精度評価ポイントの作成 (Create Accuracy Assessment Points) (Image Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

Image Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

分類後の精度評価のためにランダムにサンプリングされたポイントを作成します。

一般的な方法は、数百のポイントをランダムに選択してから、現場での作業や高解像度画像から人間による判断など、信頼できるソースを参照して、分類タイプのラベルを付けます。その後、基準ポイントを、同じ場所の分類結果と比較します。

使用法

  • このツールは、一連のランダム ポイントを作成し、基準データに基づいてクラスを割り当てます。

  • このツールは、以前に分類した画像またはフィーチャクラスを使用して、クラスを一連のポイントに割り当てることもできます。

  • このツールの実行後、クラスをポイントの一部または全部に手動で割り当てたい場合は、テーブルを編集できます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスターまたはフィーチャクラス データ

入力分類画像またはその他の主題 GIS の参照データ。 入力は、ラスターでもフィーチャクラスでもかまいません。

典型的なデータは、シングル バンド、整数データ タイプの分類画像です。

ポリゴンを入力として使用している場合、トレーニング サンプルとして使用されていないポリゴンのみを使用します。シェープファイルまたはフィーチャクラス形式の GIS 土地被覆データも使用できます。

Raster Layer; Mosaic Layer; Feature Layer
精度評価ポイントの出力

精度評価に使用されるランダム ポイントを含む出力ポイント シェープファイルまたはフィーチャクラス。

Feature Class
ターゲット フィールド
(オプション)

入力データが分類済み画像とグラウンド トゥルース データのどちらであるかを指定します。

  • 分類 —入力は分類済み画像です。 これがデフォルトです。
  • グランドトゥルース —入力は参照データです。
String
ランダム ポイント数
(オプション)

生成されるランダムなポイントの合計数。

サンプリング処理やクラスの数に応じて、実際の数値はこれを超える場合がありますが、この数値を下回ることはありません。ランダムに生成されたポイントのデフォルト数は 500 です。

Long
サンプリング処理
(オプション)

使用するサンプリング方式を指定します。

  • 階層別ランダム —各クラス内にランダムに分散したポイントを作成します。各クラスのポイント数は、クラスの面積に比例します。これがデフォルトです。
  • 均等階層別ランダム —各クラス内にランダムに分散したポイントを作成します。各クラスのポイント数は同じです。
  • ランダム —画像全体にランダムに分散したポイントを作成します。
String

CreateAccuracyAssessmentPoints(in_class_data, out_points, {target_field}, {num_random_points}, {sampling})
名前説明データ タイプ
in_class_data

入力分類画像またはその他の主題 GIS の参照データ。 入力は、ラスターでもフィーチャクラスでもかまいません。

典型的なデータは、シングル バンド、整数データ タイプの分類画像です。

ポリゴンを入力として使用している場合、トレーニング サンプルとして使用されていないポリゴンのみを使用します。シェープファイルまたはフィーチャクラス形式の GIS 土地被覆データも使用できます。

Raster Layer; Mosaic Layer; Feature Layer
out_points

精度評価に使用されるランダム ポイントを含む出力ポイント シェープファイルまたはフィーチャクラス。

Feature Class
target_field
(オプション)

入力データが分類済み画像とグラウンド トゥルース データのどちらであるかを指定します。

  • CLASSIFIED入力は分類済み画像です。 これがデフォルトです。
  • GROUND_TRUTH入力は参照データです。
String
num_random_points
(オプション)

生成されるランダムなポイントの合計数。

サンプリング処理やクラスの数に応じて、実際の数値はこれを超える場合がありますが、この数値を下回ることはありません。ランダムに生成されたポイントのデフォルト数は 500 です。

Long
sampling
(オプション)

使用するサンプリング方式を指定します。

  • STRATIFIED_RANDOM各クラス内にランダムに分散したポイントを作成します。各クラスのポイント数は、クラスの面積に比例します。これがデフォルトです。
  • EQUALIZED_STRATIFIED_RANDOM各クラス内にランダムに分散したポイントを作成します。各クラスのポイント数は同じです。
  • RANDOM画像全体にランダムに分散したポイントを作成します。
String

コードのサンプル

CreateAccuracyAssessment (精度評価の作成) の例 1 (スタンドアロン スクリプト)

この例は、精度評価のためのランダムなポイントを作成します。

import arcpy
from arcpy.ia import *

# Check out the ArcGIS Image Analyst extension license
arcpy.CheckOutExtension("ImageAnalyst")

CreateAccuracyAssessmentPoints("c:\\test\\cls.tif", "c:\\test\\apnt1.shp", 
                               "COMPUTED", "1500", "RANDOM")

関連トピック