住所の再照合 (Rematch Addresses) (ジオコーティング)

サマリー

ジオコーディングされたフィーチャクラスの住所を再照合します。

使用法

  • 入力フィーチャクラスは、[住所のジオコーディング (Geocode Addresses)] ツールまたは住所テーブルをジオコーディングする処理によって作成されたフィーチャクラスである必要があります。

  • ArcGIS World Geocoding Service を使用してジオコード フィーチャクラス内の住所を再照合する場合は、ArcGIS Online for organizations 組織のサブスクリプションが必要となり、クレジットを消費します。組織アカウントには、再照合リクエスト全体を実行するのに十分なクレジットが必要です。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャクラス

再照合されるジオコード フィーチャクラス。

Feature Class
WHERE 句

フィーチャのサブセットを選択するために使用する SQL 式。

SQL Expression

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
更新された入力フィーチャクラス

更新されたジオコード フィーチャクラス。

フィーチャクラス

arcpy.geocoding.RematchAddresses(in_geocoded_feature_class, in_where_clause)
名前説明データ タイプ
in_geocoded_feature_class

再照合されるジオコード フィーチャクラス。

Feature Class
in_where_clause

フィーチャのサブセットを選択するために使用する SQL 式。SQL 構文の詳細については、「ArcGIS で使用される条件式の SQL リファレンス」をご参照ください。

SQL Expression

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_geocoded_feature_class

更新されたジオコード フィーチャクラス。

フィーチャクラス

コードのサンプル

RematchAddresses (アドレスの再照合) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで RematchAddress 関数を使用する方法を示しています。

# Rematch unmatched addresses in a geocoded feature class.
# Import system modules
import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/ArcTutor/Geocoding/atlanta.gdb" 
# Set local variables:
where_clause = "Status = 'U' "
geocoded_feature_class = "geocode_result"
arcpy.RematchAddresses_geocoding(geocoded_feature_class, where_clause)

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック