Bitwise Not (Image Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

Image Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

1 つの入力ラスターのバイナリ値に対してビット単位の論理否定 (補数) 演算を行います。

ビット演算ツールの詳細

Bitwise Not の図
OutRas = BitwiseNot(InRas1)

使用法

  • 入力値が浮動小数点数値の場合は、ビット単位の演算を実行する前に値を切り捨てて整数値に変換されます。

  • ビット単位の計算では、以下が当てはまります。

    • バイナリ値は 2 の補数として格納されます。
    • ツールは 32 ビット整数を対象とします。
    • 最左端のビット位置は値の符号 (正または負) のために予約されています。 整数が正の値である場合、そのビット位置の値は 0 で、負の値である場合、そのビット位置の値は 1 です。

  • ビット単位の論理否定演算では、符号ビットを他のビットと同様に処理します。 入力のセル値が負の場合、出力も負になり、入力値が正の場合には出力も正になります。

  • 入力がマルチバンド ラスターの場合、出力もマルチバンド ラスターになります。 ツールは、入力の各バンドに対して操作を行います。

  • ArcPy では、入力が多次元ラスターである場合、すべての変数に含まれるすべてのスライスが処理され、出力は多次元ラスターになります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター、または定数値

Bitwise Not (補数) 演算の対象となる入力ラスター。

他のパラメーターでラスターが指定されている場合、数値をこのパラメーターの入力として使用できます。 両方の入力で数値を指定するには、セル サイズと範囲を最初に環境で設定しておく必要があります。

Raster Layer; Constant

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力ラスター。

セル値は、入力に対する Bitwise Not 演算の結果です。

Raster

BitwiseNot(in_raster_or_constant)
名前説明データ タイプ
in_raster_or_constant

Bitwise Not (補数) 演算の対象となる入力ラスター。

他のパラメーターでラスターが指定されている場合、数値をこのパラメーターの入力として使用できます。 両方の入力で数値を指定するには、セル サイズと範囲を最初に環境で設定しておく必要があります。

Raster Layer; Constant

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

出力ラスター。

セル値は、入力に対する Bitwise Not 演算の結果です。

Raster

コードのサンプル

BitwiseNot の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、入力 Grid ラスターに対する Bitwise Not 演算を行います。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.ia import *
env.workspace = "C:/iapyexamples/data"
outBitwiseNot = BitwiseNot("degs")
outBitwiseNot.save("C:/iapyexamples/output/outbitn")
BitwiseNot の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、入力 Grid ラスターに対する Bitwise Not 演算を行います。

# Name: BitwiseNot_Ex_02.py
# Description: Performs a Bitwise Complement operation on the
#              binary value of an input raster
# Requirements: Image Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.ia import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/iapyexamples/data"

# Set local variables
inRaster = "degs"

# Check out the ArcGIS Image Analyst extension license
arcpy.CheckOutExtension("ImageAnalyst")

# Execute BitwiseNot
outBitwiseNot = BitwiseNot(inRaster)

# Save the output 
outBitwiseNot.save("C:/iapyexamples/output/outbitnot")

関連トピック