変化解析ラスターから変化を検出 (Detect Change Using Change Analysis Raster) (Image Analyst)

Image Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

[CCDC を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using CCDC)] ツールまたは [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールの出力変化解析ラスターを使用してピクセル変化情報を含むラスターを生成します。

使用法

  • このツールは、[CCDC を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using CCDC)] ツールまたは [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールから生成された変化解析ラスターを使用して、変化のポイント情報を含むラスターを生成します。

    変化解析ラスターには、各ピクセルが時間経過とともにどのように変化したかのモデル情報が含まれています。 このツールはその情報を解析します。

  • [変化タイプ] パラメーターは、生成される情報を示しています。 情報は変化解析ラスターから抽出されます。

    このツールを [CCDC を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using CCDC)] ツールの出力に対して実行する場合、次のオプションから選択できます。

    • [最新の変化が発生した時間] - ピクセルに変化フラグが付与された最新の日時。
    • [最古の変化が発生した時間] - ピクセルに変化フラグが付与された最も古い日時。
    • [最大の変化が発生した時間] - ピクセルにおいて計算された変化が最大だった日時。
    • [変化数] - ピクセルが変化された合計回数。

    詳細については、「CCDC を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using CCDC) ツールの詳細」をご参照ください。

    このツールを [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールの出力に対して実行する場合、次の追加オプションが使用できます。

    • [最長の変化が発生した時間] - 変化の最長期間の開始時または終了時の変化フラグがピクセルに付与された日付。
    • [最短の変化が発生した時間] - 変化の最短期間の開始時または終了時の変化フラグがピクセルに付与された日付。
    • [最速の変化が発生した日時] - 変化の最も速い期間の開始時または終了時の変化フラグがピクセルに付与された日付。
    • [最も遅い変化が発生した時間] - 変化の最も遅い期間の開始時または終了時の変化フラグがピクセルに付与された日付。
    • [開始値でフィルター] - 結果を開始値でフィルター処理して、指定した開始値の変化のみが出力に含まれるようにします。
    • [終了値でフィルター] - 結果を終了値でフィルター処理して、指定した終了値の変化のみが出力に含まれるようにします。

  • [開始値でフィルター] および [終了値でフィルター] パラメーターは、モデル係数を含む変化解析ラスターからの地表反射率の適合値を使用します。 適合値は、時系列プロファイル チャートにプロットされる場合、適合値ライン セグメントの途切れによって変化がいつ発生したかを示します。

    詳細については、「LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr) ツールの詳細」をご参照ください。

  • 出力はマルチバンド ラスターで、その各バンドには、選択した変化タイプと指定した最大変化数に応じた変化情報が含まれています。 たとえば、[変化タイプ] パラメーターが [変化が発生した最も古い時間] に設定され、[最大変化数] パラメーターが「2」に設定されている場合、ツールは全ピクセルの時系列全体で変化が発生した最も古い 2 つの日付を計算します。 その結果、最初のバンドには各ピクセルで変化が発生した最も古い日付が含まれ、2 番目のバンドには各ピクセルで変化が発生した 2 番目に古い日付が含まれたラスターが生成されます。

  • このツールを [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールの出力に対して実行する場合、[セグメントの日付] パラメーターを使用して、変化の開始時または変化の終了時の日付を抽出できます。 たとえば、時系列で最新の変化がどのように開始されたかを理解するには、[変化タイプ] パラメーターを [最新の変化が発生した時間] に設定し、[セグメントの日付] パラメーターを [セグメントの開始] に設定します。

  • 次のフィルタリング パラメーターを使用して、変化解析ラスターから、さらに詳しい変化の日付を抽出します。

    • [年によるフィルター] - 特定の期間内に発生した変化を特定します。たとえば、5 年間の干ばつの期間に調査エリア内で発生した変化です。
    • [期間によるフィルター] - 指定された範囲の年数の間に発生した変化を特定します。たとえば、1 年間または 2 年間で発生した急激な変化です。 期間は、end year - start year +1 という数式で計算できます。 時系列のギャップはこの期間に含まれます。
    • [強度によるフィルター] - 指定された強度の変化を特定します。たとえば、植生指数 (NDVI) における大規模な変化です。 マグニチュードは絶対値なので、最小値と最大値には負の値を指定できません。 変化の方向を指定するには、[変化の方向] パラメーターを使用します。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力変化解析ラスター

[CCDC を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using CCDC)] ツールまたは [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールから生成された変化解析ラスター。

Raster Dataset; Raster Layer; Image Service
変化タイプ
(オプション)

各ピクセルで計算する変化情報を指定します。

  • 最新の変化が発生した時間 —各ピクセルには、時系列で変化が発生した最新の日付が含まれます。 これがデフォルトです。
  • 最古の変化が発生した時間 —各ピクセルには、時系列で変化が発生した最も古い日付が含まれます。
  • 最大の変化が発生した時間 —各ピクセルには、時系列で最大の変化が発生した日付が含まれます。
  • 変化数 —各ピクセルには、時系列で変化が発生した合計回数が含まれます。
  • 最長の変化が発生した時間 —各ピクセルには、その時系列の最長のトランジション セグメントの変化の開始時または終了時の日付が含まれます。
  • 最短の変化が発生した時間 —各ピクセルには、その時系列の最短のトランジション セグメントの変化の開始時または終了時の日付が含まれます。
  • 最速の変化が発生した時間 —各ピクセルには、最も急速に発生したトランジションの変化の開始時または終了時の日付が含まれます。
  • 最も遅い変化が発生した時間 —各ピクセルには、最も遅く発生したトランジションの変化の開始時または終了時の日付が含まれます。
String
最大変化数
(オプション)

ピクセルごとに計算される最大変化数。 この数は、出力ラスターのバンド数に対応します。 デフォルトは 1 です。この場合、計算される変化日付は 1 つのみで、出力ラスターには 1 つのバンドのみが含まれます。

このパラメーターは、[変化タイプ] パラメーターが [変化数] に設定されている場合はアクティブではありません。

Long
セグメントの日付
(オプション)

変化セグメントの開始時の日付を抽出するか、終了時の日付を抽出するかを指定します。

  • セグメントの開始 —変化セグメントの開始時の日付を抽出します。 これがデフォルトです。
  • セグメントの終了 —変化セグメントの終了時の日付を抽出します。
String
変化の方向
(オプション)

解析に含める変化の方向を指定します。

  • すべての方向 —すべての方向の変化が出力に含まれます。 これがデフォルトです。
  • 増加 —正または増加の方向の変化のみが、出力に含まれます。
  • 減少 —負または減少の方向の変化のみが、出力に含まれます。
String
年によるフィルター
(オプション)

出力を年単位でフィルター処理するかどうかを指定します。

  • オン - 結果がフィルター処理されて、指定された年の範囲で発生した変化だけが出力に含まれます。
  • オフ - 結果が年でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。

Boolean
最小
(オプション)

結果のフィルター処理に使用する最も古い年。 このパラメーターは、[年によるフィルター] パラメーターをオンにした場合に必須です。

Long
最大
(オプション)

結果のフィルター処理に使用する最も新しい年。

このパラメーターは、[年によるフィルター] パラメーターをオンにした場合に必須です。

Long
期間によるフィルター
(オプション)

結果を変化期間でフィルター処理するかどうかを指定します。

このパラメーターは、入力変化解析ラスターが [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールからの出力であるときにのみアクティブです。

  • オン - 結果が期間でフィルター処理されて、指定された期間続いた変化だけが出力に含まれます。
  • オフ - 結果が期間でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。

Boolean
最短期間 (年)
(オプション)

結果に含める連続した年の最小数。

このパラメーターは、[期間によるフィルター] パラメーターをオンにした場合に必須です。

Double
最長期間 (年)
(オプション)

結果に含める連続した年の最大数。

このパラメーターは、[期間によるフィルター] パラメーターをオンにした場合に必須です。

Double
強度によるフィルター
(オプション)

結果を変化強度でフィルター処理するかどうかを指定します。

  • オン - 結果が強度でフィルター処理されて、指定された強度の変化だけが出力に含まれます。
  • オフ - 結果が強度でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。

結果を変化強度でフィルター処理するかどうかを指定します。

  • FILTER_BY_MAGNITUDE結果が強度でフィルター処理されて、指定された強度の変化だけが出力に含まれます。
  • NO_FILTER_BY_MAGNITUDE結果が強度でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。
Boolean
最小強度
(オプション)

結果に含める最小強度。

このパラメーターは、[強度によるフィルター] パラメーターをオンにした場合に必須です。

Double
最大強度
(オプション)

結果に含める最大強度。

このパラメーターは、[期間によるフィルター] パラメーターをオンにした場合に必須です。

Double
開始値でフィルター
(オプション)

結果を開始値でフィルター処理するかどうかを指定します。

このパラメーターは、入力変化解析ラスターが [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールからの出力であるときにのみアクティブです。

  • オン - 結果が開始値でフィルター処理されて、指定された開始値の変化だけが出力に含まれます。
  • オフ - 結果が開始値でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。

Boolean
最小の開始値
(オプション)

結果に含める最小の開始値。

このパラメーターは、[開始値でフィルター] パラメーターをオンにした場合に必須です。

Double
最大の開始値
(オプション)

結果に含める最大の開始値。

このパラメーターは、[開始値でフィルター] パラメーターをオンにした場合に必須です。

Double
終了値でフィルター
(オプション)

結果を終了値でフィルター処理するかどうかを指定します。

このパラメーターは、入力変化解析ラスターが [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールからの出力であるときにのみアクティブです。

  • オン - 結果が終了値でフィルター処理されて、指定された終了値の変化だけが出力に含まれます。
  • オフ - 結果が終了値でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。

Boolean
最小の終了値
(オプション)

結果に含める最小の終了値。

このパラメーターは、[終了値でフィルター] パラメーターをオンにした場合に必須です。

Double
最大の終了値
(オプション)

結果に含める最大の終了値。

このパラメーターは、[終了値でフィルター] パラメーターをオンにした場合に必須です。

Double

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

検出された変化情報を含む出力ラスター。

Raster

DetectChangeUsingChangeAnalysisRaster(in_change_analysis_raster, {change_type}, {max_number_changes}, {segment_date}, {change_direction}, {filter_by_year}, {min_year}, {max_year}, {filter_by_duration}, {min_duration}, {max_duration}, {filter_by_magnitude}, {min_magnitude}, {max_magnitude}, {filter_by_start_value}, {min_start_value}, {max_start_value}, {filter_by_end_value}, {min_end_value}, {max_end_value})
名前説明データ タイプ
in_change_analysis_raster

[CCDC を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using CCDC)] ツールまたは [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールから生成された変化解析ラスター。

Raster Dataset; Raster Layer; Image Service
change_type
(オプション)

各ピクセルで計算する変化情報を指定します。

  • TIME_OF_LATEST_CHANGE各ピクセルには、時系列で変化が発生した最新の日付が含まれます。 これがデフォルトです。
  • TIME_OF_EARLIEST_CHANGE各ピクセルには、時系列で変化が発生した最も古い日付が含まれます。
  • TIME_OF_LARGEST_CHANGE各ピクセルには、時系列で最大の変化が発生した日付が含まれます。
  • NUM_OF_CHANGES各ピクセルには、時系列で変化が発生した合計回数が含まれます。
  • TIME_OF_LONGEST_CHANGE各ピクセルには、その時系列の最長のトランジション セグメントの変化の開始時または終了時の日付が含まれます。
  • TIME_OF_SHORTEST_CHANGE各ピクセルには、その時系列の最短のトランジション セグメントの変化の開始時または終了時の日付が含まれます。
  • TIME_OF_FASTEST_CHANGE各ピクセルには、最も急速に発生したトランジションの変化の開始時または終了時の日付が含まれます。
  • TIME_OF_SLOWEST_CHANGE各ピクセルには、最も遅く発生したトランジションの変化の開始時または終了時の日付が含まれます。
String
max_number_changes
(オプション)

ピクセルごとに計算される最大変化数。 この数は、出力ラスターのバンド数に対応します。 デフォルトは 1 です。この場合、計算される変化日付は 1 つのみで、出力ラスターには 1 つのバンドのみが含まれます。

このパラメーターは、change_type パラメーターが NUM_OF_CHANGES に設定されている場合は有効ではありません。

Long
segment_date
(オプション)

変化セグメントの開始時の日付を抽出するか、終了時の日付を抽出するかを指定します。

このパラメーターは、入力変化解析ラスターが [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールからの出力であるときにのみ使用できます。

  • BEGINNING_OF_SEGMENT変化セグメントの開始時の日付を抽出します。 これがデフォルトです。
  • END_OF_SEGMENT変化セグメントの終了時の日付を抽出します。
String
change_direction
(オプション)

解析に含める変化の方向を指定します。

このパラメーターは、入力変化解析ラスターが [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールからの出力であるときにのみ使用できます。

  • ALLすべての方向の変化が出力に含まれます。 これがデフォルトです。
  • INCREASE正または増加の方向の変化のみが、出力に含まれます。
  • DECREASE負または減少の方向の変化のみが、出力に含まれます。
String
filter_by_year
(オプション)

出力を年単位でフィルター処理するかどうかを指定します。

  • FILTER_BY_YEAR結果がフィルター処理されて、指定された年の範囲で発生した変化だけが出力に含まれます。
  • NO_FILTER_BY_YEAR結果が年でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。
Boolean
min_year
(オプション)

結果のフィルター処理に使用する最も古い年。 このパラメーターは、filter_by_year パラメーターが FILTER_BY_YEAR に設定されている場合に必須です。

Long
max_year
(オプション)

結果のフィルター処理に使用する最も新しい年。

このパラメーターは、filter_by_year パラメーターが FILTER_BY_YEAR に設定されている場合に必須です。

Long
filter_by_duration
(オプション)

結果を変化期間でフィルター処理するかどうかを指定します。

このパラメーターは、入力変化解析ラスターが [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールからの出力であるときにのみ有効です。

  • FILTER_BY_DURATION結果が期間でフィルター処理されて、指定された期間続いた変化だけが出力に含まれます。
  • NO_FILTER_BY_DURATION結果が期間でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。
Boolean
min_duration
(オプション)

結果に含める連続した年の最小数。

このパラメーターは、filter_by_duration パラメーターが FILTER_BY_DURATION に設定されている場合に必須です。

Double
max_duration
(オプション)

結果に含める連続した年の最大数。

このパラメーターは、filter_by_duration パラメーターが FILTER_BY_DURATION に設定されている場合に必須です。

Double
filter_by_magnitude
(オプション)

結果を変化強度でフィルター処理するかどうかを指定します。

  • オン - 結果が強度でフィルター処理されて、指定された強度の変化だけが出力に含まれます。
  • オフ - 結果が強度でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。

結果を変化強度でフィルター処理するかどうかを指定します。

  • FILTER_BY_MAGNITUDE結果が強度でフィルター処理されて、指定された強度の変化だけが出力に含まれます。
  • NO_FILTER_BY_MAGNITUDE結果が強度でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。
Boolean
min_magnitude
(オプション)

結果に含める最小強度。

このパラメーターは、filter_by_magnitude パラメーターが FILTER_BY_MAGNITUDE に設定されている場合に必須です。

Double
max_magnitude
(オプション)

結果に含める最大強度。

このパラメーターは、filter_by_magnitude パラメーターが FILTER_BY_MAGNITUDE に設定されている場合に必須です。

Double
filter_by_start_value
(オプション)

結果を開始値でフィルター処理するかどうかを指定します。

このパラメーターは、入力変化解析ラスターが [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールからの出力であるときにのみ有効です。

  • FILTER_BY_START_VALUE結果が開始値でフィルター処理されて、指定された開始値の変化だけが出力に含まれます。
  • NO_FILTER_BY_START_VALUE結果が開始値でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。
Boolean
min_start_value
(オプション)

結果に含める最小の開始値。

このパラメーターは、filter_by_start_value パラメーターが FILTER_BY_START_VALUE に設定されている場合に必須です。

Double
max_start_value
(オプション)

結果に含める最大の開始値。

このパラメーターは、filter_by_start_value パラメーターが FILTER_BY_START_VALUE に設定されている場合に必須です。

Double
filter_by_end_value
(オプション)

結果を終了値でフィルター処理するかどうかを指定します。

このパラメーターは、入力変化解析ラスターが [LandTrendr を使用した変化の解析 (Analyze Changes Using LandTrendr)] ツールからの出力であるときにのみ有効です。

  • FILTER_BY_END_VALUE結果が終了値でフィルター処理されて、指定された終了値の変化だけが出力に含まれます。
  • NO_FILTER_BY_END_VALUE結果が終了値でフィルター処理されません。 これがデフォルトです。
Boolean
min_end_value
(オプション)

結果に含める最小の終了値。

このパラメーターは、filter_by_end_value パラメーターが FILTER_BY_END_VALUE に設定されている場合に必須です。

Double
max_end_value
(オプション)

結果に含める最大の終了値。

このパラメーターは、filter_by_end_value パラメーターが FILTER_BY_END_VALUE に設定されている場合に必須です。

Double

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

検出された変化情報を含む出力ラスター。

Raster

コードのサンプル

DetectChangeUsingChangeAnalysisRaster (変化解析ラスターを使用した変化の検出) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、強度が 0.25 から 2 までだった変更の NDVI 復旧最長期間の終了日 (増加値) を返します。

# Import system modules
import arcpy
from arcpy.ia import *

# Check out the ArcGIS Image Analyst extension license
arcpy.CheckOutExtension("ImageAnalyst")

# Execute
dateOfLongestChange = arcpy.ia.DetectChangeUsingChangeAnalysis(
	"LandTrendr_NDVI_Change_Analysis.crf", "TIME_OF_LONGEST_CHANGE", 1, "INCREASE", 
	"NO_FILTER_BY_YEAR",None,None,"NO_FILTER_BY_DURATION",None,None,"FILTER_BY_MAGNITUDE",
	0.25,2)

# Save output
dateOfLongestChange.save(r"C:\data\NDVI_LongestChange.crf")
DetectChangeUsingChangeAnalysisRaster (変化解析ラスターを使用した変化の検出) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、Landsat 時系列でピクセルが変更された合計回数を返します。

# Import system modules
import arcpy
from arcpy.ia import *

# Check out the ArcGIS Image Analyst extension license
arcpy.CheckOutExtension("ImageAnalyst")

# Define input parameters
in_change_analysis = r"C:\data\Landsat_ChangeAnalysis.crf"
change_type = "NUM_OF_CHANGES"

# Execute
number_of_changes = arcpy.ia.DetectChangeUsingChangeAnalysis(
	in_change_analysis, change_type)

# Save output
number_of_changes.save("C:/data/NumberOfChanges_Landsat.crf")

関連トピック