Unix 時間です。
    • unix_s - 秒単位の Unix 時間です。
    • unix_hex - 16 進数表記の Unix 時間です。

String
出力時間フィールド

変換された時間値が格納される出力フィールドの名前。

String
出力時間タイプ
(オプション)

出力時間フィールドのデータ タイプ。

  • Date日付と時刻
  • Text任意の文字列
  • Long (Large Integer)-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647 の範囲の整数。
  • Short (Small Integer)-32,768 ~ 32,767 の範囲の整数。
  • Double (倍精度)-2.2E308 ~ 1.8E308 の範囲の有理数。
  • Float (単精度)-3.4E38 ~ 1.2E38 の範囲の有理数。
String
出力時間形式
(オプション)

出力時間値の保存形式。出力時間形式のリストは、出力時間フィールドに指定された出力データ タイプに依存します。出力時間フィールドのデータ タイプが Date ではない場合は、カスタム形式も使用できます。カスタム形式のリストについては、「入力時間形式」の説明をご参照ください。

注意:

出力時間フィールドのデータ タイプが、変換された時間値を格納できるほど長くない場合は、出力値が切詰められます。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
更新された入力テーブル

更新された入力テーブル。

テーブル ビュー

arcpy.management.ConvertTimeField(in_table, input_time_field, {input_time_format}, output_time_field, {output_time_type}, {output_time_format})
名前説明データ タイプ
in_table

変換が必要な時間値を格納しているフィールドを含むレイヤーまたはテーブル。

Table View
input_time_field

時間値が格納されているフィールド。Short、Long、Float、Double、Text、または Date のいずれかのタイプになります。

Field
input_time_format
(オプション)

時間値が入力時間フィールドに格納されている形式。標準時間形式をドロップダウン リストから選択するか、カスタム形式を入力できます。

注意:

この形式の文字列では、大文字と小文字が区別されます。

  • 時間フィールドのデータ タイプが Date の場合、時間形式は必要ありません。
  • 時間フィールドのデータ タイプが数値 (Short、Long、Float、または Double) の場合は、標準の数値時間形式のリストがドロップダウン リストに表示されます。
  • 時間フィールドのデータ タイプが文字列の場合は、標準の文字列時間形式のリストがドロップダウン リストに表示されます。文字列フィールドの場合は、カスタム時間形式を指定することもできます。たとえば、文字列フィールドに格納されている時間値は、yyyy/MM/dd HH:mm:ss などの標準形式である場合もあれば、dd/MM/yyyy HH:mm:ss などのカスタム形式である場合もあります。カスタム形式では、午前または午後の指定子を指定することもできます。一般に使用されている形式は次のとおりです。
    • yyyy - 4 桁で表された年。
    • MM - 月が示され、それが 1 桁の場合はその先頭に 0 が付きます。
    • MMM - 月が略称で示されます。
    • dd - 日が示され、それが 1 桁の場合はその先頭に 0 が付きます。
    • ddd - 曜日が略称で示されます。
    • hh - 12 時間制で「時」を表します。時間が 1 桁の場合、先頭にゼロが付きます。
    • HH - 24 時間制で「時」を表します。時間が 1 桁の場合、先頭にゼロが付きます。
    • mm - 「分」を表します。分が 1 桁の場合、数字の先頭にゼロが付きます。
    • ss - 「秒」を表します。秒が 1 桁の場合、数字の先頭にゼロが付きます。
    • t - 午前または午後を表す 1 文字の文字列です (A または P)。
    • tt - 午前または午後を表す 2 文字の文字列です (AM または PM)。
    • unix_us - マイクロ秒単位の Unix 時間です。
    • unix_ms - ミリ秒単位の Unix 時間です。
    • unix_s - 秒単位の Unix 時間です。
    • unix_hex - 16 進数表記の Unix 時間です。

カスタム日付/時間形式の詳細

String
output_time_field

変換された時間値が格納される出力フィールドの名前。

String
output_time_type
(オプション)

出力時間フィールドのデータ タイプ。

  • DATE日付と時刻
  • TEXT任意の文字列
  • LONG-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647 の範囲の整数。
  • SHORT-32,768 ~ 32,767 の範囲の整数。
  • DOUBLE-2.2E308 ~ 1.8E308 の範囲の有理数。
  • FLOAT-3.4E38 ~ 1.2E38 の範囲の有理数。
String
output_time_format
(オプション)

出力時間値の保存形式。出力時間形式のリストは、出力時間フィールドに指定された出力データ タイプに依存します。出力時間フィールドのデータ タイプが Date ではない場合は、カスタム形式も使用できます。カスタム形式のリストについては、「入力時間形式」の説明をご参照ください。

注意:

出力時間フィールドのデータ タイプが、変換された時間値を格納できるほど長くない場合は、出力値が切詰められます。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_table

更新された入力テーブル。

テーブル ビュー

コードのサンプル

ConvertTimeField (時間フィールドの変換) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで ConvertTimeField ツールを使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ConvertTimeField_management("C:/Data/TemporalData.gdb/Input_Table","Input_Time","1033;MMMM dd, yyyy HH:mm:ss;AM;PM","Output_Time")
ConvertTimeField (時間フィールドの変換) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次のスタンドアロン スクリプトで、この ConvertTimeField ツールの使用方法を示します。

# Name: ConvertTimeField_Ex02.py
# Description: Convert a time field to date field
# Requirements: None

# Import system modules
import arcpy

# Set local variables
inTable = "C:\Data\TemporalData.gdb\Input_Table"
inputTimeField = "Input_Time"
inputTimeFormat = "1033;MMMM dd, yyyy HH:mm:ss;AM;PM"
outputDateField = "Output_Time"

# Execute CalculateEndDate
arcpy.ConvertTimeField_management(inTable, inputTimeField, inputTimeFormat, outputDateField)

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック