エンタープライズ ジオデータベースの有効化 (Enable Enterprise Geodatabase) (データ管理)

サマリー

既存のデータベースにジオデータベース システム テーブル、ストアド プロシージャ、関数、およびタイプを作成し、データベースのジオデータベース機能を有効化します。

使用法

  • データベースに接続し、ジオデータベース機能を有効化するには、データベースに接続するコンピューターに ArcGIS Desktop (Desktop Standard または Desktop Advanced)、ArcGIS Engine Geodatabase Update、または ArcGIS Server がインストールされている必要があります。

  • ArcGIS ソフトウェアが、データベース サービスと同じクラウド プラットフォームおよび地域で動作していれば、このツールを使用して、Microsoft Azure SQL DatabaseAmazon Relational Database Service (RDS) for SQL ServerAmazon Aurora PostgreSQLAmazon RDS for PostgreSQLAmazon RDS for OracleMicrosoft Azure Database for PostgreSQL、および Autonomous Transaction Processing database in Oracle Cloud のデータベース クラウド サービスでジオデータベースを作成することができます。

  • このツールを使用して、SAP HANA Cloud にジオデータベースを作成できます。 このツールを実行する ArcGIS クライアントは、データベース サービスが存在する SAP HANA Cloud の地域に地理的にできるだけ近い必要があります。

  • このツールを Amazon Aurora PostgreSQLAmazon RDS for PostgreSQL、または Microsoft Azure Database for PostgreSQL で実行する前に、データベースで PostGIS を有効化する必要があります。 手順については、Amazon Web Services のドキュメントと Microsoft Azure のドキュメントをご参照ください。

  • このツールを Amazon RDS for Oracle で実行する前に、データベースで Oracle Spatial を有効化する必要があります。

  • ツールに提供するデータベース コネクション ファイルは、ジオデータベース管理者の資格があるユーザーとして接続を行う必要があります。 sde ユーザーとして接続し、IBM Db2OraclePostgreSQL、または SAP HANA データベースにジオデータベースを作成します。 Microsoft SQL Server の場合、sde というユーザーとして接続して sde スキーマ ジオデータベースを作成するか、SQL Server インスタンスの dbo であるユーザーとして接続してデータベースの dbo スキーマにジオデータベースを作成できます。

    注意:

    ArcGIS 10.7 および ArcGIS Pro 2.3 以降、Oracle でユーザースキーマ ジオデータベースを作成できなくなりました。

  • SQL Server データベースに接続する場合、SQL Server インスタンスは大文字と小文字を区別しない照合順序を使用する必要があります。 また、データベースでは READ_COMMITTED_SNAPSHOT および ALLOW_SNAPSHOT_ISOLATIONON に設定する必要があります。

  • ジオデータベースを作成するユーザーには、特定の権限を付与する必要があります。 ジオデータベースの作成に必要な権限については、データベースに応じて次のページをご参照ください。

  • Oracle でジオデータベース機能を有効化する前に、st_geometry ライブラリを構成する必要があります。 詳細については、「Oracle でのジオデータベースの作成」をご参照ください。

  • PostgreSQL でジオデータベース機能を有効化する前に、st_geometry ライブラリを PostgreSQL サーバーの PostgreSQL lib ディレクトリに配置する必要があります。 詳細については、「Linux での PostgreSQL のジオデータベースの作成」または「Windows での PostgreSQL のジオデータベースの作成」をご参照ください。

  • ジオデータベースの作成後、そのジオデータベースが格納されているデータベースの名前を変更することはできません。 データベース名は、ジオデータベース システム テーブルに格納され、テーブル名とフィーチャクラス名を完全修飾するために使用されます。 データベース ツールを使用してデータベース名を変更すると、ジオデータベースのデータにアクセスできなくなります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力データベース接続

ジオデータベース機能を有効にするデータベースのパスと接続ファイル名。 ジオデータベース管理者の資格があるユーザーとして、接続する必要があります。

Workspace
認証ファイル

ArcGIS Server を認証した際に作成されたキーコード ファイルのパスとファイル名。 このファイルは、\\Program Files\ESRI\License<release#>\sysgen フォルダー (Windows の場合) または /arcgis/server/framework/runtime/.wine/drive_c/Program Files/ESRI/License<release#>/sysgen ディレクトリ (Linux の場合) にあります。 まだ作成していない場合には、ArcGIS Server を認証して作成します。

キーコード ファイルを ArcGIS Server コンピューターからツールがアクセスできる場所にコピーします。

File

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力ワークスペース

有効化されたエンタープライズ ジオデータベース。

Workspace

arcpy.management.EnableEnterpriseGeodatabase(input_database, authorization_file)
名前説明データ タイプ
input_database

ジオデータベース機能を有効にするデータベースのパスと接続ファイル名。 ジオデータベース管理者の資格があるユーザーとして、接続する必要があります。

Workspace
authorization_file

ArcGIS Server を認証した際に作成されたキーコード ファイルのパスとファイル名。 このファイルは、\\Program Files\ESRI\License<release#>\sysgen フォルダー (Windows の場合) または /arcgis/server/framework/runtime/.wine/drive_c/Program Files/ESRI/License<release#>/sysgen ディレクトリ (Linux の場合) にあります。 まだ作成していない場合には、ArcGIS Server を認証して作成します。

キーコード ファイルを ArcGIS Server コンピューターからツールがアクセスできる場所にコピーします。

File

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_workspace

有効化されたエンタープライズ ジオデータベース。

Workspace

コードのサンプル

EnableEnterpriseGeodatabase (エンタープライズ ジオデータベースの有効化) の例 1 (スタンドアロン スクリプト)

このスクリプトは、ユーザーが定義した場所に置かれた既存のデータベース接続ファイル (database1.sde) を使用して、ローカル コンピューター上のユーザーが定義した場所にあるキーコード ファイルでジオデータベース機能を有効化します。

import arcpy
arcpy.EnableEnterpriseGeodatabase_management("C:\myconnections\database1.sde", 
                                             "C:\authfiles\keycodes")

ライセンス情報

  • Basic: No
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック